PDFファイルが「この文章を開くときエラーが発生しました。ファイルが壊れています。修復できませんでした。」という警告で、開けないときの対処方法。

時々、PDFファイルが「この文章を開くときエラーが発生しました。ファイルが壊れています。修復できませんでした。」というアラートを出して開けないことがあります。

私の場合はドキュメントスキャナー「DR-C125」を使っていて、「次へ進む(ファイル保存)」前に、出来たPDFファイルを移動させて、このアラートを表示させることが、あります。

せっかく取り込んだのに、もう一度同じ原稿をスキャンし直すこともありました。

元原稿を捨ててしまってから、このような状況に気づくことも…

しかし、慌てることはありません。
そのような場合でも開く可能性があります。

スポンサーリンク
AdSence

解決方法の前に…

まず、私のケースは単純にスキャンを正常修正させていないから起こることが明かです。
Acrobat Readerのバージョン違い等でPDFが開けない場合とは異なります。

また、以下に示すのはMacユーザーに限った解決方法です。

エラーとなるPDFの状況

エラーとなったPDFはインターネットブラウザーなどで読み込ませると全ページ表示することができます。

そのため、別名保存すれば問題無いはずと推測し、SafariやChromeで別名保存してみましたが、状況を解決することが出来ませんでした。

そこで、試したのは…

プレビューで書き出せば解決します。

Macにはあらゆるファイルを開くことができる「プレビュー」というアプリケーションがあります。

これで壊れたPDFを読み込ませてみました。
問題無くPDFのページを認識します。

そして「ファイル」→「書き出す」を実行します。

そうして出来たPDFは問題無く開けるようになります。

原稿がなくて壊れたPDFだけが残っているような場合、諦めずにやってみてはいかがでしょうか。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン