クリス・エバートから錦織圭選手へ、テニス熱遍歴。さらに感動!何でも自在に操れる錦織選手のCM。

k.nishikori
image photo by Marianne Bevis 

錦織圭選手のカップヌードルCMをテレビで見ました。
これがCGだけではないというのが驚きですね。

カップヌードルのCMでは、宮本武蔵に扮したものもありましたが、木刀でテニスボールを打ち返すのがすごい感覚です。

何を持っても自在に操れる証明でしょうか?

スポンサーリンク
AdSence

テニス選手の思い出

最近の錦織選手の活躍を見ていると、私がテニスに夢中になっていた頃のことを少し思い出しました。

女子ではクリス・エバートが全盛の時期でした。
後に登場したマルチナ・ナブラチロワとの戦いが熱を増した時期です。

エバートは優雅な感じでしたが、ナブラチロワは男性のようなパワーテニスでした。
最初は互角の戦いが繰り広げられましたが、段々ナブラチロワのパワーが勝るようになって、女子テニスをあまり見なくなりました。

男子ではビヨン(ビョルン)・ボルグジミー・コナーズが打ち合っていました。
男子の選手はトップの交代がはやく、ジョン・マッケンローが直ぐに活躍するようになりました。

後にボリス・ベッカーが登場した際には、そのサーブの強烈さに驚きを禁じ得ませんでした。

…その後はあまりテニスを見なくなっていったと思います。

テニス熱が再燃したのはクルム伊達公子選手が復活したときでしょうか。
しかし、そのテニス熱も長続きしませんでした。

私は伊達公子選手の若いとき、あまりテニスを見ていませんでしたので、残念です。

…そして登場したのが錦織圭選手というわけですね。

錦織選手は、わりと早い時期から知っていました。
エアケイで騒がれていましたが、「あんなことをやっていたら故障してしまうだろうな」というのが正直な印象でした。

案の定、故障してしまって、そのまま消えてしまうのかと思っていたら、2014年全米オープンの準優勝です。

私の中で、錦織選手に対する考えが、ガラっと変わりました。
錦織選手はすごいです。

辛口の私が感嘆するぐらいなのですから、CM業界も錦織選手を放ってはおかなかったということですね。

錦織選手のCM

錦織選手はユニクロや日清食品と契約しているのは知っていましたが、その他にもジャガーやジャックス、アサヒのCMもありました。

今や引っ張りだこです。

中でも日清食品のCMは抜きんでています。
CMの印象もいいですが、後から話題になるツボを心得ています。
SNS時代のCMとは日清食品が作るようなものを言うのですね。

カップヌードルCM 「錦織 VS ドローンインベーダー 篇」


YouTube 日清食品グループ公式チャンネル

このCM、テレビでメイキングを流していましたが、錦織選手は実際にテニスボールをインベーダーの的に当てていました。

とてつもないコントロールの持ち主です。

コントロールと言えば以下の様なCMもさすがです。

錦織圭選手出演 ジャックスTV-CM「未来を変える朝」篇 


YouTube ジャックス公式チャンネル

これはストレートに信じられますけど…

ジャガーXEの撮影時に見せた、錦織圭のトリックショット


YouTube jaguarchanneljp

これって本当ですかね? 目を疑ってしまいます。

日清 HUNGRY TO WIN 勝手に応援団篇

最後はやっぱり日清食品でフィニッシュです。
錦織選手は島根県出身ということで「秘密結社鷹の爪」の吉田くん登場です。


YouTube 日清食品グループ公式チャンネル

吉田くんだけでなく日本中が応援していますよ。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン