1988年マクラーレンに移籍した年、アイルトン・セナはシーズン8勝を上げ念願のワールド・チャンピオンに輝く。マシンはマクラーレン・ホンダMP4/4、エンジンはホンダRA168E。セナ・プロ時代の開幕である。

2045046588_888819b0de_o
imagephoto by Paul Lannuier

1988年アイルトン・セナはロータスからマクラーレンへ移籍します。
同年のマクラーレンはエンジンをTAGポルシェからホンダエンジンにスイッチ。栄光のチームが誕生した年となりました。

アイルトン・セナの僚友はアラン・プロスト。
1988年はマクラーレン・ホンダの快進撃の年であり、セナ・プロ時代の幕開けでした。

スポンサーリンク
AdSence

マクラーレン・ホンダMP4/4

1988年はマクラーレンがホンダと組んで16戦中15勝を記録した特別な年です。
この年アイルトン・セナは8勝、アラン・プロストは7勝を上げています。

デザインも前年までのジョン・バーナードではなく、スティーブ・ニコルズがチーフとなり、ブラバムから加入したゴードン・マーレイの意見を取り入れてフロントノーズの低いマシンに生まれ変わっています。

このことは空力性能を上げ、燃費にきついターボエンジンの低燃費化を助けています。

しかし、圧倒的な勝率を上げたその要因は、ホンダエンジンRA168Eによるところが大きいと言われています。

HONDA RA168E(1.5リッターV6ターボエンジン)

1988年はF1のターボエンジン最後の年で、翌年からNAエンジンに切り替わることが決まっていた年でした。

さらに燃料は150リットルまでとなり、ターボエンジンの弱体化を図ったレギュレーションに真っ向から立ち向かったエンジンがRA168Eです。
ホンダの低燃費化の技術はパワーをを落とさず、燃費を下げることに成功したのでした。

参照:「無敵の存在」Honda

13072235903_51f8d056ad_k
imagephoto by Iwao

アイルトン・セナ、チャンピオンへの軌跡

1988年シーズンはベスト11戦を有効ポイントとして、ドライバーズ選手権が争われました。(ベスト11戦ルールは1981年〜1990年まで採用されています。コンストラクターズ選手権は全戦。)
1位から6位までの獲得ポイントは以下のとおり。

  • 1位(9ポイント)
  • 2位(6ポイント)
  • 3位(4ポイント)
  • 4位(3ポイント)
  • 5位(2ポイント)
  • 6位(1ポイント)

第1戦:ブラジルGP(リオデジャネイロ)

アイルトン・セナ:失格(ポール・ポジション)
アラン・プロスト:優勝(予選:3位)
ポイント:セナ(0)、プロスト(9)

セナはフォーメーションラップ後、ギアを壊し、スタートすることができませんでした。
スタートはやり直しとなり、その時セナはスペアカーでピットレーンからスタートします。
それが認められず、黒旗、リタイアとなっています。

第2戦:サンマリノGP(イモラ)

アイルトン・セナ:優勝(ポール・ポジション)
アラン・プロスト:2位(予選:2位)
ポイント:セナ(9)、プロスト(15)

アラン・プロストはバルブの調子が悪く、スタートで出遅れてしまいます(1周目:6位)。
その後順調に追い上げ、ワンツーフィニッシュとなりました。

第3戦:モナコGP(モンテカルロ)

アイルトン・セナ:リタイア(ポール・ポジション)
アラン・プロスト:優勝(予選:2位)
ポイント:セナ(9)、プロスト(24)

得意のモナコでプロストに優勝をさらわれたレース。
プロストはベルガーにおさえられ、54周目やっとベルガーをパスします。
しかし、その時点でセナとプロストのギャップは46秒以上となっていました。
ワンツー態勢を築いた後、ピットからペースダウンの指示が出ます。
その直後、セナは集中力を失いバリアに激突しリタイアしてしまいました。

第4戦:メキシコGP(メキシコシティ)

アイルトン・セナ:2位(ポール・ポジション)
アラン・プロスト:優勝(予選:2位)
ポイント:セナ(15)、プロスト(33)

メキシコではセナの方にバルブのトラブルが出て、プロストが先行します。
そのままプロストに逃げられて優勝を許してしまいました。

第5戦:カナダGP(モントリオール)

アイルトン・セナ:優勝(ポール・ポジション)
アラン・プロスト:2位(予選:2位)
ポイント:セナ(24)、プロスト(39)

スタートで強引な追い抜きをかけたプロストがトップを奪います。しかし、19周目、ヘアピンでインをついたセナがプロストをパスし、そのまま、優勝を奪いました。

第6戦:アメリカGP(デトロイト)

アイルトン・セナ:優勝(ポール・ポジション)
アラン・プロスト:2位(予選:4位)
ポイント:セナ(33)、プロスト(45)

セナは6戦連続ポールポジションを獲得。
プロストはオープニングラップで無理をせず、5番手で走行しています。
その後、ブーツェン、アルボレート、ベルガーを次々と交わし、7周目には2位にジャンプアップしていました。
そのまま、チェッカーを迎えワンツーフィニッシュとなりました。

第7戦:フランスGP(ポール・リカール)

アイルトン・セナ:2位(予選:2位)
アラン・プロスト:優勝(ポール・ポジション)
ポイント:セナ(39)、プロスト(54)

プロストは好スタートを決めますが、ピットストップが長引き、セナに先行を許してしまいます。
しかし、フランスのプロストはひと味違いました。
61周目、周回遅れに詰まったセナの内側を突き、みごとにパスしていきます。
セナは周回遅れの処理に時間がかかり、プロストが優勝を奪いました。

第8戦:イギリスGP(シルバーストーン)

アイルトン・セナ:優勝(予選:3位)
アラン・プロスト:リタイア(予選:4位)
ポイント:セナ(48)、プロスト(54)

セナは得意の雨のレースだったのですが、先行するベルガーを抜きあぐねます。
14周目やっとパスするとそのままフィニッシュ。
プロストはハンドリングトラブルで24周でリタイアとなってしまいました。

第9戦:ドイツGP(ホッケンハイム)

アイルトン・セナ:優勝(ポールポジション)
アラン・プロスト:2位(予選:2位)
ポイント:セナ(57)、プロスト(60)

レース前の雨で、全車ウェットタイヤでスタートします。プロストはスタートで4位に後退しますが、11周で2位に浮上。その時セナは13秒のギャップを築いていました。
そのまま、ワンツーフィニッシュを決めています。

第10戦:ハンガリーGP(ハンガロリンク)

アイルトン・セナ:優勝(ポールポジション)
アラン・プロスト:2位(予選:7位)
ポイント:セナ(66)、プロスト(66)

雨交じりの予選で、プロストは7番手と出遅れます。
レースのトップ争いはセナ対マンセル。一時は先行を許すものの第1コーナーでマンセルをパスします。
その後、マンセルは後退しますが、プロストが追い上げを見せます。
47周目には2位にまで上がったプロストは周回遅れに道を塞がれたセナのインをつきます。
オーバースピードで膨らむプロストを差し替えし、セナはトップを守りました。
その後、フロントにバイブレーションを感じたプロストは、2位でマシンをチェッカーまで持っていきました。
このレースの結果でセナとプロストはポイントで並ぶことになります。

第11戦:ベルギーGP(スパフランコルシャン)

アイルトン・セナ:優勝(ポールポジション)
アラン・プロスト:2位(予選:2位)
ポイント:セナ(75)、プロスト(72)

スタートのホイールスピンでプロストに先行を許したセナは1周目からプッシュ。
森林区間でプロストをパスし、ハンドリングに問題を抱えるプロストを従えたまま、ワンツーフィニッシュとなりました。

第12戦:イタリアGP(モンツァ)

アイルトン・セナ:リタイア(ポールポジション)
アラン・プロスト:リタイア(予選:2位)
ポイント:セナ(75)、プロスト(72)

この年マクラーレン・ホンダが優勝を奪えなかった唯一のレースがイタリアGPでした。
1988年8月14日、エンツォ・フェラーリが亡くなったばかりでした。
そして、イタリア・モンツァで軌跡のフェラーリ・ワンツーフィニッシュとなったのです。
アランプロストはエンジンのミスファイヤによるリタイア。セナは水疱瘡のマンセルの代役、シュレッサーにコースから押し出されるアクシデントによりリタイアとなったのでした。

第13戦:ポルトガルGP(エストリル)

アイルトン・セナ:6位(予選:2位)
アラン・プロスト:優勝(ポールポジション)
ポイント:セナ(76)、プロスト(81)

スタートのセナ・プロの争いが見所のレースでした。
2台は横に並んだまま第1コーナーへ。セナは外側から回り込みプロストをパス。
その後もプロストはハイスピードでセナを追い上げます。
セナはプロストをブロック。ホイールとウォールの間に挟まれたプロストでしたが、スピードを緩めることなく、ブロックラインをとったセナを交わし、トップに立ちます。
その後、セナは燃料計のトラブルによって燃費走行を強いられ、6位でフィニッシュすることになりました。

第14戦:スペインGP(ヘレス)

アイルトン・セナ:4位(ポールポジション)
アラン・プロスト:優勝(予選:2位)
ポイント:セナ(79)、プロスト(90)
※ベスト11戦有効ポイントルールがあるためプロストの獲得ポイントは84となりました。

プロストが見事なスタートでトップを奪います。セナはマンセルにも抜かれ、マンセルとの抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り広げます。
この結果、セナは燃料セーブに追い込まれ、39周目には4位。その後のタイヤ交換でさらに順位を下げますが、盛り返して4位でフィニッシュしています。

第15戦:日本GP(鈴鹿)

アイルトン・セナ:優勝(ポールポジション)
アラン・プロスト:2位(予選:2位)
ポイント:セナ(88)、プロスト(96)
※ベスト11戦有効ポイントルールがあるためセナの獲得ポイントは87、プロストの獲得ポイントは84となりました。

ベスト11戦有効ポイントルールにより、日本GPでセナが優勝すればワールド・チャンピオンが決まる戦いとなりました。
セナはスタートでエンジンをストールさせてしまいます。惰性で再始動したセナは8位までポジションを下げます。
セナは猛烈な追い上げを見せ、パトレーゼ、ナニーニ、ブーツェン、アルボレートらを次々にパスしていきます。
そして雨が降り始める中、セナはスリックタイヤでプッシュし続け、ついにプロストをパス。
ワールド・チャンピオンの称号を手にしたのでした。

第16戦:オーストラリアGP(アデレード)

アイルトン・セナ:2位(ポールポジション)
アラン・プロスト:優勝(予選:2位)
ポイント:セナ(94)、プロスト(105)

プロストはスタートでセナを抑えます。このレースではフェラーリのベルガーが好調でした。3周目にベルガーはセナをパス。14周目にプロストをも抜き去ります。
しかし、ベルガーが周回遅れにさしかかったとき、強引にパスしようとしてクラッシュしてしまいました。
結果、プロスト・セナのワンツーフィニッシュとなったのでした。

1988年のチャンピオンシップ

この年、マクラーレン・ホンダMP4/4の圧倒的なパフォーマンスによって、マクラーレンの2人がチャンピオンシップを席捲しました。

ここ一発の予選では圧倒的なセナでしたが、冷静にレースを見極めるプロストは終始優位にチャンピオンシップを進めていきました。

しかし、1980年代に採用された11戦有効ポイントルールによって、セナはチャンピオンを獲得することになります。
このルールがなければプロスト:105ポイント、セナ:94ポイントでプロストがチャンピオンだったのです。

プロストは翌年セナを抑え、チャンピオンを奪取することになりますが、1988年のチャンピオンシップを見ても、セナの強力なライバルだったことがはっきりと分かります。

セナはポイントで完勝できなかったことを悔しがっていたかもしれませんね。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommend

アイルトン・セナ 追憶の英雄 コンプリートBOX(通常版) [DVD]
セナの初チャンピオンへの軌跡は5巻・6巻です。

アイルトン・セナ関連商品
DVD以外にもキーホルダーやヘルメットまで、様々なセナ・グッズがあります。

by Amazon