「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(Batman vs Superman: Dawn of Justice – 2016年3月公開)はスーパーヒーローとダークヒーロー(アンチヒーロー)の対決だ!!

18483619399_02f82dc1e5_o
imagephoto by Gonzague Petit Trabal

アメリカの2大ヒーローと言えば、やはりスーパーマンとバットマンをあげたいと思います。
このほかにもマーベル・コミックのスパイダーマンもいますが、小さい頃からテレビで馴染んできたのは、スーパーマンとバットマンをおいて他にはありません。

その2大ヒーローが激突する映画が2016年3月公開されます。
既に特別映像や予告映像を見ることが出来ます。

DC Collectibles・アメリカンヒーローシリーズ リアル★スーパーマンVSバットマン【海外輸入】
DC Collectibles・アメリカンヒーローシリーズ リアル★スーパーマンVSバットマンimage by Amazon

先日、サイボーグ009とデビルマン・幻魔大戦のことで批判的になりましたが、このスーパーマンとバットマンについては諸手を上げて歓迎します。

スポンサーリンク
AdSence

バットマン

広川太一郎(声優さん、声の印象の方が強いので)のバットマンもいいです。
子供のころバットモービル(昔はバットカーといっていたような?)を買ってもらった嬉しさを今でも思い出します。

20064204508_cfa4216797_b (1)
imagephoto by Shed On The Moon

マテルアクションフィギュア バットマン 1966年TVシリーズ バットモービル 1/12スケール プラスチック製 塗装済みアクションフィギュア
マテルアクションフィギュア バットマン 1966年TVシリーズ バットモービルimage by Amazon

バットマンはマイケル・キートン、ヴァル・キルマー、ジョージ・クルーニーといった配役で何度も映画化されました。悪役でアーノルド・シュワルツェネッガーも出演しました。
この頃のバットマンは少しコミカルな感じもあったように思いますが…
(実はこの頃のバットマンはあまり覚えていません。)

クレイジーケースタブ バットモービル
クレイジーケースタブ バットモービルimage by Amazon

極めつけは「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」「ダークナイト ライジング」のクリストファー・ノーラン監督の3部作です。

(この3作については別ページを起こしたいと思っているので、今回は薄くコメントしていきます。)

特撮リボルテック043 バットマン・ビギンズ ダークナイト ダークナイト・ライジング バットモービルタンブラー ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア
特撮リボルテック043 バットマン・ビギンズ ダークナイト ダークナイト・ライジング バットモービルタンブラーimage by Amazon

バットモービルも段々すごくなっていきましたね。

バットマンのかっこよさは、ダークヒーローだということです。
この点が子供から大人まで夢中にさせるのです。

西部劇やダーティー・ハリー(クリント・イースト・ウッド)にもつながりますね。

私が、最も好きな(超人的な)アメリカンヒーローがバットマンです。

スーパーマン

スーパーマンは子供の頃から何度も映画化されています。

スーパーガールを入れると5作です。
どちらかというとスーパーガールの方が好きかも。かわいいですし。

SUPERGIRL DC COMICS BISHOUJOスタチュー スーパーガール (1/7スケール PVC塗装済み完成品)
SUPERGIRL DC COMICS BISHOUJOスタチュー スーパーガールimage by Amazon

2013年に再び登場したスーパーマンはタイトルがスーパーマンではなくなっていました。
「マン・オブ・スティール」になっていました。

「スーパーマン」では売れないということかもしれませんね。

マン・オブ・スティール [DVD]
マン・オブ・スティールimage by Amazon

とても面白い作品でしたが、主人公のヘンリー・カヴィルがかなり年寄り臭いのが気になりました。

空飛ぶパンチパーマという感じです。

スーパーヒーロー vs ダークヒーロー(アンチヒーロー)

スーパーマンは掛け値無しのスーパーヒーローです(宇宙人ですし)。

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」のスーパーヒーロー対ダークヒーローという構図がとても期待させてくれます。

youtube:特別映像

今度のバットマン(ベン・アフレック)はとてもいかついですね。
ロボみたいです。
そこが新しいかもしれません。
スーパーマンは引き続きヘンリー・カヴィル。

youtube:予告

今度のバットモービルもかっこよさそう!
ワンダーウーマンも出るぞ(ガル・ガドット)!!

絶対劇場に観に行きます。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

バットマン vs スーパーマン グッズ
すでにポスター等が発売されています。

by Amazon

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. aladdindogs より:

    私も、必ず見に行きます。
    TVのバットチャンネル、バットタイムの「バットマン」も見てました。
    リンダ・カーターの「ワンダーウーマン」や「チャーリーズエンジェル」も懐かしいです。
    昔は、長い間アメリカドラマの黄金期がありましたからね。
    記事の内容からすると、やまりんさんはおいくつなんでしょう?

    • Lin より:

      私はワンダーウーマンの記憶が全くないんです。
      なんででしょう???
      田舎育ちなので、フジテレビ系列がなかったのかもしれませんね。

      aladdindogsさんのほうが3つ年上では?(ここんところは、あまり突っ込まないでください)