松本零士さんの美女イラストが詰まった「松本零士の美女幻影」。「セクサロイド」「ミステリー・イヴ」のファンは必携です。

このところ、松本零士さんのファンだということを再認識しています。
最近、C.L.ムーアの「ノースウェスト・スミス」シリーズを買ったからだと思います。

初めて松本零士さんを知ったのは高校生の頃です。
友人が松本さんの書籍をいっぱい持っていて、あまりにも熱く松本零士さんを語るものだから、感化されてしまいました。

その友人が収集していた本の中にノースウェスト・スミスも含まれていました。
そのことを懐かしく思い出すうちに松本零士熱が再燃してしまいました。

スポンサーリンク
AdSence

私が松本零士を知ったのは、友人のコレクション

松本零士さんが好きな友人が集めていたものを思い出すと以下のようなものです。

  • C.L.ムーア:ノースウェスト・スミスシリーズ
  • 神林長平:戦闘妖精雪風
  • 零士のメカゾーン

C.L.ムーアについては「処女戦士ジレル」もあわせて手に入れられました。

異次元の女王―ノースウェスト・スミス (ハヤカワ文庫 SF 62 ノースウェスト・スミス)
異次元の女王―ノースウェスト・スミス image by Amazon

神林長平さんの戦闘妖精雪風は新版ばかりで松本零士さんのイラストのものは見つけられませんでした。

零士のメカゾーン〈2〉 (1979年)
零士のメカゾーン〈2〉 image by Amazon

「零士のメカゾーン」は新聞に連載されていたものだと思います。
これは、いままで買ったことないですが、復刻されたら必ず買いたいアイテムです。
復刻されないでしょうか?

松本零士の美女幻影

松本零士の美女幻影 (Gakken Mook)
松本零士の美女幻影 image by Amazon

「ノースウェスト・スミス」や「処女戦士ジレル」のイラストを見ていて買ってしまったのが「松本零士の美女幻影」です。

この本は松本零士さんの描く「美女カバー」がふんだんに掲載されています。
それだけでなく「セクサロイド」「ミステリー・イブ」「ミユから来た女」のカラーページや松本零士さんのインタビュー等、ファンなら知っておきたい企画が満載です。

セクサロイドとミステリー・イヴについてのコンテンツが最も充実しています。

セクサロイド 1 (朝日コミック文庫 ま 30-5)
セクサロイド 1 image by Amazon

ミステリーイヴ 1 (朝日コミック文庫 ま 30-1)
ミステリーイヴ 1 image by Amazon

私がうれしかったのはノースウェスト・スミスのカバーだけでなくマイクル・ムアコック「野獣の都」のヒロイン「シザーラ」が載っていたことです。

「野獣の都」は私がはじめて読んだムアコックの本なので思い入れが深いです。

新版のムアコック作品のカバーがいまいちなので、電子版でもいいですから昔のカバーを復活させて欲しいですね。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

松本零士の美女幻影 (Gakken Mook)

by Amazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン