リンキン・パークのチェスター・ベニントンが亡くなるなんて…5thアルバム「Living Things」に収録された「Burn It Down」を聴いてからずっとファンでした。


image photo by Chris Parker 

私はこの訃報をF1-Gate.comで知りました。

佐藤琢磨やキミ・ライコネンもファンだったとか…

初めて買ったリンキン・パークのアルバムはロータスF1チームとのプロジェクト「Linkin Park GP」がきっかけでした。

せっかくファンになったのにとても悲しいです。

スポンサーリンク
AdSence

リンキン・パークとの最初の出会い


YouTubeLotus F1 Team

私がリンキン・パークを最初に聴いた(初めて気にとめた)のは5枚目のリヴィング・シングス(Living Things)に収録されている「Burn It Down」です。

清冽でいて凄烈。氷と火をイメージさせる鮮烈な印象の曲です。

デジタルコンテンツの「Linkin Park GP」のBGMに使われていました。

2012年のロータス・ルノーE20のキミ・ライコネンの活躍と共に思い出します。

「Burn It Down」は本当にかっこいい曲で、F1にピッタリの曲でした。

以来、ザ・ハンティング・パーティー(The Hunting Party)、ワン・モア・ライト(One More Light)とリンキン・パークのアルバムを聴き続けています。

これからリンキン・パークはどうなってしまうのでしょうか?

悲しい気持ちが溢れてきます。

「Burn It Down」を聴きながら追悼の思いを深めています。

「Burn It Down」がまるで鎮魂歌のようにきこえます。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン