ChainLPの使い方:スキャンしたPDFデータを入力して電子書籍データを出力する。

過去記事ではスキャンデータからjpgファイルのフォルダを作成した後にChainLPで読み込んで電子書籍データを作っていました。

その場合だとスキャンしたPDFデータをAcrobat Pro等で処理しないといけないのですが、今回はChainLPのみでPDFスキャンデータを入力し、電子書籍データを出力してみます。

このページの事例ではNew Kindle Paperwhite(2015ニューモデル)に最適化したデータを出力します。

スポンサーリンク
AdSence

PDFを処理する場合は「圧縮ファイルを読み込む」

w01

jpgデータの入ったフォルダを処理する場合は「連番ファイルを読み込む」でしたが、PDFデータの場合は「圧縮ファイルを読み込む」でデータを読み込みます。

PDFの上下左右のスキャン余白をトリミングします。

「編集(E)」→「トリミング&余白 Ctrl+Shift+T」

w02

スキャンしたデータは上下左右に原稿の影が付いたりしますので、事前トリミングの指定をします。

私の場合は偶数ページも奇数ページも同じように、左右2ミリ・上下1.5ミリを除去しています。
Pixel指定なので、トリミングする値は「上下:35Pixel、左右:47Pixel」になります(New Kindle Paperwhiteの場合)。

真ん中の下向き矢印を押すと奇数ページの入力データが偶数ページにコピーされます。

スキャンデータによっては奇数ページと偶数ページの余白が異なる場合がありますので、設定値を変えることも出来ます。

更新ボタンを押せば「絵」チェックボックスにチェックが入っていない全てのページが処理されます。

事前トリミング設定前の状態

w03

読み込んだ画像の上下左右に影のようなぼけが入っているのが分かります。

事前トリミング設定後の状態

w04

読み込んだ画像の上下左右がきれいに切り取られています。

後はChainLPの出力ボタンを押せばできあがりです。

このようにChainLPさえあれば、電子書籍端末に最適化したデータを作ることが出来ます。

私はChainLP開発者のNo.722さんを心からリスペクトしています。

www.bluelady.jp

kindle paperwhite 関連製品

by Amazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン