書籍の電子化・自炊のはじめ方
【PR】本ページはプロモーションが含まれています

デヴィッド・ボウイの「Low」再現ツアーのサウンドボード音源見つけた!

デヴィッド・ボウイは2002年、アルバム「Heathen」をリリースしています。

このアルバム「Heathen」は、盟友トニー・ヴィスコンティをプロデューサーに加え、2000年代で最も印象的なアルバムとなりました。

リリースは2002年6月10日。

同時にボウイは「ヒーザン・ツアー」をスタートさせます。

このツアーは6月から10月まで(※)の短期間でした。

※パオロ・ヒューイット「デヴィッド・ボウイ コンプリート・ワークス」TOブックス、2013.12.31。ISBN978-4-86472-212-4。によると、「ヒーザン・ツアー」は、2002年6月29日〜10月23日。
しかし、私の所有している音源には6月11日のものがあります。

Heathen

「ヒーザン・ツアー」の特徴は、ベルリン期のアルバム「Low」の再現を行っていることです。

スポンサーリンク

「Low」再現ライブは5ステージのみ

手元の記録によると、「Low」再現ライブは以下の5箇所のみ(※)。

  • ニューヨーク(2002年6月11日)
  • ロンドン(2002年6月29日)
  • ケルン(2002年7月12日)
  • モントルー(2002年7月18日)
  • ベルリン(2002年9月22日)

しかも、「Low」の収録曲を順番通りに再現したのは、そのうちの最初の2ステージだけともいわれています(※)。

※申し訳ありませんが一部のネット情報なので、未確認としておきます。

スポンサーリンク

「Low」再現ツアーの音源を探していました。

アルバム「Heathen」は、私の大好きなアルバムです。

そのアルバム発表と同時に行われた「Low」再現ステージの音源を探し求めていました。

既に所有しているものもあります。

2002年6月11日Roseland Ballroomで行われたステージ音源です。(「Heathen In New York」「LIVE LOW」)

前半はアルバム「Low」を完全再現。後半は「Heathen」の収録曲を、そのままライブで演奏するという、私にとってはこれ以上のステージはないという貴重な音源です。

しかし、悲しいかなオーディエンス録音で、音がいいとは言えません。

このステージの公式ライヴアルバムを出して欲しいと切望していました。

ほとんど諦めていたのですが、ついにサウンドボード音源が発売されたのです。

スポンサーリンク

Montreux Jazz Festival(2002年7月18日)

発売されたといっても公式ではありません。発売元は「X-ray」です。

この音源は、先にも述べたようにステレオ・サウンドボード録音です。

しかし、やはり公式ではないので、音量がちょっと不安定でした。

特に2枚目が惜しいです。

Weeping Wallが入ってない

それに、このアルバムは「Low」を完全に再現しているわけではありません。

「Low」パートは以下の順です。

  1. Warszawa
  2. Speed Of Life
  3. Breaking Glass
  4. What In The World
  5. Sound And Vision
  6. Art Decade
  7. Always Crashing In The Same Car
  8. Be My Wife
  9. A New Career In A New Town
  10. Subterraneans

アルバム「Low」とは曲順が違っています。それに「Low」収録曲は11曲ですから、1曲足りません。

「Weeping Wall」が省略されているのです。

曲順が違っていてもいいから、「Weeping Wall」をやって欲しかったですね。

……

しかし、貴重なライヴのサウンドボード音源を聴けただけで、かなり満足しました。

所有していた「Heathen In New York」や「LIVE LOW」より、音は「Montreux Jazz Festival」の方が断然いいです。

買ってよかったです。

©bluelady.jp


オススメ

私はHMV&BOOKS onlineで購入しました。

在庫無しだったので、少し待たされました。

HMV&BOOKS online 1号店
¥2,631 (2024/04/13 09:06時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

コメント

  1. aladdindogs より:

    私が持っている同じ日のブートはeat a peach!レーベルから出されている「WAIT UNTIL THE CROWD CRIES」で入っている曲目は、全く同じですが、紙ジャCD3枚組で、3枚目がLOW SETです。
    やはり「Weeping Wall」は入っていません。

  2. Lin より:

    aladdindogs さん、ありがとうございます。

    「WAIT UNTIL THE CROWD CRIES」もモントルー(2002年7月18日)の音源ですね。
    このモントルーの公演が「ヒーザン・ツアー」では、ベスト公演といわれているようです。
    他にも同じ音源で「MONTREUX 2002(2CD)」といったブートがあります。

    ちなみにフルセットは以下です。

    Disc 1
    1. Sunday
    2. Life on Mars?
    3. Ashes to Ashes
    4. Cactus
    5. Slip Away
    6. China Girl
    7. Starman
    8. I Would Be Your Slave
    9. I’ve Been Waiting for You
    10. Stay
    11. Changes
    12. Fashion
    13. Fame
    14. I’m Afraid of Americans
    15. 5:15 The Angels Have Gone

    Disc 2
    1. “Heroes”
    2. Heathen (The Rays)
    3. Everyone Says ‘Hi’
    4. Hallo Spaceboy
    5. Let’s Dance
    6. Ziggy Stardust
    7. Warszawa
    8. Speed of Life
    9. Breaking Glass
    10. What in the World
    11. Sound and Vision
    12. Art Decade
    13. Always Crashing in the Same Car
    14. Be My Wife
    15. A New Career in a New Town
    16. Subterran

    「Low」以外の選曲もいいです。

    • aladdindogs より:

      私の持っているHEATHENツアーのサウンドボード・ブートだと、

      2002.7.1のパリ、オリンピア
      「OLYMPIA 2002」(wardour)
      「L’ OLYMPIA BRUNO COQUATRIX」
      (BXP Records)

      2002.8.5のカナダ、トロント「TORONTO 2002」(wardour)
      「ANGELES HAVE GONE」(eat a peach!)

      2002.9.24のパリ
      「PHOENIX AT ZENITH」(GANJA)

      2002.9.25のパリ
      「Some Soul in a lonely world」(STTP)

      あとマトリックス・ステレオ物で
      2002.10.12のニューヨーク
      「STEEL ON THE SKYLINE」(eat a peach!)

      です。同じ音源が違うタイトルで他社からも出されていますし、ハーフオフィシャルで大手レコード店でも売られています。

      2000年代になると、イヤー・モニター録音、オーディエンス録音をマトリックスにした物が増えました。
      サウンドボード録音には、かないませんが、臨場感もあり結構聴きやすいです。

      ライブ以外の、ラジオショー、TVショーもサウンドボード録音でブート化されているので、ブート深いですけど、流石に本人が亡くなっているので、最近は、過去作の焼き直しが次々に出てきています。

      • Lin より:

        aladdindogs さん、ありがとうございます。
        いっぱいあるんですね。
        さすがです。
        ここに書かれているなかで、一番音がいいのはどれですか?
        しかも「Low」再現しているものがいいですが…

      • Lin より:

        この中には「Low」を再現しているものはないんですね。
        私は「Some Soul in a lonely world」を持っていました。

      • Lin より:

        もうすぐ「ジギー・スターダスト:ザ・モーション・ピクチャー [50周年記念エディション/2CD+BLU-RAY] 」が届くんじゃないかと、ソワソワしています。

  3. Lin より:

    DAVID BOWIE / LIVE LOW 2002 (2CD)は「helden」のブートです。
    ROSELAND BALLROOM NEW YORK, NY U.S.A. JUNE 11, 2002

    「Heathen In New York」も同じ公演です。

    セットリストは以下。

    Disc 1
    Low Album Complete
    1. Introduction
    2. Speed of Life
    3. Breaking Glass
    4. What In The World
    5. Sound & Vision
    6. Always Crashing In The Same Car
    7. Be My Wife
    8. A New Career In A New Town
    9. Warszawa #1
    10. Warszawa #2
    11. Art Decade
    12. Weeping Wall
    13. Subterraneans

    Heathen Album Complete
    14. Sunday
    15. Cactus
    16. Slip Away
    17. Slow Burn

    Disc 2
    1. Afraid
    2. I’ve Been Waiting For You
    3. I Would Be Your Slave
    4. I Took A Trip On A Gemini Spacecraft
    5. 5.15 the Angels Have Gone
    6. Everyone Says “Hi”
    7. A Better Future
    8. Heathen (The Rays)
    9. Hallo Spaceboy
    10. Ashes To Ashes
    11. Fashion
    12. I’m Afraid of Americans

    アルバムをコンプリートするようなライブ(しかも2枚のアルバム)は、大変めずらしいのでコレクションしておいてもいいかもしれません。
    ただし、オーディエンス録音です。

    これが公式で出たら、言うことないです。

  4. aladdindogs より:

    Linさん、音の良さで選ぶならLinさんの持っている「Some Soul in a lonely world」があれば良いと思います。

    私も以前から探していますが、「LOW」再現の完璧サウンドボードは見つかりません。

  5. Lin より:

    「ジギー・スターダスト:ザ・モーション・ピクチャー [50周年記念エディション/2CD+BLU-RAY] 」到着しました。
    聴いてます。
    (うれしさのあまり)気のせいかもしれませんが、いい音になったような…
    クリスタルケースに入っていた昔と比べたら、雲泥の差です。

  6. aladdindogs より:

    「モーピク」Blu-ray届きました。
    音もいいですけど、Blu-rayの画質が格段に良くなりました。
    出来れば、オーバー・ダブは取り除いて欲しかったけど。

    1973年のジギー・ライブを高画質、高音質で見れるだけで、ありがたいです。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、私も全部みました。
      色が鮮明になっていますね。
      ジェフベックが参加した「Round And Round」がいいです。
      その後直ぐに「さよなら」していますね。

  7. aladdindogs より:

    Linさん、「ジギー・モーピク」30thアニヴァーサリーのDVDを今見比べてみると、画像は、ボヤけているし、フィルムにキズは入りまくりだし、こんなに酷かったんですね。
    amazonのレヴューで、DVDと余り変わらないなど言っている人がいますが、いったい何処を観ているんですかね。

    DVDはベックも入っていないし、もう捨てていいです。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      やっぱり、比べてないのだと思います。
      印象としては同じかもしれませんが…

      私が気になったのは画角です。
      16対9じゃないので違和感がありました。
      これは「ムーンエイジデイドリーム」も同じように感じました。
      この画角に実はちょっと驚きました。
      最近の映画になれてしまうと、この5対4に近い画角はびっくりします。

  8. aladdindogs より:

    Linさん、おはようございます。
    ボウイオフィシャルから、「PINUPS」50THアニヴァーサリーの告知がされました。
    ハーフ・スピード・カッティングのブラックヴァイナルのみの発売です。
    出来れば、未発表曲を加えた豪華2枚組CDを出して欲しかったです。

    「モーピク」も73年のアニヴァーサリーですから、「ジギー」「アラジン」のaladdindogsアニヴァーサリーCDはスルーされたんでしょうね。

    これ以降、楽しみなアニヴァーサリーCDは出て来るんでしょうか?
    そろそろ、エラBOX6の告知もありそうですが。

  9. Lin より:

    aladdindogsさん、ありがとうございます。
    David Bowieのニュースが迷惑メールに振り分けられていて、気づきませんでした。
    「PIN UPS」はアナログのみなんですね。
    今年の公式は映画と「Ziggy Stardust And The Spiders From Mars: The Motion Picture Soundtrack」ですね。
    ボックスセットに期待してます。

  10. John より:

    ご無沙汰しております。
    なかなかエラBox6の情報は出てきませんね。
    私は近年の怒涛のリリースラッシュに慣らされてしまったのか、
    数カ月発売情報がないと何か買わずにいられないジャンキー状態となってしまい
    ついにずっと無視してきた40周年ピクチャーディスクを揃えてしまいました。
    (「ZEROES」を除く全25枚)
    そこで気付いたのですが、40thAnniversaryと謳っているのは最初の10枚だけで
    残りの15枚は単なる限定版だったりRSDだったりのように思われます。
    ピクチャディスクの情報って意外と少ないので、ご存じであればご教示ください。

  11. Lin より:

    Johnさん、私もボックスセット待ち遠しいです。
    ピクチャーディスクについては、aladdindogsさんの書き込みに期待します。

    • John より:

      aladdindogsさん
      40周年ピクチャーディスクについて情報をお持ちでしたら
      ご教示をお願い致します。

    • aladdindogs より:

      johnさん、頑張りましたね。
      私は昨年コンプリートしました。
       
      最初は、全部揃えるつもりは無かったんですけど、買ってたらコンプしたくなって。初期の物は高値でしたが、中でも「STARMAN」がダントツに高かったです。
      私は、購入した物はしっかりと音も聞いてます。このシリーズでしか、正式出ていない音源もありますからね。
      音が悪いので、ピクチャーとして持っていると言う人もいますが、中には音のいいのもありますよ。

      後、私は最初カラーLPも集めてます。
      今「ヒーローズ」までですね。
      当時の国内盤のオリジナルLPは、かなり前に二足三文でハンターで処分してしまいましたので。
      音質で言えば、アナログの方がCDよりいいですからね。

      • John より:

        私はカラー盤には殆ど手を出していません。
        持っているのはLOWのオレンジ版、StageのUK初版のイエロー盤と
        StationToStationを2枚(どちらも未開封の為何色かは不明)位です。
        古いアナログも手放さずに手元にあるのですが、
        Bowieに本格的に目覚めたのが1982年の春なので、
        私が所有しているメディアの殆どは80年代以降のもので
        RCA時代の初版等を持っていないのが悲しい事実です。

  12. John より:

    Linさん、aladdindogsさん
    40thAnniversaryの件、眼鏡をかけて良く見てみたら
    11枚目以降も小さい字で40thAnniversaryとありました。
    老眼とは言え、お恥ずかしい限りです。

  13. aladdindogs より:

    あっ、再発カラーです。
    各国のDAVID BOWIE is限定アナログも集めましたが、オーストラリアの「レッツ・ダンス」イエロー・シングルだけまだ買えていません。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      コンプされているんですね。
      さすがです。
      私は逆に持っているアナログを手放そうかと迷っています。
      当面、迷っているだけですが…
      踏ん切りが付きそうにないです。

  14. aladdindogs より:

    Johnさん、「ZEROES」ピクチャーはもともと40thAnniversaryピクチャーではないと思います。
    40thAnniversaryピクチャーは「ALABAMA SONG」で終わってしまい、全26枚ですね。

  15. John より:

    aladdindogsさん
    情報有難うございました。
    現在私が所有しているのはSpaceOddity/Changes/LifeOnMars/StarMan/Rock’n’rollSuicide/TheJeanJenie/John,I’OnlyDancing/DriveInSaturday/Sorrow/RebelRebel/DiamondDogs/1984/KnockOnWood/YoungAmericans/Fame/GoldenYears/TVC15/SoundAndVision/BeMyWife/Heroes/BeautyAndTheBeast/BreakingGlass/DJ/BoysKeepsSwiningig/AlabamaSongの25枚ですが、もう1枚目足りていない物が何かご教示お願いします。

  16. aladdindogs より:

    Johnさん、シンコー・ミュージックの「DAVID BOWIE 1989-2016」153ページに40th アニヴァーサリー・ピクチャー・シングルは全26枚とあったのですが、良く調べてみたら、DAVID BOWIE is日本会場限定販売の「LADYSTARDUST」が含まれていました。
    これは40th アニヴァーサリーではないので25枚でコンプです。
    間違った情報を伝えてしまい、すみません。

    • John より:

      aladdindogsさん
      早々のご教示を有難うございました。
      また検索の旅が始まるのか焦りましたが、
      一応終了という事で安心しました。
      エラBox6弾、早く発表して欲しいです。

  17. Lin より:

    Johnさん、aladdindogsさん
    ありがとうございます。
    もうそろそろ、ボックスセットの告知があると思うのですが、まちどおしいですね。
    貴重な音源が出てくることを期待しています。

  18. aladdindogs より:

    2023年からソニー・ミュージックのBOWIEの販権はワーナー・ミュージックに移っているはずです。

    「ヒーザン」「リアリティー」「ネクスト・デイ」「★」は、既にソニー・ミュージックのリストにはありません。

    エラBOX6は11月告知で、12月発売もしくは、年明けぐらいでしょうか。

  19. Lin より:

    こうやってBOXがラインナップされてみると、ティン・マシーンのボックスがなかったのが非常に残念ですね。

  20. aladdindogs より:

    ワーナーに販権がないのは、EMI系列以外の初期シングル、デラムからの実質のデビュー・アルバム「David Bowie」(フィリップスからのセカンド・アルバムと同じタイトルと言う紛らわしさ)
    そして、日本のビクター系列のヴィクトリー からの「TIN MACHINE Ⅱ」、「oy vey,baby(ライブ)」、販権の無いレーベルから出されサウンド・トラック等がありますね。

    ワーナーは、その内に財力を使って「TIN MACHINE BOX」を出すんではないでしょうか。

  21. aladdindogs より:

    1983年のダラスリハーサルは、何度もブート化されてきました。
    2度目のブート化では、初回に収録されていなかった曲を追加した完全版としてだされました。
    今回GREXITレーベルから、またまた出されたダラスリハーサルブート「MOONLIGHT」を紙ジャケに釣られて、騙されたと思って購入しました。

    これが、何と大正解で音質も良くなっていますし、前はテープの音ヨレがあった所が直ってました。

    同じタイトルのブートが何度も出されますが、これがあるのでピカイチでないタイトルだと、再発時に気になってしまいます。
    時にはモノラルだったものがステレオで出たりします。(最近流行りのAIによるステレオ化では無く本物の)

    本当の新作は出ない訳ですけど、ボウイトリップは終わりません。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      スティーヴィー・レイ・ヴォーンが参加したセッションですか。
      私も1枚持っているはずですが、一部の曲しか収録されておらず、残念なブートでした。

  22. aladdindogs より:

    そう言えば、最近S&Vアーカイブ・コレクションのシリーズ・ブートで「ステステ」と「ヤンアメ」が立て続けにでましたが、ここに収録されている8トラック・テープがオリジナルと全く違うミックスなので、ヘッドフォンで聴いた時凄く新鮮でした。

    • John より:

      aladdindogsさん
      私もSTSをヘッドフォンで聞いてみました。
      8トラックはギターが前に出たかなりワイルドな感じで
      高校生の時にチープなステレオで聞いていた時の懐かしい感触が
      甦ってきました。
      ただチャンネルがLR入れ替わっているのはオリジナルからなのか、
      S&Vの制作時のミスなのか、どちらなのでしょうか。

  23. John より:

    何故かBowieのOfficialStoreでIS It Any Wonder?のEPが注文できる状態になっています。
    https://store.davidbowie.com/product/X3LPDB051/david-bowie-is-it-any-wonder-12-ep
    CDは完売扱いです。
    本当に購入できるのでしょうか。
    ご存じならお教えください。

  24. aladdindogs より:

    画面は2020年の時の物のようですが、注文できるのならオークションより全然やすいですね。

  25. aladdindogs より:

    注文できるとしたら、オークションよりかなり安いですね。

  26. Lin より:

    買ってみるしか確かめようがないですね。
    私には勇気ありません。

  27. John より:

    買ってみるしかないという事で
    購入を試みましたが、最後の支払ができませんでした。
    Analogは持っていますが、もう一枚あってもいいかと
    購入を検討しましたが、どうもHPのエラーみたいです。

    • Lin より:

      Johnさん、残念でしたね。
      次に発売されるボウイのボックスセットまでしばらくのしんぼうです。

  28. aladdindogs より:

    私も21年12月に日本のワーナー・ミュージックでアナログを2,500円で購入しましたが、CDを残してオークションで売ってしまいました。

  29. aladdindogs より:

    確認し直したら、購入は20年の4月でした。

  30. aladdindogs より:

    振り返って見ると、今年オフィシャルで出たのは「ジギー・モーピク50th」の一枚だけですね。

  31. aladdindogs より:

    「ムーンエイジ・デイドリーム」は海外では昨年出された作品なので。

  32. aladdindogs より:

    アニヴァーサリー・ピクチャー・シングルは「アラバマ・ソング」で打ち止めになりましたが、カラーLPシリーズは「ヒーローズ」で一旦終わりみたいですね。
    だだ、出されたのは「ハンキー」から「ヒーローズ」(ピンナップス除く)までなので、又途中から出るのかも知れません。

  33. aladdindogs より:

    Linさん、今年も終わってしまいますね。
    エラBOX6出ませんでしたね。

  34. aladdindogs より:

    Linさん、今年もよろしくお願い致します。
    さて、ボウイネットから今年最初のリリース告知が出ました。4月20日レコードストアデイに完成形の前の「ジギー」のアナログLPです。
    全て既発音源なので、魅力は少ないですかね。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
      「ジギー」確認しました。
      BOXの情報はまだなんですね。
      遅すぎます。
      トニー・ヴィスコンティが旧音源で、あっとおどろくものを作っているんじゃないでしょうか。

    • Lin より:

      風が吹くときのサントラが3月発売されるようですね。

  35. aladdindogs より:

