田中芳樹のタイタニア5をKobo Aura H2o用に電子化(電子化機器と使用ソフトウェアのまとめ)

田中芳樹のタイタニア5巻が届いたので早速電子化、自炊してみる。

タイタニア5 <凄風篇> (講談社ノベルス)

スポンサーリンク
AdSence

1.表紙をフラットベッドスキャナーでスキャン

●使用ソフトウェア:Photoshop ●使用機器:エプソンスキャナー

私は600dpiでスキャンしている。けっこう大きいサイズ。

0151

2.本を解体する

●使用機器:オルファのカッター

私の場合、カッティングできる枚数が限られているので、4分割する。

IMG_5325

3.背を落とす

●使用機器:カール事務器 ディスクカッター
(値段も手頃で刃が出てないので危険性も少ない)

背の部分を3〜5ミリカットし、ページをばらす。

IMG_5328

4.ドキュメントスキャナーでPDF化

●使用機器:Canon imageFORMULA DR-C125

30枚ほどに分けてスキャンする。

IMG_5332

5.できたPDFをチェック

●使用ソフトウェア:Adobe Acrobat 11 Pro
(曲がったスキャンもphotoshopとの連携で修正出来る)

ページ数や不正スキャンがないか、一応チェックする。

02

6.ページの上下左右を2ミリほどトリミングしてjpg形式で出力

●使用ソフトウェア:Adobe Acrobat 11 Pro

トリミングにはちょっとノウハウがあるので、別記事で解説します。

jpg出力が終わったら1でスキャンした表紙をトリミングし同じフォルダーに入れる。
表紙の名称は「p0000.jpg」等にすれば先頭になる。

03

7.できたjpgのフォルダをChainLPでcbz形式に変換

●使用ソフトウェア:ChainLP

ChainLPはフリーソフトで書籍の自炊には欠かせないソフトウェアだ。

しかもフリー。
もう開発者に足を向けて寝られません。
このソフトウェアについても別記事で解説予定です。

04

ChainLPはNo.722さんが無料で配布している、小説やコミックの編集(自炊)ソフトウェアだ。 詳しいことは作者のブロ...

8.出来たcbzファイルをKobo Aura H2Oに送って後は読むだけ

●E Ink読書専用機器:Kobo Aura H2O

私はSony Readerが好きなのだが、この本のリーダー端末はKobo Aura H2Oである。

Kobo Aura H2Oは6.8インチの画面を持つ高解像度の機械だからだ。これも別記事に解説予定であるが、新書を読む専用機器はKobo Aura H2Oの1択だと思っている。

IMG_5365

私の電子化(自炊)利用機器のまとめ

利用機器 用途
EPSONスキャナ(私はGT-X770、古いけど) 表紙のスキャン
カール事務機 ディスクカッター ページを切り離す(安全性が高いのでおすすめ)
Canon imageFORMULA DR-C125 2ページずつスキャンするドキュメントスキャナー(薄い紙に弱いが、設定で問題無くなる ※解説は別記事に譲りたい)
Kobo Aura H2O 読書専用端末


私の電子化(自炊)ソフトウェアのまとめ

利用機器 用途
Photoshop 表紙のスキャンと切り抜き、jpg出力
Adobe Acrobat 11 Pro PDF編集
ChainLP(Windowsソフトウェア) 電子書籍編集(設定等は別記事に譲りたい)

自炊ならAmazon