月光魔術團

スポンサーリンク
2018.11.23

平井和正の月光魔術團、泉谷あゆみイラストの完全版電子書籍で発売!

平井和正の耽美小説(?)「月光魔術團」が電子書籍で発売されました。 この「月光魔術團」がアスペクトノベルスで発売されたのが1996年です。 「月光魔術團」が書店で耽美小説のジャンルに分類されていて驚いたのは17年前のことでし...
2019.01.18

幻魔大戦DNA2(月光魔術團・幻魔大戦DNA:第2回配本)

本日、月光魔術團・幻魔大戦DNAの第2回配本となった。 小さな箱で???と思ったのだが、駿台曜曜社の発送元で分かった。 今回は第二集と第三集の2冊だ。 一度に2冊きてしまうと読むのが大変だと感じてしまう。 実際は4巻分という...
2019.01.18

DNA(月光魔術團 ウルフガイDNA・幻魔大戦DNA:平井和正著)

deoxyribonucleic acid デオキシリボ核酸 (細胞核染色体の重要物質で遺伝情報を持つ) 月光魔術團は平井作品のなかでも大シリーズとなった。 私は未だに全てを読み通していないのだが、ウルフガイ、幻魔大戦それ...
2019.01.18

月光魔術團 

月光魔術團、書籍計画があるらしい。 幻魔大戦全集と同じような内容であるらしいのだが、 全て予約制ということで、詳細は未定だ。 これは大変喜ぶべき事である。 ハードカバー本で出るとなれば願ったりかなったりだ。 しかし、そうな...
2019.01.18

8マン(エイトマン)復活のニュース

9月に入ってオフィシャルサイトではe文庫の存亡を巡って、大変なことになっており。 そんな中、平井和正から次回作に関する発表があったわけで。 やはり、8マン復活について記しておこうと思ったんだ。 来年8マンが復活するというニ...
2019.01.18

月光魔術団 第3部 幻魔大戦DNAは電子書籍で発表されるのか?

さて、月光魔術団第2部「ウルフガイDNA」は完結間近で、既に第3部「幻魔大戦DNA」についてのニュースが飛び交っている。 本にはならないということだが、インターネット世代の私たちにとって見れば来るべきものが来たという感じである...
2019.01.18

月光魔術団・ウルフガイDNA Vol.10の重大発表とは?

先日、ムーンライトキャンパスでは掲示板がオープンされた。 大変機能的な掲示板で、ツリー表示や一覧表示までついている、未読の記事も選別できるし申し分のない掲示板だ。 私も、仕事に使ってみたいと思っています。 最初の記入と10...
2019.01.18

平井和正の月光魔術團完結

先週、言霊さんへ月光魔術團完結に向けてのメッセージを掲載した直後、オフィシャルサイトから吉報が届きました。 月光魔術團完結全37巻完結 オフィシャルサイトから月光魔術團37巻完結の報が届いた。 それまで36巻完結予定、そして現...
2019.01.18

月光魔術團Ⅱ・ウルフガイDNA(平井和正著)は耽美小説か?

ぶらっと行きつけの書店に立ち寄った時のことである。 月光魔術団・ウルフガイDNAを探したのだが、 なかなか見つけられなかったのだ。 耽美小説の書棚にあるとは… ウルフガイDNA〈12〉メイwhiteメイblack―月光魔...
2019.01.19

「Digital God」(平井和正の月光魔術團にデジ神登場!)

「「狼男だよ」森優さんの解説で明らかになったこと」というタイトルで「月光魔術団」が三部構成(全36巻)になるということを紹介しました。 これは「狼男だよ」の解説で森優さんが書かれたことです。 今回のハルキ文庫「人狼地...
2019.01.18

平井和正の「メガロポリスの虎」と「月光魔術團」

平井さんの処女長編が「メガロポリスの虎」です。 平井さんはこの小説を書き上げるために大変苦労されたと何かの後書きで読みました。 サイバーパンク「メガロポリスの虎」 この作品は電脳社会を描いた平井和正最初の小説です。 スー...
2019.01.18

「狼男だよ(平井和正)」森優さんの解説で明らかになったこと

さて先週「狼男だよ」についてふれましたが、その後書きに森優さんが登場しています。 平井和正との出会いや作品世界のことを述べていらっしゃいますが、ここで明らかになったことがあります。 月光魔術團の構成 狼男だよ―アダルト・ウ...
2019.01.18

月光魔術團 ウルフガイDNA登場!(平井和正の月光魔術團Ⅱ)

現在進行形の小説は「月光魔術団2、ウルフガイDNA」。 実は私はPDF版を読んでいないため、3巻目をやっと読んだところ。 平井ファンにしてみれば、ゆるすべからざること? PDF版は「月光魔術団 VOL12」までは読んだけど、や...
2019.01.18

平井和正作品を彩る魅力ある悪役たち(「ドクター・レオナード・タイガーマン」「高鳥慶輔」「四騎忍」「蜷川玲」「BEE」)

平井作品には非常に魅力のある悪役たちが多数登場します。 そんなキャラクターに焦点をあててみました。 「真幻魔大戦」 やっぱり最高の悪役はドクター・レオナード・タイガーマンでしょう。「サディスティック・サイキック・タイガ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました