デヴィッド・ボウイ最後の来日? リアリティ・ツアー(2004.3.11)大阪城ホールで燃え(萌え?)たこと

david

2004年のことですが、デヴィッド・ボウイがリアリティ・ツアーで来日したときは嬉しかったなー。
大阪公演のチケットを買って見に行きましたよ。家族全員です。(高速のって車で行きました。家からは結構距離有ります)
今でも思い出すなー。でもボウイはリアリティ・ツアー中に動脈瘤のため、後半のツアーを中止してしまいました。
もう、来日することはないかもしれないと思ったものです。
…たまたまチケットが出てきたっす。

スポンサーリンク
AdSence

A REALITY TOUR 2004.03.11 大阪城ホール:思い出のセットリスト

イントロからハーモニカが印象的で、最初から立ちっぱなしになりました。
10曲目ぐらいには立ってられなくて、一休みしたように記憶してます。
しかし、11曲目のHallo Spaceboyで再度立ち上がって、最後まで行ったような…

●イントロ
01:Rebel Rebel (収録アルバム:Diamond Dogs)
02:Hang On To Yourself (収録アルバム:The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars)
03:New Killer Star (収録アルバム:Reality)
04:Fame (収録アルバム:Young Americans)
05:Cactus (収録アルバム:Heathen)
06:All The Young Dudes (Mott The Hoopleに提供した曲ですが、ライブでは良く演奏されています。名曲です。)
07:China Girl (収録アルバム:Let’s Dance)
08:Reality (収録アルバム:Reality)
09:5:15 The Angels Have Gone (収録アルバム:Heathen)
10:The Man Who Sold The World (収録アルバム:The Man Who Sold The World)
11:Hallo Spaceboy (収録アルバム:Outside)
12:Sunday (収録アルバム:Heathen)
13:Heathen(The Rays) (収録アルバム:Heathen)
14:Under Pressure (Queenとの競作。フレディー・マーキュリーとデヴィッド・ボウイのセッションでシングルリリース。)
15:Slip Away (収録アルバム:Heathen)
16:Looking For Water (収録アルバム:Reality)
17:Quicksand (収録アルバム:Hunky Dory)
18:The Loneliest Guy (収録アルバム:Reality)
19:Be My Wife (収録アルバム:Low)
20:Sound And Vision (収録アルバム:Low)
21:Ashes To Ashes (収録アルバム:Scary Monsters)
22:I’m Afraid of Americans (収録アルバム:Earthling)
23:”Heroes” (収録アルバム:”Heroes”)

●アンコール
24:Bring Me The Disco King (収録アルバム:Reality)
25:A New Career In A New Town (収録アルバム:Low)
26:Five Years (収録アルバム:The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars)
27:Suffragette City (収録アルバム:The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars)
28:Ziggy Stardust (収録アルバム:The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars)

前年発売のアルバム「REALITY」はもちろん僕の大好きな「HEATHEN」からも選曲されていますし、アンコールのFive Years~Ziggy Stardustの「Ziggy Stardust」3連発で至福の状態でした。
僕の人生で、これ以上のことってもうないのでは?

REALITY TOURのDVDはおすすめ

僕は海外版と日本版の両方を持ってます。日本版の発売が遅れたので2種類買うことに…
アイルランド・ダブリンで行われた模様です。

「デヴィッド・ボウイ+13」も含めて、お土産いっぱい買いました。

一番上はパンフレットですが、BOWIEのロゴを型押ししただけの、シンプルな表紙なので写真だとわかりにくいですね。
後は、ストラップ、Tシャツ(まだ袖通してないけど、保存状態が悪くてしわしわ)、ポスター2枚(リアリティのものとアラジンセインのもの)、それと会場で売ってたアルバム「デヴィッド・ボウイ」です。これと同じアルバムは持っていたのですが、記念です。

reality2

omiyage

bowie

デヴィッド・ボウイはThe Next Day(2013年)で復活したので、また来日期待してます。

もう一度デヴィッド・ボウイを生で見られたら言うことないですね。
是非、お願いします。

2004年にブログやってたらなー。かなり盛り上がっただろうになー。残念。
同好の士のカキコ期待。

コメント

  1. aladdindogs より:

    私は、今年57歳のBowieファンです。
    1972年の中3の時に「ジーン・ジニー」を聞いてファンになりました。
    今ではジジィですが、ジギー時代のBowieに出会えた事 は運が良かったと思います。
    もし、コンサートで再来日したら、必ず観に行きます。
    過去8回行ってますので。(1973年、1978年、1983年2回、1990年、1992年、1996年、2004年)

  2. やまりん より:

    aladdindogsさま

    コメントありがとうございます。
    8回も生で見ていらっしゃるんですね。うらやましいです。
    私も「ジーン・ジニー」大好きです。
    ジギー・スターダストのアルバムも好きです。なかでも「月世界の白昼夢」がお気に入りです。

  3. aladdindogs より:

    私も「月世界の白昼夢」大好きです。
    初来日の1973年4月8日、今は無き新宿厚生年金会館のコンサートでの演奏、今でも思い出します。
    後にも先にも、ミック・ロンソンが日本でギターを弾いたのはこのツアーだけでした。

  4. やまりん より:

    ああ、なんてうらやましいんでしょう!
    ミック・ロンソンのギターが聴けたなんて最高ですね。
    私ももっと早くデヴィッド・ボウイに出会いたかったです。

  5. カラアゲボーイ より:

    僕は武道館のリアリティツアーを見る事が出来ました。
    five yearsが流れた時、無意識に
    「ああ〜ありがとう〜」と呟いてしまいました。
    武道館では
    ブリングミー・ザ・ディスコキングをしっとりと力強く歌ってくれました。歌上手いなあ〜って感動しました。

    • Lin より:

      カラアゲボーイさん、ありがとうございます。
      2004年に戻れたら最高ですね。

      リアリティー・ツアーがボウイの発作で中止になってからは、来日を願いながらも諦めてました。
      でも、それ以後、素晴らしいスタジオルアルバムを2作も発表してくれたことにありがとうと言いたいですね。

      • カラアゲボーイ より:

        ところで、
        The Gospel According to David Bowie
        というアルバムについて詳細ご存知ですか?昔買って、割と好きでたまに聴くんですけど、あまり情報が無くて。

        • Lin より:

          「The Gospel According to David Bowie」は持っているのですが、どういう経緯でこのデラム期の編集盤が発売されたのかは知りません。
          この頃のコンピレーションアルバムは何枚か発売されていますね。
          「London Boy」とか「Rock Reflections」とか、です。
          それぞれ、編集趣旨が分からないな〜と思いながらいくつか買っています。

          答えになってないので、申し訳ないですが、「The Deram Anthology 1966 – 1968」があればいいような気がしてます。
          …このあたりのことは次のベスト・オブ・ボウイ記事に書いてます。

          ボウイのデビュー前のことは詳しくないので、私も知りたいです。
          「スペイス・オディティ」の40周年記念版の日本版にはとても詳しいライナーが付いていて、それを昨日から読んでいたのですが、数10分では読めず挫折しました。

          • カラアゲボーイ より:

            ありがとうございます、ゴスベルアコは、なんかジャケットのボウイのファッションに惹かれて即買いでした。60年代のボウイも良いですよね。