トニー・ヴィスコンティがプロデュースしたアルバム「ライフブラッド」で知ったマニック・ストリート・プリーチャーズ


image photo by Ungry Young Man 

デヴィッド・ボウイのプロデューサーであるトニー・ヴィスコンティが手がけたアルバムから知ったロック・バンドが複数います。

マニック・ストリート・プリーチャーズもそうしたバンドの一つです。

スポンサーリンク
AdSence

ライフブラッド:Lifeblood(2004)

ライフブラッド
ライフブラッド image by Amazon

ライフブラッドが最初に知ったアルバムです。すでに7枚目のアルバムでした。
トニー・ヴィスコンティがプロデュースしています。

わりと癖のないサウンドでボーカルも爽やかです。

このアルバムは私が聴いたマニック・ストリート・プリーチャーズのアルバムの中で最もサウンドが美しいと感じます。

ホーリー・バイブル:The Holy Bible(1994)

ホーリー・バイブル(期間生産限定盤)
ホーリー・バイブル(期間生産限定盤) image by Amazon

サードアルバムにして最高傑作と名高いアルバム。

この後立て続けにヒットアルバムを世に出したマニック・ストリート・プリーチャーズはUKロックのトップグループの仲間入りをします。

ただし、ライフブラッドを聴いてしまうと、このアルバムもかすんでしまいます。

フォーエヴァー・ディレイド:Forever Delayed(2002)

フォーエヴァー・ディレイド~スペシャル・エディション(DVD付)
フォーエヴァー・ディレイド~スペシャル・エディション(DVD付) image by Amazon

ベスト盤です。

私がマニック・ストリート・プリーチャーズを知った時には既に6枚ものアルバムを発表していたので、2枚組のコンピレーションを買ってしまいました。

マニック・ストリート・プリーチャーズを知るのには適したコンピレーションだと思います。

リップスティック・トレイス:Lipstick Traces(2003)

リップスティック・トレイス
リップスティック・トレイス image by Amazon

これもコンピですが、アルバム未収録のレアトラックスです。

「フォーエヴァー・ディレイド」と対をなす作品集です。

どちらかというとこちらの方が好みです。

私は2005年頃からあまり音楽を聴かなかった時期があり、この後、マニック・ストリート・プリーチャーズから離れてしまいました。

今、聴いてみるとかなりいい感じです。
また、聴きたくなってしまいました。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

ライフブラッド(紙ジャケット仕様)

※Amazonにリンクします。