タグ・ホイヤーがマクラーレンからレッドブルのパートナーになることが決まって、疑問を感じたマクラーレン・TAGポルシェのこと。

tag
image photo by Rocco Lucia 

2016年、マクラーレンからレッドブルのパートナーになる「タグ・ホイヤー」。
レッドブルの新車は「レッドブル・レーシング・タグ・ホイヤーRB12」と呼ばれることが決まりました。

タグ・ホイヤーは30年もの間、マクラーレンとのパートナーシップを継続していました。
私は1983年から続いていると思っていたのですが、タグ・ホイヤーのサイトで歴史を調べてみるとマクラーレンとタグ・ホイヤーのパートナー・シップは1985年からとなっています。

手元の資料によるとマクラーレンのポルシェエンジンにTAGバッジが付いていたのは1983年から1987年までです。

McLaren MP4/2
McLaren MP4/2 photo by Bill Abbott 

以下の記事でも、5年間タグブランドのバッジが付いていたことになっています。

タグ・ホイヤーはマクラーレンと30年に渡ってパートナーシップを結んできた。今とは異なるオーナーシップだった1980年代には5年間、マクラーレンのポルシェ製エンジンにタグブランドのバッジが使用されている。

出典 タグ・ホイヤー離脱は「何ら問題なし」とデニス(ESPN F1)

この2年の違いは、どういうことなのでしょうか?

スポンサーリンク
AdSence

1985年がタグ・ホイヤーとマクラーレンの出会い

タグ・ホイヤーの歴史については、まずタグ・ホイヤーの公式サイトを調べてみました。

そこからYoutubeに行ってみましたが、「さすがタグ・ホイヤー」と言えるムービーがアップされていました。

YouTubeTAG Heuer

これを見るとタグ・ホイヤーの時計が欲しくなりますね。
F1もいいけど、やっぱりカレラがいいです。

…横道に逸れました。
本題はタグ・ホイヤーの歴史のことです。

タグ・ホイヤーの公式サイトには「タグ・ホイヤーの歴史」ページがあります。

参照 タグ・ホイヤーの歴史(TAGHeuer)

このページにも、カッコいいムービーが掲載されています。

YouTubeTAG Heuer

タグ・ホイヤーの歴史において、エポックな年をムービーで紹介しています。

ムービーがあるのは以下の年。11ムービーです。

  • 1860
  • 1887
  • 1911
  • 1916
  • 1962
  • 1963
  • 1969
  • 1971
  • 1985
  • 2004
  • 2015

タグ・ホイヤーの歴史のページにはムービーの下に上記の年表が掲載され、

「1985年 タグ・ホイヤーとマクラーレン・メルセデスのパートナーシップ」

と記載されています。

「マクラーレン・メルセデス」と書いてありますが、この年マクラーレンはメルセデスとは何の関係もありません。正しくは「マクラーレン」ですね。

(マクラーレンの1985年マシン「マクラーレンMP4/2」はTAGポルシェエンジンを積んでいました。)

以下に1985年のムービーも掲載しておきます。

YouTubeTAG Heuer

1983年から登場した
マクラーレンMP4/1E・TAGポルシェ

mp4:2
McLaren MP4/2 photo by Nic Redhead 

マクラーレンがTAGバッジをつけたポルシェエンジンを使っていたのは1983年後半から1987年までです。

1983年の開幕からはフォードエンジンを積んだ「マクラーレンMP4/1C」でF1に参戦していました。第12戦オランダGPからTAGポルシェエンジンを積んだ「マクラーレンMP4/1Eを」投入しています。

それから1987年の「マクラーレンMP4/3」まで、TAGポルシェエンジンが搭載されていました。

タグ・ホイヤーとのパートナーシップ開始は1985年ですから、1983年、1984年のTAGはタグ・ホイヤーではなかったということになりますね。

そこで調べたのがやっぱり頼りになるWikipediaです。

「TAGポルシェ」でサーチすると「マクラーレン・MP4/2」のページがヒットしました。

エンジンは一貫して、共同オーナーのマンスール・オジェ率いるテクニーク・ダバンギャルド (TAG) の資金を得てポルシェに開発を委託したターボエンジンを搭載した。このエンジンのバッジネームは「TAG」であるが、しばしば「TAGポルシェ」と通称される。

出典マクラーレン・MP4/2」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2015年12月7日22時(日本時間)現在での最新版を取得。

TAGとは「テクニーク・ダバンギャルド」のことだったのです。

しかし、冒頭で引用したESPN F1のページ記事とは矛盾が生じることになります。

タグ・ホイヤーがテクニーク・ダバンギャルドの子会社になった年が1985年

さらにリンクを辿るとやっと疑問に対する回答に行き当たりました。

タグ・ホイヤー(TAG Heuer)は1985年にTAGがレース計時で知られていたホイヤー社を買収して子会社としたものである。製品ラインアップを近代化し、スイス製腕時計の大手になった。タグ・ホイヤーは1990年代にグループから外され、1999年にLVMHに7億4000万米ドルで売却された。

出典テクニーク・ダバンギャルド」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2015年12月7日22時(日本時間)現在での最新版を取得。

タグ・ホイヤーは1985年、TAG(テクニーク・ダバンギャルド)グループの子会社になる前までは「ホイヤー(Heuer)」が社名でした。

1985年からTAGグループの子会社となり、「TAG」がついて「タグ・ホイヤー(TAG Heuer) 」となったのでした。
そして、その時からマクラーレンとのパートナーシップは始まったのです。

私の疑問は「TAG」をそのまま「タグ・ホイヤー」に結びつけてしまったことから生まれました。

マンスール・オジェとマクラーレンは1982年の12月に新組織 TAG Turbo Engines を設立し、この組織とポルシェの間で契約を結んだ。 ポルシェによって開発された1500ccターボエンジンにはTAGのバッジネームが付けられた。このエンジンはTTE PO1と名付けられ、1983年オランダグランプリで実戦にデビューした。このエンジンはマクラーレンのみが1987年シーズンまで使用し、1984年から1986年まで3年連続のドライバーズチャンピオンと、1984年、1985年の2年連続のコンストラクターズチャンピオンの獲得を支えた。このエンジンは、しばしば「TAGポルシェ」と通称される。

出典テクニーク・ダバンギャルド」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2015年12月7日22時(日本時間)現在での最新版を取得。

TAGグループはすでにマクラーレンと共同で「TAG Turbo Engines」を設立し、ポルシェが委託開発したのが「TAGポルシェ」エンジンでした。

1983年から1985年までの間「ホイヤー」とは無関係だったことが分かります。

TAGとホイヤーを同様に扱った記事がありますが、正確性に欠けると言えるかもしれませんね。

まとめ

このページで見てきた経緯によってマクラーレンとタグ・ホイヤーは結ばれたわけですが、その長い歴史にも終止符が打たれました。

これからのタグ・ホイヤーはレッドブルと共にあります。

ロン・デニスはタグ・ホイヤーの離脱は問題ないと語りますが、マクラーレンの歴史の中で、1983年から1987年までの数々の栄光を支えたポルシェエンジンに「TAG」のバッジが付いていたことを思うと、複雑な気持ちになります。

参照 タグ・ホイヤー離脱は「何ら問題なし」とデニス(ESPN F1)

しかし、マクラーレンの黄金期を築いたホンダが共にあれば、新しい時代を切り拓いていけることは確実だと信じています。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. 加茂 義哉 より:

    TAGとタグ・ホイヤーの関係が全く理解出来ていないようです。
    ちなみに1999年からタグ・ホイヤーはTAGグループではありません。

    TAGは投資会社。
    1860年 ホイヤーさんが自分の時計会社を始める
    1983年 ポルシェに資金提供してエンジンを開発させる。
    1985年 ホイヤーに資金提供し、ホイヤーはTAGホイヤーとなる。
        同時にマクラーレンのスポンサーとなる。
    1999年 タグ・ホイヤーの名称のまま、LVMH傘下となる。

    • Lin より:

      加茂 義哉 さん、書き込みありがとうございます。
      ご指摘の年表の通りで、まちがいありません。
      一応、この流れは理解した上でページを書いたつもりですが、誤解をまねく記述があったかもしれません。