平井和正のHIRAISTに似ている? ウルフガイ・ドットコム・オフィシャルtwitterで知ったSFマガジン2015.4号を買ってみた。

e文庫/ウルフガイ・ドットコムのオフィシャルtwitterで紹介されていたSFマガジン2015.4号を購入。

表紙がHIRAISTに似ているとか。
※きっかけがウルフガイ・ドットコムなんで平井和正の世界に分類しました。

SFマガジン 2015年 04 月号

スポンサーリンク
AdSence

ハヤカワ文庫SF総解説 PART1 [1-500]

表紙が似ているかと聞かれれば、似ているのですが、デザイン的にはよくある手法なので、気にしないでおきます。
それより、興味深いのはハヤカワ文庫SF総解説です。
ひと目で以下のような懐かしい作品を見つけられます。初版のカバー写真がいいです。

  • ウルフガイシリーズ(平井和正):当ブログでは解説不要ですね。
  • 死霊狩り(平井和正):同上
  • 超革命的中学生集団(平井和正):永井豪の表紙がいい。
  • 火星の戦士(マイクル・ムアコック):松本零士の表紙が懐かしい。最初に出会ったマイクル・ムアコックの本です。
  • 紅衣の公子コルム(マイクル・ムアコック):天野喜孝さんのイラストがいい。ムアコックで最も好きな作品。
  • スターウルフ(エドモンド・ハミルトン):中古本をamazonでポチッとしてしまいました。
  • 英雄コナン(ロバート・E・ハワード):創元推理文庫買いました。
  • キャプテン・フューチャー(エドモンド・ハミルトン):NHKのアニメが思い出されます。
  • ミクロの決死圏(アイザック・アシモフ):映画が印象的です。
  • ノースウェスト・スミス(C・L・ムーア):中古本をamazonでポチッとしてしまいました。
  • 宇宙の戦士(ロバート・A・ハインライン):学生の時読みました。
  • 宇宙大作戦(ジェイムズ・ブリッシュ):スタートレック大好きです。最近の映画もいいですね。
  • デューン(フランク・ハーバート):中古で全巻手に入れて電子化しちゃいました。
  • 虎よ、虎よ!(アルフレッド・ベスター):寺田克也さんイラストの新版買いました。
  • 魔界の紋章(ポール・アンダースン):ポール・アンダースンは読みたい読みたいと思いながら、読んだことないんです。
  • 夏への扉(ロバート・A・ハインライン):最近新書版で読みました。
  • この人を見よ(マイクル・ムアコック):最近中古本で手に入れて電子化しました。
  • 闇よ、つどえ!(フリッツ・ライバー):学生の私には少し難解でした。
  • 人類補完機構(コードウェイナー・スミス):新版買いました。
  • インディ・ジョーンズ(キャンベル・ブラック):映画は見ましたが、書籍は未読。

…etc.

ハヤカワ・オンラインで買えます。

ハヤカワ文庫SF総解説 PART2はSFマガジン6月号を待て

SFマガジン2015.6号はPART2が掲載予定です。
SFマガジンは今年から隔月刊になってしまったんですね。残念です。廃刊なんてことにならないよう、応援しましょう。私は既にamazonで予約済みです。

蛇足:サンリオSF文庫総解説のこと

昨年の秋にサンリオSF文庫総解説が単行本で売れていると聞き、こちらも買いました(朝の番組で特集されてました)。こちらは何故売れるのかよく分かりませんでした。サンリオSF文庫は「サンリオ」と付いていたのが抵抗となって読んでなかったんです。

ハヤカワ文庫SF総解説はハードカバーカラー版でも買いたいな。
是非、豪華本の発売を希望。