平井和正

スポンサーリンク
2019.01.18

高橋留美子様(第2期ウルフガイシリーズの女神様)

高橋留美子さんは第2期ウルフガイシリーズの女神様です。 平井さんの本にもたくさんのイラストを提供していらっしゃいますし、「語り尽くせ熱愛時代」「高橋留美子の優しい世界」「女神變生」といった刊行物は高橋さん無くして実現することはあり...
2019.01.18

平井和正の真幻魔大戦 待望(真幻魔大戦は「現代編」「上代編」「異世界編」の3部構成)

真幻魔大戦は角川文庫に一部収録されたのを最後に書店から消えた。 最終巻まで発表されたのは徳間ノベルスと徳間文庫のみである。 真幻魔大戦の構成 真幻魔大戦はビッグプロローグから始まる「現代編」、杉村優里、役小角らの登場する飛鳥時...
2019.01.18

平井和正版スパイダーマン No.1

スパイダーマンの映画化が決定されたとき、平井和正を思いだした。 スパイダーマンは平井さんが最後に手がけた漫画原作だったのだ。 しかし、私は同題の漫画を読んでいない。 少年マガジン誌上において池上遼一氏の人気を高めた作品として有...
2020.06.26

平井和正ファン必携「HIRAIST」ハードカバー箱入り詳細

HIRAISTは1988年コトダマ社から刊行されました。 徳間書店のSFアドベンチャーでの告知によって、通販、限定販売されました。 ウルフガイの復活と同時期です。 おもしろユートピア構想 この企画は当時の平井さんのめざした「...
2019.01.18

平井和正からの贈り物:月光魔術團・幻魔大戦DNA箱入り画像

久しぶりの画像付きページです。 幻魔大戦DNAの箱入りとカレンダー。 このカレンダーは1週間前まで箱の中にしまわれていたのだが、今は私の机の上に無くてはならない小物となった。 4月、5月はるみな先生である。 仕事の合...
2019.01.18

∞BLUE出版告知(幻魔大戦DNA全巻発表):平井和正

「幻魔大戦DNA」のハードカバー本の全巻到着と同時に「∞BLUE」出版の知らせが届いた。 これは予想されたことなのだが、まさか同時にとは。 またまたハードカバー箱入りのうれしい企画だ。 とはいえ、未だに「幻魔大戦DNA」読み切...
2019.01.18

最新刊はいつ?(時空暴走気まぐれバス続編発表のアナウンス)

最近、平井作品の最新刊は「気まぐれバス」の続編というアナウンスがあった。 もう既に書き上げられ平井和正絶好調が報じられた。 しかし、実際に出版されているのは「幻魔大戦DNA」旧作であって、新作はいつになるのだと気をもませられる。...
2019.01.18

幻魔大戦DNA2(月光魔術團・幻魔大戦DNA:第2回配本)

本日、月光魔術團・幻魔大戦DNAの第2回配本となった。 小さな箱で???と思ったのだが、駿台曜曜社の発送元で分かった。 今回は第二集と第三集の2冊だ。 一度に2冊きてしまうと読むのが大変だと感じてしまう。 実際は4巻分という...
2019.01.18

DNA(月光魔術團 ウルフガイDNA・幻魔大戦DNA:平井和正著)

deoxyribonucleic acid デオキシリボ核酸 (細胞核染色体の重要物質で遺伝情報を持つ) 月光魔術團は平井作品のなかでも大シリーズとなった。 私は未だに全てを読み通していないのだが、ウルフガイ、幻魔大戦それ...
2019.01.18

幻魔大戦シリーズ発表年表(平井和正、いずみ・あすか原作コミックから集英社文庫まで)

幻魔大戦ほど何度も出版社を変えながら出版された作品は平井作品の中でも少ない。 しかし、完全に出版されることも少ないのである。 (まだ、完結していないし) コミック版幻魔大戦や幻魔大戦DNAまで入れると幻魔ワールドの広がりは本当...
2019.01.18

BLUE HIGHWAYS(平井和正の幻魔大戦DNA第1集・付録)

15日(金曜日)、早々と「幻魔大戦DNA」の第1集が送られてきた。 今まで「幻魔大戦DNA」を読んでいなかったので、本当に楽しみにしていた。 「平井和正」のサインもちゃんと入っていました。(楷書ではなかったです。残念) B...
2019.01.18

平井和正と高橋留美子の対談集「語り尽くせ熱愛時代」到着!

「語り尽くせ熱愛時代」、来ました。 入金後すぐ送っていただいたみたいで、翌日には到着しました。 ウルフガイ復活の契機となった重要な対談集です。 ウルフガイ復活 対談集 高橋留美子さんの犬神明や虎4への思いや、平井和正先生のル...
2019.01.18

平井和正の「語り尽くせ熱愛時代」をオークションで購入。

語り尽くせ熱愛時代 以前、このタイトルの本を読んでいない事を告白したと思います。 実際、渋谷の書店で赤いバックに高橋留美子さんの虎4をアップにした表紙の本を手に取りながら購入までに至らなかったことを覚えています。 対談集・...
2019.01.18

チェンジス「常に第一戦で活躍し続けること」

「常に第一戦で活躍し続けること」とはどういうことだろう? 平井和正はSF界のなかでまさにどんな時代もその先頭を走り続けてきた作家だと思う。 悲しきアンドロイドの登場する切れ味の鋭い短編小説から始まり、ほとんど耽美小説といわれる(...
2019.01.18

ソフト平井和正(「時空暴走気まぐれバス」復活)

オフィシャルサイトの近況によると私がつい最近読んだばかりの「時空暴走気まぐれバス」が復活するそうだ。この作品もシリーズ化されれば存在感十分の作品になるだろう。 読んだばかりなので、続きが早く読みたい。単発の作品と割り切っていた...
2019.01.18

女神様

平井作品の重大な転換期には必ず女神様が現れるようである。 ウルフガイから幻魔大戦の移行の時には高橋佳子さんが。 また幻魔大戦からウルフガイ復活の時には高橋留美子さんが。 それぞれ女神様だった。 今度の∞ブルーの開始にあた...
2019.01.18

ミカエル学校:平井和正のあとがき小説「ビューティフル・ドリーマー」より

あとがき小説「ビューティフル・ドリーマー」はSFアドベンチャー増刊「幻魔宇宙」に掲載された。 1985年刊行の「高橋留美子の優しい世界」にも掲載されている。 1977年の「ミカエルを囲む会」の「ミカエル語録」の存在や彼女との対話...
2020.02.21

天使がかり:平井和正の軌跡・高橋佳子氏との出会いと幻魔大戦執筆

このタイトルはコトダマ社から発行された「HIRAIST」 の章題である。 平井作品を理解する上で非常に重要なキーワードであるので少し掘り下げてみたいと思う。 高橋佳子氏との出会い 「HIRAIST」には巻末に佐々木君紀(あの「...
2019.09.19

「時空暴走気まぐれバス」読了

やっと「時空暴走気まぐれバス」を読んだ。 10カ月以上もツンドク状態が続いた。 「ストレンジ・ランデヴー」の読了と同時に「気まぐれバス」も読み切ってしまった。 「ドナ」や「ダツラ」ということばが真幻魔大戦・異世界篇を思い出...
2019.01.18

平井和正がいうところの「21世紀エイトマン」タイトル発表! それは「∞ブルー」

ついに新作のタイトルが明らかに。 いつまでも「21世紀エイトマン」なんて言わなくてよくなった。 このタイトルってスペシャルだ。 十分に「21世紀エイトマン」をにおわせるものがあるし、全く新しいストーリーを期待させるものがある。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました