デヴィッド・ボウイ 名曲集「アイム・アフレイド・オブ・アメリカンズ(I’m Afraid Of Americans)」をハートのアン・ウィルソンもカバーした。

ハートのアン・ウィルソンがデヴィッド・ボウイをカバーするというニュースをずいぶん前に掴んでいました。

ところが、今まで忘れていたのです。

もう発売されてもいいころと思ってサーチすると既に出てました。

スポンサーリンク
AdSence

Immortal

Immortal
Immortal image by Amazon

アン・ウィルソンの「I’m Afraid Of Americans」が収録されたアルバムは「Immortal」です。

このアルバムはカバーアルバムです。

アン・ウイルソンの歌唱のハードさはハートで折り紙付き。

ボウイのカバーもハードなものになると思っていました。
ところが案外大人しいものでした。

もう少し、テンションが高いものを期待してました。

アイム・アフレイド・オブ・アメリカンズ(I’m Afraid Of Americans)

アースリング
アースリング image by Amazon

「アイム・アフレイド・オブ・アメリカンズ」はアルバム「アースリング」に収録された曲です。

デヴィッド・ボウイのお気に入りの曲らしく、ライブでは必ずと言っていいほどリスト入りしています。

そればかりかアン・ウイルソンのようにカバーするアーティストが後を絶ちません。

ナイン・インチ・ネイルズはリミックスだけでなく、ライブでこの曲をカバーしています。
他にもドゥイージル・ザッパ(Dweezil Zappa)、ボーンズ(BONES)とか…

元々、この曲は「ショーガール」のサウンドトラックに収録されていました。

デヴィッド・ボウイの命日に話題となったレア・ミックス音源。 これを聴いて知ったのが「ショーガール(Showgi...

デヴィッド・ボウイのベスト盤にも必ず収録されています。

この曲はドラムンベースの実験アルバム「アースリング」の代表曲といって、差し支えないでしょう。

ボウイのドラムンベース期を象徴する名曲なのです。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Immortal

※Amazonにリンクします。

コメント

  1. aladdindogs より:

    11月16日リリースの「80s Symphonic」も注文してみました。
    ナイル・ロジャースが指揮したシンフォニック「レッツ・ダンス」の入ってるやつです。
    他にも割と好きな曲が入っています。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、少し前にナイル・ロジャースの指揮姿の映像がアップされていましたね。

      収録は以下です。

      1.David Bowie / Let’s Dance
      2.a-ha / Take On Me
      3.Simple Minds / Alive and Kicking
      4.Ultravox / Vienna
      5.Echo & The Bunnymen / The Killing Moon
      6.Bronski Beat / Smalltown Boy
      7.Howard Jones / What Is Love?
      8.Tina Turner / What’s Love Got to Do with it
      9.Simply Red / Holding Back the Years
      10.Chris Rea / Josephine
      11.Chicago / Hard Habit to Break
      12.Roxette / It Must Have Been Love
      13.Foreigner / I Want To Know What Love Is
      14.The Cars / Drive
      15.Pretenders / 2000 Miles

      これ購入しようかどうしようか迷ってます。

  2. aladdindogs より:

    多分ですけど、ベースになるトラックとボウイのヴォーカルもそのまま使用すると思うので興味があります。
    ただのシンフォニックだったら興味なしです。

  3. aladdindogs より:

    やはり、オリジナルレコーディングに新たな音を加えている様です。
    これは買いですね。