ChainLPで「メモリが不足しています。」というエラーが起こった場合の対処方法

Kindleがついに新しい領域に突入しました。

新しいKindle Oasisの発売によって表示サイズが7インチとなり、今まで以上に書籍が読みやすくなったのです。

もともと6インチサイズが発表されてから、ずっと7インチサイズを待望していました。

というのも、6インチサイズでは文庫本の大きさの自作ドキュメントが縮小してしまい、読みにくくなってしまっていたからです。

7インチサイズになって、やっと文庫本相当の自作ドキュメントが等倍以上の大きさで表示出来るようになりました。

しかし、サイズが大きくなったことで、今まで遭遇していなかった事象が起こるようになりました。

私は自作ドキュメントをつくる際に「ChainLP」を使用しています。

とてもよく出来たソフトウェアで、これさえあれば自作ドキュメントの制作に不自由はありません。

ところが、7インチ対応の自作ドキュメントを作る際にエラーが発生してしまったのです。

スポンサーリンク
AdSence

Kindle Oasis(9th Generation)対応のドキュメントを作成する:1264×1680ドット

7インチのKindle Oasisのドットバイドットのサイズは1264×1680です。

画面キャプチャを取ることで調べることが出来ます。(調べ方は以下のページをご参照下さい。)

Kindle Paperwhite(2015ニューモデル)が発売されましたので、早速、ChainLPで電子化(自炊)してみた...

この大きさは今までで最大であることは言うまでもありません。

そのため、今まで全く問題無く動作していた「ChainLP」がエラーメッセージを出し、途中で終了する事象に見舞われました。

「メモリが不足しています。」

ChainLPが、このようなエラーダイアログを表示して、途中終了してしまいます。

しかし、心配することはありません。(私は大変困りましたが…)

ChainLPの制作者「No.722」さんによって、既に対応済みです。

・PBM(Portable bitmap)を入力できるようにしました。但し、バイナリ形式のみ読み込み可能です。
※メモリ不足を防止するため、PBMにサイズ制限を設けリサイズして読み込みます。またソースによっては白黒反転するオプションを使用して下さい。

出典:ChainLP V0.30(No.722)

PBM設定方法

No.722さんのブログでPBMの設定方法について解説してあるページを見つけられなかったので、私のエラー回避方法を記述しておきます。(たぶんこれがPBMの設定だと思います。)

ChainLPの「ファイル入力」の初期設定は以下のようになっています。

この「事前リサイズ実行」が初期設定では「1600pixel」になっていることに注目して下さい。

このままでは、入力ファイルサイズを1600pixelにした後、出力する際に、それよりも大きい1680pixelにすることになってしまいます。

そこで、私はここに2300pixelを設定しました。(25%の余白を除去しても1680pixel以上の大きさを保つため)

この設定で「メモリが不足しています。」というメッセージは出なくなります。

「GDI+ で汎用エラーが発生しました。」

メモリが不足のエラーが出なくなったので、問題なくドキュメントを作れると思ったのも束の間、もう一つ困った現象が起こりました。

「GDI+ で汎用エラーが発生しました。」というメッセージが表示されChainLPが途中で終了してしまったのです。

これについては原因がよく分かりません。

Windows10ならGDI+のエラーは出ない

私の場合はWindows7で、このような現象を起こすのですが、Windows10では問題ありませんでした。

Windows10で問題無かったので、「GDI+ で汎用エラーが発生しました。」のエラーについては深く調べていません。

私の環境によるものかもしれません。

……

なにはともあれ、Kindle Oasis(9th Generation)対応のドキュメントを作ろうとしてエラーが出た場合は、このページの方法を試してみて下さい。

Kindle Oasisは期待通りのすごい電子書籍端末です。

是非、7インチの使い勝手の良さを体験してみて下さい。

購入した書籍の読みやすさも数段アップしていますよ。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン