アヴリル・ラヴィーンでアメリカン・ポップ・ロックにハマったのだが…

avril-lavigne
image photo by Rosa Casapullo 

「私の好きな女性ミュージシャン」の第15弾はアヴリル・ラヴィーンです。

アヴリル・ラヴィーンはカナダ出身ですが、アメリカのアーティストととらえています。

ジャンル的にはポップ・ロックと思ってます。

セカンドアルバム「Under My Skin」の時にはじめて知って、ファーストアルバム「Let Go」も好きになりました。

さらにはライヴDVDの「マイ・ワールド」と進んでいきましたので、かなりのめり込んでいたようです。

YouTubeAvrilLavigneVEVO

しかし、アヴリルはよかったのですが、アメリカの女性アーティストには段々幻滅をかんじるようになっていきました。

スポンサーリンク
AdSence

レット・ゴー(Let Go):2002年

Let Go

アブリル・ラヴィーンのデビュー・アルバムですね。

このアルバムはアブリル17歳ということなので、すごいアーティストが出たと思いました。

でも、若いのにたいしたもの…という印象でした。

「アンダー・マイ・スキン」を聴いた後だったので、すんなりファーストアルバムを聴けたはずですが、「アンダー・マイ・スキン」より聴かなかったかもしれません。

アンダー・マイ・スキン(Under My Skin):2004年

Under My Skin

このアルバムがアヴリル・ラヴィーンをはじめて知ったアルバムです。

「Take Me Away」がめちゃめちゃカッコよかった。

「How Does It Feel」「My Happy Ending」「Nobody’s Home」「Fall To Pieces」も大好きです。

このアルバムはいいです。

マイ・ワールド(My World):2003年

アヴリルに一気にハマったのでDVDも買ってしまいました。

CDも付いていました。

アヴリル・ラヴィーン、恐るべし。
映像もカッコよかった。

……

こうしてアメリカ女性アーティスのポップ・ロックを知っていくのですが、その後、突然に聴かなくなってしまいます。

そのことは別のページにします。
アヴリルのデビュー当初はとても好きでした。

© bluelady.jp