私の好きな女性ミュージシャン

スポンサーリンク
2018.11.08

歌声がとっても気にいったサラ・マクラクラン

Photo by Heather  「私の好きな女性ミュージシャン」の第18弾はサラ・マクラクランです。 サラ・マクラクランはカラアゲボーイさんの書き込みではじめて知りました。 紹介して頂いた「Fumbling Tow...
2018.11.08

エリー・ロウゼルのボーカルが大好き「ウルフ・アリス」、デビューアルバム「マイ・ラヴ・イズ・クール」が最高!

Photo by Paul Hudson  「私の好きな女性ミュージシャン」の第17弾はウルフ・アリスです。 ウルフ・アリスは「ゴーストバスターズ」や「トレインスポッティング2」のサウンド・トラックにも参加しています。 ...
2018.11.08

ミシェル・ブランチ、ステイシー・オリコ、ブリー・ラーソン、リンジー・ローハンと聴いてアメリカの女性シンガーに飽きてしまいました。

Photo by alaina buzas  「私の好きな女性ミュージシャン」の第16弾は番外です。 第15弾のアヴリル・ラヴィーンの続きにもなっています。 アメリカの女性シンガーで、私が覚えているのはミシェル・ブ...
2018.11.08

アヴリル・ラヴィーンでアメリカン・ポップ・ロックにハマったのだが…

Photo by Rosa Casapullo  「私の好きな女性ミュージシャン」の第15弾はアヴリル・ラヴィーンです。 アヴリル・ラヴィーンはカナダ出身ですが、アメリカのアーティストととらえています。 ジャンル的には...
2018.11.08

80年代で印象的なのはアン・ウィルソンのボーカルとナンシー・ウィルソンのギターが炸裂するハート。

Photo by Greg Hernandez  「私の好きな女性ミュージシャン」の第14弾はウィルソン姉妹を中心としたバンド「ハート」です。 ハートはベストヒットUSAの映像が強烈に目に焼き付いています。 おそらくア...
2018.11.08

ドロレス・オリオーダンのボーカルが大好きなクランベリーズ。新バンド「D.A.R.K.」にも期待大!

Photo by Eva Rinaldi  「私の好きな女性ミュージシャン」の第13弾はクランベリーズです。 ボーカルはドロレス・オリオーダンで独特の声の持ち主です。 私はドロレスのようなボーカルが大好きで、好きな女性...
2018.11.08

「スリーサム(The 3 Some)」は一発屋? ファーストアルバムを発表した後は、どうなったのでしょう?

「私の好きな女性ミュージシャン」の第12弾は1999年にファーストアルバムを発表した「The 3 Some」です。 私としては大好きなグループだったのですが、アルバムがリリースされたのは1枚だけだったようです。 フィンラ...
2018.11.08

ニーナ・パーションのボーカルを知ったのはカーディガンズ(The Cardigans)4thアルバム「グラン・トゥーリスモ(Gran Turismo)」

Photo by Melissa Godoy  ニーナ・パーションは「A Camp」でも取り上げました。 今回はカーディガンズです。「私の好きな女性ミュージシャン」の第11弾になります。 カーディガンズの魅力はニーナ・パー...
2018.11.08

少し驚いたロックなメイヤ(Meja)のサードアルバム「リアリテイルズ(Realitales)」

Photo by Bengt Nyman  「私の好きな女性ミュージシャン」の第10弾、今回はメイヤです。 メイヤは2000年頃に手当たり次第、洋楽を聴いていた時期に知ったのですが、ファーストアルバム、セカンドアルバムと普通...
2018.11.08

これほどギターが似合う女性アーティストを知らない。シェリル・クロウ(Sheryl Crow)

Photo by Kevin Burkett  「私の好きな女性ミュージシャン」の第9弾は、シェリル・クロウです。 1996年のセカンド・アルバム「Sheryl Crow」から聴き始めました。 全てのアルバムをフォローして...
2018.11.08

マリリン・マーティンの「ナイト・ムーブス(Night Moves)」が忘れられなくて買ったファースト・アルバム「Marilyn Martin」

80年代の洋楽はだいたいベストヒットUSAで耳に入ってきたと思います。 その頃、インパクトのあった女性シンガーの一人がマリリン・マーティンでした。 それというのも「ナイト・ムーブス」という曲が忘れられなかったからです。 ...
2018.11.08

ささやくような細いボーカルが魅力のレネ・マーリン(Lene Marlin)。可憐です。

Photo by Parlophone Music Norway  「私の好きな女性ミュージシャン」の第7弾です。 今回取り上げるレネ・マーリンのアルバムには1999年にはじめて出会っています。 1999年はデヴィッド・ボ...
2018.11.08

カーディガンズのボーカル、ニーナ・パーション(NINA PERSSON)のユニット「A CAMP」は2枚のアルバムだけでなく、デヴィッド・ボウイ「Boy Keep Swinging」もカバーしていた!

Photo by Bengt Nyman  「私の好きな女性ミュージシャン」の第6弾はニーナ・パーション、カーディガンズのボーカルです。 カーディガンズも好きなのですが、別のページで取り上げることにします。 私がニーナ...
2018.11.08

80年代で最も印象深い女性バンドは「バングルス(The Bangles)」

Photo by Justin Higuchi  「私の好きな女性ミュージシャン」のページも、ソロ・アーティストだけだとすぐにネタ切れになってしまいそうなので、バンドも含めてしまいます。 …ということで、第5弾はバングルスで...
2018.11.08

ナタリー・インブルーリアはセカンド・アルバム「ホワイト・リリーズ・アイランド(White Lilies Island)」がいい!

Photo by Christoph Sammer  「私の好きな女性ミュージシャン」の第4弾はナタリー・インブルーリアです。 はじめて知ったのはセカンド・アルバム「ホワイト・リリーズ・アイランド(White Lilies ...
2020.07.23

レオナルド・ディカプリオ主演の「ロミオ+ジュリエット」の主題歌「I’m Kissing You」を収録したデズリー(Des’ree)のアルバム「Supernatural」

Photo by Michelle B.  「私の好きな女性ミュージシャン」の第3弾はデズリーを取り上げたいと思います。 実は私はデズリーのアルバムは1枚しか持っていません。 しかし、その1枚のアルバムの存在感は相当な...
2018.11.08

重めのサウンドに透明感のあるボーカルが素敵なダイド(Dido)

Photo by Lawren  「私の好きな女性ミュージシャン」の第2弾です。 今回はダイドを取り上げます。 ダイドはサラ・マクラクランにも近い感じのアーティストだと思います。 私がダイドをはじめて聴いたのはデビュ...
2018.11.08

アラニス・モリセット =(シンディー・ローパー+サラ・マクラクラン)/ 2

Photo by Justin Higuchi  カラアゲボーイさんにサラ・マクラクランを紹介して頂いて、とても気にいってしまいました。 これをきっかけに、私も大好きな女性アーティストを少しずつ取り上げていきたいと思います。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました