「天野喜孝(イラストレーション別冊)」にも、マイクル・ムアコック作品のイラストはありませんでした。

Amazonを「天野喜孝 画集」で検索した結果、新品で買える書籍の2つ目は「天野喜孝(イラストレーション別冊)」です。

私は天野喜孝ファンなのですが、先日、生賴範義の図録を買ったとき、天野喜孝の作品集を1冊も持っていないということに気づいてしまいました...

「イラストレーション」は玄光社が年4回発光している雑誌です。
様々なイラストレーターの特集が組まれることが多く、好きなイラストレーターの記事が掲載されると時々買っています。

その雑誌「イラストレーション」の別冊として天野喜孝がピックアップされていました。

スポンサーリンク
AdSence

天野喜孝(イラストレーション別冊)

天野喜孝 (イラストレーション別冊)
天野喜孝 (イラストレーション別冊) image by Amazon

この本はムックなので、作品だけではなく、インタビュー、対談、イラストの制作過程も特集されています。

興味深いのは宇野亜喜良との対談です。

対談を読むと天野喜孝という人はこういう人なんだ。…という発見がありました。

「ガッチャマン」や「みなしごハッチ」のことやファインアートのことまで、興味深い対談です。

インタビューでは過去の思い出や転機、将来の展望など、天野喜孝を知るために是非読んでおきたい内容でした。

……

このムックは作品もたくさん掲載されています。

ファイナルファンタジー、吸血鬼ハンターD、グイン・サーガ等の定番のものの他に、江戸川乱歩や野菜スケッチ、ファインアートも掲載されています。

私は江戸川乱歩の表紙イラストは初めて見ました。

推理小説はあまり読まなかったので、天野喜孝が江戸川乱歩の作品を飾ったことを知らなかったのです。

ほかにも鉛筆で書かれたスケッチがたくさん載っているのも、面白いです。

……

しかし、このムックにも、私が大すきなマイクル・ムアコック作品のイラストは掲載されていませんでした。

ムアコックの本は引っ越したときに手放してしまったので、もう見ることが出来ません。

とても後悔しています。

……

天野喜孝の幻想的な作風はファンタジー作品にとてもマッチしています。
ムアコック作品を飾ったイラストも含めた充実した画集の発売を心待ちにしています。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

天野喜孝 (イラストレーション別冊)

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン