コンシューマ向けドキュメントスキャナー:Canon ImageFORMULA DR-C225Wレビュー(DR-C125との比較)

IMG_3588
DR-C225W

Canon ImageFORMULA DR-C125を使い続けて来たのですが、あまりにもハードに使い込んだので、ついにスキャンデータにラインが入るようになってしまいました。

サポートに連絡したところ、清掃で直らない場合は結構な金額がかかるとのことでしたので、思い切ってDR-C225Wに買い換えました。

DR-C125は十分すぎるほどに働いてくれましたので、安らかに眠っていただきたいと思います。

スポンサーリンク
AdSence

DR-C225Wは何が変わったのか?

まだ、十分に使い込んだとは言えないのですが、2冊スキャンした後の感想です。

dr-c125
DR-C125

カラーが若干変わった

上の写真はDR-C125です。
原稿が折り返す部分のカラーが少し、変わりました。ガンメタっぽくなっています。
ロゴの色も黒から白に変わっています。

外観上(ハードは)それだけの違いです。

ソフトウェア・インタフェースが大きく変わりました。

DR-C225 CaptureOnTouch

s1

DR-C125 CaptureOnTouch

s2

どちらかというと私はDR-C125の方が好きです。
DR-C225はコンシューマー向けの方向性が、より強くなっています。

ソフトウェアの変更点

斜行補正に2種類のモードが選択できるようになっています。

  • 搬送時の原稿の傾きを補正する
  • 画像の傾きを補正する

私は「搬送時の変更の傾きを補正する」を使っています。

c1

c2

スキャン結果ではDR-C125の傾き補正と違いが分かりませんでした。

相変わらず薄い紙に弱いため、
スキャンスピードを遅くする

最初にスキャンしたのがハヤカワ文庫だったのですが、いきなり重送を検知できませんでした。

この点についてはDR-C125から、あまり改善されていません。
というより機械的に困難なので、どうしようもないのかもしれません。

スピードスキャンをすると原稿をダメにしてしまうかもしれませんので、最初からDR-C125で使っていた設定にしてスキャンスピードを落としています。

「画像処理」→「裏写り/地色除去」→「ON」→「スライダーを1メモリ右へ」

c3

この設定で、スキャンスピードを遅く出来ます。

「ガンマの調整」→「カスタム」→「パラメーター:0.9」

c4

私はガンマも調整しています(今回はパラメータを0.9に設定してみました)が、これはスキャンスピードに影響しません。

以下の記事も参照して下さい。

スキャン品質の比較

一番大事なスキャン品質ですが、少し向上しているようです。

DR-C125は奇数ページと偶数ページのスキャン品質の違いが見られました。(コントラストが違っていました)

DR-C225Wにはそのような違いが見うけられませんでした。
少し、グレーの再現性もアップしているような気がします。(感覚的なものなので、個人差があると思いますが…)

まとめ

以上、DR-C125とDR-C225Wを比較してみましたが、大きな違いはありません。

しかし、奇数ページと偶数ページの違いが目立たなくなりましたので、その点ではDR-C225Wの方が良いと思います。

ただ、DR-C125ユーザーで十分使えているのでしたら、あえてDR-C225Wに変更する必要は無いように思えました。

補足

最初にスキャンする際、「ドライバーがロードできません」というエラーが表示されて、困りました。

DR-C225WはWi-Fi接続が可能な機種なのですが、そのスイッチが機体の後ろ側にあります。
USB接続して使う場合、このスイッチをオフにしていないとエラーが表示されますので、ご注意下さい。

IMG_3632

www.bluelady.jp

Canon ドキュメントスキャナ imageFORMULA DR-C225W
スキャン原稿がばらけないのが最大のメリットです。

by Amazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン