アイルトン・セナのF1ワールドチャンピオン獲得30周年を記念した「マクラーレン P1 GTR」はウルトラマンに似ている


image by Iwao

1988年、アイルトン・セナがロータスからマクラーレンへ移籍した年、マクラーレン・ホンダMP4/4は16戦中15勝を上げた圧倒的なF1マシンでした。

セナが8勝、プロストが7勝でアイルトン・セナが初のチャンピオンとなったのです。

その勝利から早くも30年が経ってしまいました。

マクラーレンはアイルトン・セナのF1ワールドチャンピオン獲得30周年を記念し、セナ仕様の「P1 GTR」を発表ています。

「マクラーレン・セナ」が出たのがちょうど1年前だったのですが、「P1」にもセナバージョンです。

image by davidgsteadman  マクラーレンがもの凄い車を出しました。 その名も「マクラーレン・セ...

しかし…

スポンサーリンク
AdSence

マクラーレン P1 GTR

マクラーレン・オートモーティブが発表した「P1 GTR」はセナファンからの依頼で作成されたものです。

赤と白のマルボロカラーにまとめられました。
内装も特別仕様となっています。

くさび形のMP4/4に比べると丸みを帯びたフォルムがしなやかさをイメージさせます。

マルボロカラーも丸く見えます。

……

しかし、このカラーリングで丸みを帯びた車体は日本人には別物のをイメージさせるのではないでしょうか?

そうです。ウルトラマンです。

科学特捜隊に「P1 GTR」みたいな車があったら、ピッタリだと思うのですが、いかがでしょうか?

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン