夢中になったビョーク(Björk)。第一期と言えるサードアルバムまでがすごい。

bjork
image photo by Daniele Dalledonne 

ビョークの初めてのアルバムは1997年発表のホモジェニック(Homogenic)でした。
このサウンドに触れてからというもの、オルタナティブ・ロックの代名詞として、ビョークをリスペクトするようになりました。

今でもアルバムが出る度に購入しています。
しかし、「セルマソングス」以降、印象が変わってきました。

いずれにしても私にとって最高のアーティストの一人です。
ビョークについては1ページにまとめるのではなく、数ページに分けてページをアップします。

このページは最も好きだったサードアルバムまでです。

スポンサーリンク
AdSence

デビュー(Debut):1993年

Debut
Debut image by Amazon

この地味なジャケットがアーティストらしくありません。
最初に聴いた「ホモジェニック」から、直ぐにこのアルバムまで遡りました。

「Like Someone In Love」などはアルバム「Vespertine」に繋がっていくような印象を受けます。

ビョークの多様性をすべて詰め込んだようなアルバムがこの「Debut」です。

聴きようによってはクラシカルな一面もあり、ビョークの原点を再確認出来ます。

「Human Behaviour」と「Play Dead」が最も好きな曲です。

ポスト(Post):1995年

ポスト
ポスト image by Amazon

セカンドアルバムではジャケットが明るくなりました。
東洋的な風貌で、アイスランドの人はみんな東洋的なのかと思ったりしました。

このアルバムも「Debut」の流れを引き継いだような印象を受けます。
さらに、ポップになってとても馴染みやすいと感じました。

私が好きなのは「Army Of Me」「Enjoy」「I Miss You」です。

ホモジェニック(Homogenic):1997年

Homogenic
Homogenic image by Amazon

最初にこのジャケットを見た時、ビョークは首長族なのかと驚きました。
それに人の目すらしていません。
このジャケットでは、私は決して買おうとは思わなかったと思います。

このアルバム(ビョーク)との出会いは、友人が聴いていたのを漏れ聴いたことがきっかけです。
何とも懐かしいような、あるいはドラマチックな、心の琴線に触れるような音楽だったのです。それ以来、ビョーク熱が上がりました。

私が持っているものは16曲入りのボーナストラック盤です。

追加になっているのは以下の7曲で、「Jòga」のリミックスは聴き応えがあります。

  • Jòga (Howie B. Main Mix)
  • Sod Off
  • Immature (Björk’s Version)
  • So Broken
  • Nature Is Ancient
  • Jòga (Alec Empire Mix)

……

これらの3枚のアルバムは私にとって最もビョークらしいと思える傑作アルバムです。

次にビョークを扱うときにはもっと聴き込んでおきたいと思います。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Debut
Post
Homogenic

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン