探偵物語・映画作品を網羅した松田優作DVDマガジン発売を契機に、平井和正原作の映画「狼の紋章」(松田優作のスクリーンデビュー作:1973年発表)を紹介します。

4102366620_b71b28a59d_o

photo by doronko

松田優作さんで最初に思い出すのは「ジーパン刑事」です。
テレビドラマ「太陽にほえろ!」において、萩原健一さんの扮する「マカロニ刑事」の殉職後に登場しました。
ちなみに「ジーパン刑事」殉職後は勝野洋さん扮する「テキサス」(刑事つけないほうがなじむ)ですね。
「太陽にほえろ!」は、私がまだ小学校の時に始まった刑事ドラマで、当時は欠かさず見ていたと記憶しています。

ジーパン刑事の殉職シーンは今でも思い出せます。「なんじゃ、こりゃぁ!」ですね。
最後は白い服装だったはずですが、普通のほうがよかったんじゃないかと今では思ってます。

このほど松田優作さんのヒット作「探偵物語」と人気主演映画を網羅したDVDマガジンが発売されるということで、まだ、平井作品との関連で記事にしたこと無かったことに気づきました。

松田優作さんの映画初登場はなんと平井和正原作「狼の紋章」だったのです。
この度発売のDVDマガジンにも収録されるのでしょうか?

スポンサーリンク
AdSence

平井和正原作「狼の紋章(東宝映画)」で松田優作はスクリーンデビュー

「狼の紋章」は平井和正のウルフガイシリーズ第1作です。
この映画はわりと原作に忠実に作ってあります。
東宝作品だけに、ちょっぴりお色気が付加されてます(青鹿晶子、小沼竜子 その他)。

メインキャストは以下。

  • 犬神明:志垣太郎
  • 羽黒獰:松田優作
  • 青鹿晶子:安芸晶子
  • 神明:黒沢年男

映画のDVD(2006年復刻版)を持っていますが、1973年の作品だけに、かなり低予算で作ったと見えます。
プロローグのシーンで狼の遠吠えがあるのですが、たぶん犬です。
犬神明の変身時の頭部はやっぱりおもちゃのマスクに見えますね。

犬神明は時代を反映してベルボトムのジーンズをはいてます。
上着は、おきまりのジージャン姿。
靴のかかとは10cmぐらいありそうです。

犬神明は羽黒獰に「犬」の字を背中に掘られても、ぴくりともしません。
もう少し痛そうにして欲しかったです。

マンションに犬神明を訪ねた青鹿晶子の場面では何故か草原のシーンが挿入されます。
演出にも古さがにじみ出てます。

黒沢年男が若いのでびっくりします。

特殊メイクや演出、髪型、服装に時代を感じる作品ですが、松田優作さんの若さを見ることができます。
松田優作さんのピクチャーディスクもカッコいいですよ。

チャプターを付けておきます。これをみれば原作に近いことが想像できると思います。

CHAPTER

  1. 狼の紋章
  2. 空からの襲撃
  3. 犬神との出会い
  4. 転校生
  5. 狂犬に噛まれる
  6. 犬神明のマンション
  7. 狂犬と狼
  8. 暴虐の嵐
  9. 狼のバラード
  10. 暴力追放集会
  11. 犬神と女たち
  12. 窮地に陥る青鹿
  13. 犬神明と神明
  14. 救出に向かう犬神
  15. 羽黒との対決
  16. 最後の戦い

出典:「狼の紋章」DVDTOHO(2006・10・27)発売元:東宝株式会社

なんとこの作品は「東宝の名作セレクション」として復活するようです。
平井和正ファン・松田優作ファンでDVDを持っていない方には朗報です。

→狼の紋章[東宝DVD名作セレクション]8月19日発売予定:Amazon

このページのカテゴリーは平井和正のカテゴリーですので、以下からは少し端折っていきます。

松田優作と大藪春彦作品「蘇る金狼」「野獣死すべし」

松田優作さんは大藪春彦の代表作でも主人公を務めています。
それが「蘇る金狼」と「野獣死すべし」です。
「野獣死すべし」は大藪春彦の処女作でもあります。
平井和正にハードボイルドへの道をあきらめさせてしまった作品でもありますね。

私は大藪春彦のファンなので両作品共に学生の時に読みました。
「蘇る金狼」は「朝倉哲也」
「野獣死すべし」は「伊達邦彦」がヒーローです。
大藪作品ではどちらもストイックなスーパーヒーローでしたので、映画では描ききれないものを持っていました。

しかし、松田優作作品として映画を見た場合は是非ともおさえておかなくてはならない作品ですね。

松田優作の映画で最も好きな作品「家族ゲーム」

私は「家族ゲーム」が好きでした。同じ方向に向かって一列にならんで食事をするシーンがとても新鮮でした。
アクションの多かった松田優作さんですが、この作品では家庭教師役で新しい魅力が垣間見えました。

松田優作の遺作「ブラック・レイン」

リドリー・スコットが監督ということで期待してみた「ブラック・レイン」。
今は亡き高倉健さんも登場しています。
松田優作さんの遺作となって、松田優作さんの俳優としてのプロ意識がクローズアップされていましたが、作品としては暗さが目立ちました。

松田優作の代名詞・TVドラマ「探偵物語」

探偵物語は映画でも同名のものがありますが、ドラマとは無関係です。
ドラマではヴェスパ(VESPA)P150Xに乗る松田優作さんの印象が強いです。
当時ヴェスパが流行ったんじゃないでしょうか?

コミカルなタッチの作品でしたので、松田優作さんの作品としては違和感を感じたことを覚えています。
ただ、再放送等で繰り返し見ていると「これぞ松田優作」と分かってきます。

今回発売のDVDマガジンでもメインに据えられるようですので、期待できますね。

→松田優作DVDマガジン:講談社

→松田優作DVDマガジン:Amazon