デヴィッド・ボウイのアンプラグド(アコースティック・セッション)「CHANGESNOWBOWIE」

今年のレコードストアデイ(2020年4月18日 ※6月20日に延期)にデヴィッド・ボウイのアルバムが2種発売されます。

「CHANGESNOWBOWIE」と「I’M ONLY DANCING(THE SOUL TOUR 74)」です。

今年はCDも同時発売されます。

絶対に手に入れたいのですが、レコードストアデイの商品は予約出来ないので、ショップを回ってみるしかありません。

どれくらいの入荷があるのかも分からず、ファンにとっては大変忙しい一日になりそうです。

そんな楽しみなレコードストアデイを前に、アコースティックアルバム「CHANGESNOWBOWIE」の予習をするとともに、デヴィッド・ボウイのアンプラグドにはどんなものがあるのか見てみたいと思います。

「CHANGESNOWBOWIE」は9曲

「CHANGESNOWBOWIE」について今のところ分かっているのは以下です。

  • 1997年1月8日のボウイの50歳の誕生日にBBCで放送されたラジオセッション
  • 1996年11月にニューヨークのLooking Glass Studiosで録音されたもの
  • アコースティックセッションで9トラック
  • ゲイル・アン・ドーシー(ベース)、リーヴス・ガブレルス(ギター)、マーク・プラティ(キーボードとプログラミング)で参加

このセッションでのトラックリストは以下。

  1. The Man Who Sold The World
  2. The Supermen
  3. Andy Warhol
  4. Repetition
  5. Lady Stardust
  6. White Light/White Heat
  7. Shopping For Girls
  8. Quicksand
  9. Aladdin Sane

BBCでの放送をフルに収録した模様はブートレグやYouTubeで聴くことができます。
※「CHANGESNOWBOWIE」でサーチしてみて下さい。

インタビューなどが挟まっているので聴きやすいものではありません。
しかし、「CHANGESNOWBOWIE」を理解する上では十分です。

(ブートレグの方は入手困難かもしれません。)

これを聴いてみると俄然、デヴィッド・ボウイのアンプラグドに興味がわいてきます。

 

(追記:4.2)

正式なトラックリストが発表されました。

  1. The Man Who Sold The World
  2. Aladdin Sane
  3. White Light / White Heat
  4. Shopping For Girls
  5. Lady Stardust
  6. The Supermen
  7. Repetition
  8. Andy Warhol
  9. Quicksand

レコードストアデイが延期になって残念です。

 

(追記:4.9)

Repetition ’97(Official Video)が公開されました。

また、「CHANGESNOWBOWIE」が4月17日にストリーミング配信されることが発表されました。

Bowie Unplugged

1990年代、デヴィッド・ボウイのアンプラグドは上記の9曲以外にも良質なものが多く残されています。

「bowie unplugged」でネットサーチしてみると21曲入りのブートレグを見つけることができます。
「AcousticBowie」でも出てきます。

「CHANGESNOWBOWIE」の曲以外にも、Scary Monsters、Seven Years In Tibet、Dead Man Walking、The Jean Genie、I Can’t Read、Heroes などの曲目が並びます。

(YouTubeでも聴けますが、音飛びなどがあります。ブートの方がクリアでした。The Man Who Sold The Worldの導入部が切れているような感じが残念です…)

中でもScary Monstersのアンプラグドには驚きます。

原曲はロバート・フリップのギターが炸裂するバリバリのロック曲です。
それが、アンプラグドになるとこうなるのか! と感動ものに仕上がっています。
聴き始めは「Scary Monsters」とは分からないほどのものでした。

1990年代中盤のボウイ

さらに驚くのはこれらのアンプラグド曲が1996年頃に残されているということです。

デヴィッド・ボウイは1995年に「アウトサイド」を発表し、1997年にはドラムンベースを活かした「アースリング」を発表します。

1990年代中盤はデヴィッド・ボウイがハードなサウンドに傾倒した時期にあたります。

そうした最中、素晴らしいアンプラグドセッションを行っているのです。

是非、この頃のボウイのアンプラグドを抑えてみてください。

ボウイのアーティストとしての深みが分かると思います。

……

最後に…

アコースティック・ギターをかき鳴らす、その頃のボウイの姿を想像すると少しニンマリしてしまいます。

「アースリング」の頃のデヴィッド・ボウイはハードな刈り上げ(?)スタイルではなかったでしょうか?

例えば


Unplugged by David Bowie (Yellow Vinyl) image by Amazon

こんな感じだったのでしょうか?

© bluelady.jp

コメント

  1. aladdindogs より:

    新型コロナウイルスの影響で、RSDが6月20日に延期になりましたね。

    悲しいです。

  2. aladdindogs より:

    Linさん、youtubeで  Rock `n´ Roll With Me – studio sessions  と言う20分のテープが公開されているのを、ご存知ですか?
    シグマテープみたいな断片的な物ではなく、丸々公開されていて驚きました。

  3. aladdindogs より:

    私もワーナー・ミュージック・ダイレクトにオーダーした、12インチ・アナログは、まだ届きません。

  4. aladdindogs より:

    BOWIE RECORDING ROCK ‘N’ ROLL WITH ME ~ AWESOME OUTTAKES’74
    の方がステレオで公開されていました。

  5. aladdindogs より:

    オークションに出される未発表テープ。

    多くは、音楽関係者が持っていた音源のコピー・テープの流出ですが、「シグマ・テープ」の様にヴィスコンティが空港の待合いイスに置き忘れて盗難にあった物もありました。

    結局、「シグマ・テープ」は落札されなかったとも、ボウイ・サイドが回収したとも言われています。

    オークションに出す時に中身の見本として曲の断片が出されます。
    それらが
    youtubeやブートで流出します。

    今回の「ロックン・ロール・ウィズ・ミー」は日本円で約28万円で落札され(安い!)、落札者が20分ほどyoutubeでリークしたそうです。

  6. aladdindogs より:

    映画「キャット・ピープル」の主題歌はLP、12インチ・シングルともオリジナルは6分43秒ですが、オーストラリア盤12インチだけ9分20秒の物が発売されました。

    しかし、それよりも更に長尺の10分18秒も存在します。どちらもブートで高音質のものが聴けます。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、当方のライブラリにも4分台と6分台のものしかありませんでした。
      10分とは長いですね。

      別件ですが「ビギナーズ」のサントラで22曲入りのものが発売されるみたいですね。
      18曲入りのものは持っているんですが、購入しようかどうしようか迷います。

  7. aladdindogs より:

    Linさん、ビギナーズ22曲いりCDは今回が初の発売ですね。
    私は買います。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、私も昨日、予約しておきました。
      サンタル・チアやクール・ナポリは聴いたことないです。

  8. aladdindogs より:

    BOWIEオフィシャルから、今度は90年代のライブ配信の発表がありましたね。
    第1弾はLinさんも持っている「LIVEANDWELL.COM」に2曲追加した物で、追加の2曲は最初は12インチでの発売でしたが、「EARTHLING」のデラックス盤2CDに収録済みの物です。

    なので、あまり興味は引かれませんね。
    後の第2弾、3弾の方が気になります。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      私も2、3弾に注目してます。

      ところで、レコードストアデイは8月・9月・10月に分割開催になったんですよね?
      デヴィッド・ボウイのCDはいったいどうなってしまうのか、そっちの方が気になっています。

      もう、CDを通常発売して欲しいです。
      待つのいやになりました。

  9. aladdindogs より:

    今年のRECORD STORE DAYは、8月29日(土)、9月26日(土)、10月24日(土)に「RSD Drops」として開催されるそうです。

    何がどの日に発売されるかは、後ほど発表になるとの事、又、今年に限り当日13時からオンラインでも購入できるそうですが、人気盤は売れてしまうと思います。

  10. aladdindogs より:

    RSDは、10時、11時、12時開店の店3軒をハシゴして、最後は13時のネットで行く予定です。

  11. aladdindogs より:

    昨年は「スペ・オデ」50周年で、年の前半から怒涛のリリースがありましたが、今年はもうすぐ半年にもなるのに「アラバマ・ソング」のピクチャー・シングルのみのリリース。
    なんとも寂しい限りで、RSDが待ちどおしいです。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      今年はボウイ関連(ミックロンソンを含め)4枚(Conversation Pieceは1枚とカウント、今年に含めました。)買いました。

      Conversation Piece
      David Bowie Unplugged
      Is It Any Wonder?
      Only After Dark

      一番聴いたのは「David Bowie Unplugged」です。
      もう1枚買ったのはシンディー・ローパーの「Japanese Singles Collection」

      昨年から購入CDが激減しました。
      ボウイの新曲が聴きたいですが、かなわず。あんまり音楽聴かなくなりました。
      仕事のBGMが映画だったりするので、仕事がはかどらなくなりました。

      ブログがあまり書けなくなったのは、ボウイが亡くなったせいだと思います。

  12. aladdindogs より:

    「CHANGESNOWBOWIE」と「I’M ONLY DANCING(THE SOUL TOUR 74)」は、8月29日RSDドロップで発売されます。

タイトルとURLをコピーしました