「エイドリアン ・ ニューウェイ HOW TO BUILD A CAR」はF1ファン必読!

「エイドリアン ・ ニューウェイ HOW TO BUILD A CAR」を購入した。

発売は4月で、購入までに少し時間がかかったのは専門書かと疑うほどの値段のためである。

しかし、F1界において「空力の鬼才」とうたわれるエイドリアン ・ ニューウェイの自伝を読みたい欲求は強まるばかりで、ついに購入してしまったのだ。

届いてみてびっくり。

とにかく分厚く、重い。
656ページのハードカバー本で、これを読みえる頃には、そうとう筋肉が付いているはずである。

……

実はこの本は手元に届いたばかり。
656ページもの本であるため、1章のみ読んだだけでの紹介となる。

新書と同じ程度の文字の小ささで、ぎっしり書き込まれた本である。
1章読むだけでも数時間を擁してしまった。

まず、導入部分。

エイドリアン ・ ニューウェイが「WILLIAMS FW15」を試乗するシーンからこの本は始まる。
エイドリアン ・ ニューウェイ自らの語りで、解説されるFW15試乗の臨場感は凄まじいものがあった。

技術者としての目には、その場を再現するほどのリアリティーがあるのだ。

クラッチを接続する際の回転数の維持。
左足ペダルでのクラッチ操作等、緻密に書き込まれた文章にF1好きならば引き込まれるはずだ。

スポンサーリンク

HOW TO BUILD A WILLIAMS FW16

エイドリアン ・ ニューウェイ HOW TO BUILD A CAR - F1 デザイン -

エイドリアン ・ ニューウェイ HOW TO BUILD A CAR – F1 デザイン – image by Amazon

読んだのは、アイルトン・セナが亡くなった際に駆ったマシン「WILLIAMS FW16」の章である。第5章にあたる。

全ページを読んでから、この本の素晴らしさを紹介するのは、タイムリーでないと考えたからだ。

……

アイルトン・セナの死亡した原因は何だったのか。
「WILLIAMS FW16」の章では、エイドリアン ・ ニューウェイが技術者として、原因を究明しようとして試みた詳細が記されている。

ECUから取り出したデータ、FIAのビデオから真実に迫ろうとしている。
スローパンクチャーの可能性、ステアリングコラムの破損の可能性などだ。

「WILLIAMS FW16」は前年まで許されていた、アクティブ・サスペンションがレギュレーションで封じられ、設計された最初のマシンである。

そのため、パッシブ・サスペンションの対応に失敗したのだった。

風洞のテストで原因を究明したものの、セナが亡くなったイモラに改良パーツを用意する時間がなかったことに対するエイドリアン・ニューウェイの悔いがにじんでいた。

……

この本のタイトルは「HOW TO BUILD A CAR」となっているが、エイドリアン ・ ニューウェイの目を通したドキュメンタリーの印象を受けた。「WILLIAMS FW16」の章を読んだかぎりでは…という条件付きである。

しかし、これほどまでに読書に集中出来たのは久々のことである。

この本には「WILLIAMS FW16」以外にもエイドリアン ・ ニューウェイが携わった数々のマシンについて記述してある。

最後に目次を記しておくので、参考にして欲しい。
お馴染みのF1マシンがそろっている。

HOW TO BUILD A CAR
CONTENTS

  1. PROLOGUE:005
  2. ON THE GRID:013
  3. Turn One HOW TO BUILD A MARCH 83G:076
  4. Turn Two HOW TO BUILD A MARCH 83C:108
  5. Turn Three HOW TO BUILD A MARCH 881:172
  6. Turn Four HOW TO BUILD A WILLIAMS FW14:226
  7. Turn Five HOW TO BUILD A WILLIAMS FW16:280
  8. Turn Six HOW TO BUILD A WILLIAMS FW18:348
  9. Turn Seven HOW TO BUILD A McLAREN MP4-13:384
  10. Turn Eight HOW TO BUILD A McLAREN MP4-20:446
  11. Turn Nine HOW TO BUILD A RED BULL RB5:472
  12. Turn Ten HOW TO BUILD A RED BULL RB6:524
  13. Turn Eleven HOW TO BUILD A RED BULL RB8:562
  14. EPILOGUE:613
  15. GLOSSARY ニューウェイによる用語解説:626

:以降はページ数

この本はF1ファン必読の書だと思う。
高価な書籍代も惜しくないと思えるはずである。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

エイドリアン ・ ニューウェイ HOW TO BUILD A CAR – F1 デザイン –

※Amazonにリンクします。