    「ダイヤモンドの犬」50周年記念アナログ盤が、またまた例のハーフスピードカッティング盤とピクチャー盤で出ますね。
    今度のRSDで出るアナログ盤「WAITING IN THE SKY 」といい、こんな物欲しい人いるんでしょうかね?
    もう2024年なので「ジギー」「アラジン」「ピンナップス」の未発表デラックスは出ないんですかね。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      私は、アナログ盤はスルーなので、ニュースをチラ見しただけです。
      このようなリリースではボウイがだんだん忘れられそうで、嫌なかんじです。
      新しいファンの獲得はのぞめないでしょう。

      最近気になっているのはピクチャーディスクのビニールパッケージです。
      パッケージが加水分解で溶けて、ディスクが使い物にならなくなるのではないかと恐れています。
      一応、コレクションで数枚保有しているのですが、やばい感じになっています。

  36. aladdindogs より:

    ボウイ・オフィシャルから謎の告知。
    ジギーの映像と共にオリジナルと違う「スターマン」のイントロ、そして2024年3月21日の日付。
    これは何を意味しているのだろうか?
    2日後に、正体が発表されるのか?

    • Lin より:

      おはようございます。
      日付だけですね。
      これは、新しいボックスの予告になるのでしょうか?
      21日が楽しみです。

  37. aladdindogs より:

    ジギー・ブック6月に、遂に出ますね。
    5CD+1Blu-ray-adio、おいくらでしょうか?
    デモとラジオ・セッション、別テイク、別ミックス既発も多い様ですが、「イッツ・ゴナ・レイン・アゲイン」がやっと聴く事が出来ます。
    生きている内に出してくれて、ありがとうございます。

  38. aladdindogs より:

    オフィシャルでは、6月14日発売で22,000円ぐらいですね。

  39. John より:

    ご無沙汰しております。
    もう出ないものだと思っていたZiggyBoxが
    2年遅れながら発売される事になり本当に良かったです。
    内容/構成的にディヴァイン・シンメトリーによく似ているので、
    22,000円は信ぴょう性がありますね。
    詳細なライナーノーツ、デヴィッドの個人的なノートも含まれるそうなので、
    私は国内流通盤一択です。

  40. aladdindogs より:

    タワレコ 26,890円。
    クーポンで1,000円引き、10,000円以上送料無料。ポイント15倍で残ポイント合計で5,000ポイントになるので、私の場合実質は20,860円です。
    もしかするとamazonの方が安くなるかもですが、いろいろと信用度が低いので、タワレコでいきます。

  41. Lin より:

    aladdindogsさん Johnさん
    ありがとうございます。
    ZiggyBoxですか。
    「ROCK ‘N’ ROLL STAR! BOX」でいいんですね。
    Ziggyぽくないタイトルですが、待ち遠しいです。

  42. Lin より:

    Rock ‘n’ Roll Star!はタワーレコードで26,890円
    ポイント15倍で3,666ポイントバックですね。
    もう少し静観します。

  43. Lin より:

    Rock ‘n’ Roll Star!はアマゾンで20,007円
    ポイントを使うと2万円以下でした。
    https://amzn.to/4anOhDs

  44. Lin より:

    アマゾンはアナログ盤が4,158円
    https://amzn.to/3U5hxZX

    タワーレコードが4,090円
    https://tower.jp/item/6320064/Rock-'n'-Roll-Star!

    タワーレコードの方が安いですね。

  45. aladdindogs より:

    Linさん、おはようございます。
    パーロフォンは、「ALADDIN SANE」、「PIN UPS」、「DAIAMOND DOGS」の50thアニヴァーサリー・アナログLPを一気に出しますね。
    今回の「ZIGGY」に続いて、それぞれアニヴァーサリーCDBOXも出して欲しいです。

    • Lin より:

      2019年に「Conversation Piece」がでてますね。
      今回の「Rock ‘n’ Roll Star!」が全く同じ大きさだとしたら、同じシリーズの発表までに5年もかかったことになります。
      「Conversation Piece」の1年後、「The Width Of A Circle」が発表されたときには、全く異なる判型のボックスだったので残念に思いました。
      どうせ出すなら、定期的に発売して判型を揃えて欲しいです。

  46. aladdindogs より:

    「ALDDIN SANE」は去年出てました。

タイトルとURLをコピーしました