ティン・マシーン

スポンサーリンク

デヴィッド・ボウイのティン・マシーン 1st発売30周年記念で発表されたジュリアン・テンプルが撮ったプロモ映像「9 Song Compilation」

Free-PhotosによるPixabayからの画像 最近のデヴィッド・ボウイは「Clareville Grove Demos box」や「Spying Through a Keyhole」などの掘り出し物アナログ盤が立て...

サウンド+ヴィジョン・ツアーを挟んでリリースされたティン・マシーンのセカンドアルバムはボーカルまで明け渡してしまって…(ベスト・オブ・ボウイ)

EMIを離れヴィクトリーからリリースされた「ティン・マシーンⅡ」。 サウンド+ヴィジョン・ツアーの後でティン・マシーンのセカンド・アルバムをリリースする予想外の行動に出たデヴィッド・ボウイ。 このアルバムではボーカルまで...

グラス・スパイダー・ツアーでアーティストとしてのデヴィッド・ボウイの評価は下落する一方。そんな時、原点回帰をはかったプロジェクト:ティン・マシーンを始動、起死回生を期するボウイが最高です。(ベスト・オブ・ボウイ)

ネバー・レット・ミー・ダウンをリリース後、グラス・スパイダー・ツアーで商業的な成功を重ねたボウイ。 しかし、アーティストとしてのデヴィッド・ボウイは跡形もなく消え失せてしまいました。 それを自覚したデヴィッド・ボウイはキ...
2019.01.18

「ティン・マシーン(tin machine)」からのシングル「Tin Machine – EP」「Radio Session」。もっとライブ曲があってもいいんじゃないかな?(デヴィッド・ボウイのシングル集)

ティン・マシーンからのシングルは「地球音楽ライブラリー」によると、アナログをあわせて、12種類出ているようですね。 多いのか少ないのか判断に困る数です。 以前、ティン・マシーンの記事を書いたときにジャケットの種類が複数あると...
2019.01.29

ロックへの初期衝動を取り戻すため、バンドの1メンバーとなったデヴィッド・ボウイ。1989年:ティン・マシーン(tin machine)結成。

photo by ollografik 83年の「レッツ・ダンス」が爆発的なヒットアルバムとなって以来、デビッド・ボウイは自分を見失ったかのように商業的な成功を追い求めたように見えます。 「レッツ・ダンス」後に立て続けにリリ...
2022.09.11

【ティン・マシーンⅡ / 1991.9.2発表】EMIからヴィクトリー・ミュージックに移籍してリリースされた「ティン・マシーンⅡ(Tin Machine II)」は今では貴重盤?

アルバム「ティン・マシーンⅡ(Tin Machine II)」はデヴィッド・ボウイの歴史の中で、特異なものになってしまいました。 とにかく再発されにくいのです。 「ティン・マシーン」までのアルバムはEMIとの契約で何度も...
2022.09.11

【ティン・マシーン / 1989.5.22発表】グランジ勃興と時を合わせ登場したティン・マシーン。デヴィッド・ボウイはリーヴス・ガブレルス、セールズ兄弟と共に荒々しく生々しいロックの世界へ突入。

デヴィッド・ボウイが本当に凄いと思うのは「ネバー・レット・ミー・ダウン」みたいな大衆に迎合したようなアルバムを作った後に、ティン・マシーンをやってしまうことです。 「ティン・マシーン(Tin Machine)」は私のお気に入り...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました