北条司の「シティーハンター」完全版 全32巻+1を一気読み!

北条司の「シティーハンター」全巻をついに読みました。

私は北条司といえば「キャッツ・アイ」の世代なので、「シティーハンター」は完全版の発売で、はじめて読みました。

読んだのは、これで2度目ということになります。

スポンサーリンク
AdSence

北条司の「シティーハンター」完全版

シティーハンター ―Complete edition (Volume:01) (Tokuma comics)
シティーハンター ―Complete edition (Volume:01) (Tokuma comics)/span> image by Amazon

「一気読み」といっても1巻から32巻と別巻「ボリュームZ」を読むのは骨が折れました。
読み通すのに1年ぐらいかかってしまいました。

この作品は同じようなストーリーが多すぎて、読み進めるのが困難でした。

5冊ぐらい読み進めては、小休止してしまいます。
面白いのですが、全巻を一気に読むことは無理でした。

それでも22巻までは読んでいました。しれから長い間中断していたのです。
最近、映画がリリースされたことを知って、やっと全巻読むことが出来た次第です。

……

この作品はシティーハンター・冴羽 獠と槇村 香の物語です。

心を通わせそうで、上手くいかないというじれったさで32巻もの間、読者を引っ張って行きます。

それは、かなりのエネルギー。
香がふるうハンマーのおかげでしょうか?

最終的には獠から決定的な告白をするエピソードがあります。
しかし、香は一時的に記憶を失ってしまい、もとの関係に戻ってしまいました。

とは言え、告白があった後はこのストーリーを続けることは出来なかったのでしょう。
ほどなくハッピーエンドとなりました。

……

この後のストーリーは「エンジェル・ハート」に引き継がれていきます。

「エンジェル・ハート」が開幕したとき、「シティーハンター」の結末が本当のハッピーエンドでは無かったことが分かり、微妙な気持ちになりました。

まだ、「エンジェル・ハート」は全巻読んでいないので、今度は「エンジェル・ハート」にチャレンジしようかな。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

シティーハンター ―Complete edition (Volume:01) (Tokuma comics)

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン