MUSEの新アルバム「シミュレーション・セオリー」到着。ジャケットを担当したのはカイル・ランバート。


image by Steve Collis

MUSEの新アルバム「シミュレーション・セオリー」が到着しました。

アマゾンは発売日前に送ってくれたみたいです。

今回はジャケ買いしそうな1枚。
ソフトパック仕様の【デラックス盤】がオススメです。

スポンサーリンク
AdSence

シミュレーション・セオリー(SIMULATION THEORY)

シミュレーション・セオリー【デラックス盤】
シミュレーション・セオリー【デラックス盤】 image by Amazon

このジャケット、とてもSF的です。
まるで、「ブレード・ランナー」や「スター・ウォーズ」「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」みたいです。

それに私の好きな生賴範義みたいな構図。
これでは曲がどうだろうと買ってしまいます。

でも、ご安心を。曲もなかなかです。
収録曲は以下。

SIMULATION THEORY

  1. Algorithm
  2. The Dark Side
  3. Pressure
  4. Propaganda
  5. Break It To Me
  6. Something Human
  7. Thought Contagion
  8. Get Up And Fight
  9. Blockades
  10. Dig Down
  11. The Void
  12. Algorithm (Alternate Reality Version)
  13. The Dark Side (Alternate Reality Version)
  14. Propaganda (Acoustic Version)
  15. Something Human (Acoustic Version)
  16. Dig Down (Acoustic Gospel Version)

このアルバムを聴き始めると1曲目の重厚なドラムに「ミューズだ!」って思います。
しかし、そのうちにいつもとちょっと違うことに気づきます。

なんとアコースティック・ギターの音が響いてくるのです。

ライナーを読んで「今までで最ポップなアルバム」といわれるのもうなずけます。

まだ、しっかりと聴き込んでいないので、どの曲がお気に入りになるのか分かりませんが、好きなアルバムになることは間違いないでしょう。

12曲目からは【デラックス盤】のボーナストラックです。
UK盤も同じ構成。

日本盤は【デラックス盤】のみ紙パックです。
UK盤の通常版がジュエルケースなのかは未確認です。

このジャケットなら紙パックがいいですね。

イラストレーターはカイル・ランバート

ジャケットのイラストレーターはカイル・ランバート。

「ジュラシック・パーク」や「ジュマンジ」「スーパー8」「スター・トレック イン・トゥ・ザ・ダークネス」等のポスター・アートを手掛けた人です。

参照 カイル・ランバート・ドット・コム

SFやファンタジー作品のキー・アートが多いイラストレーターなので、今回のミューズのアルバムにはピッタリです。

著名人のデジタル・ペイントも超リアル。

モーガン・フリーマンはペイントとは思えません。

……

音楽もジャケットも買ってよかった。

(蛇足)

ジャケットにの四字熟語が書かれていますね。

「三难困境」

この意味は…

「三つの事物のうち一つを選ぶ状況で迷うこと」

この作品とどのように関わってくるのでしょう? う〜む。(考察中)

……

うわ〜! rockin’on.comで詳しい情報出てました。

参照 【ミューズ新作大予想!】ついに来た! 待望のニューAL、その名も『シミュレーション・セオリー』。その世界観とは?(rockin’on.com)

スーパーデラックス盤(21曲構成)のBOXセットもあるみたい。(予定だけ?)

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

シミュレーション・セオリー【デラックス盤】

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン