デヴィッド・ボウイ 名曲集「セブン・イヤーズ・イン・チベット(Seven Years In Tibet)」

「セブン・イヤーズ・イン・チベット(Seven Years In Tibet)」はアルバム「アースリング」に収録されています。

このアルバムは、デヴィッド・ボウイのドラムンベース・アルバムと言われて、ボウイのキャリアの中では特殊な部類に位置づけられています。

私も実はこのアルバムは少し苦手です。

でも、その中にあって「セブン・イヤーズ・イン・チベット(Seven Years In Tibet)」のメッセージ性は十分感じ取れると思います。

スポンサーリンク
AdSence

セブン・イヤーズ・イン・チベット(Seven Years In Tibet)

このタイトルから直ぐに思い出すのは同名の映画のことです。

1997年、アルバム「アースリング」がリリースされた年に公開されています。

アルバムのリリースの方が早いので、デヴィッド・ボウイが影響されたのは、ハインリヒ・ハラーの原作小説の方です。

セブン・イヤーズ・イン・チベット―チベットの7年 (角川文庫ソフィア)
セブン・イヤーズ・イン・チベット―チベットの7年 (角川文庫ソフィア) image by Amazon

登山家のハインリヒ・ハラーと幼いダライ・ラマとのふれあいを描いた作品で、映画ではブラッド・ピットがハインリヒ・ハラーを演じています。

テレビでも放映されているので、観ているはずなのですが、既に忘れていました。

この映画は「チベット問題」という重要な問題をはらんでいます。

……

デヴィッド・ボウイの「セブン・イヤーズ・イン・チベット(Seven Years In Tibet)」もオープニングの歌詞

Are you OK?
You’ve been shot in the head
And I’m holding your brains

を見れば同様のテーマを扱っていることは明かです。

アルバム「アースリング」のような躁的なアルバムにあって、このような深刻なテーマを扱っているというだけでも「セブン・イヤーズ・イン・チベット(Seven Years In Tibet)」を印象深いものにしています。

サウンドもリーブス・ガブレルスのギターが際立っていますし、マイク・ガーソンのファルフィッサ・オルガンが、この曲を特別なものにしています。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

セブン・イヤーズ・イン・チベット(吹替版)
映画はアマゾン・プライムで観られます。

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. aladdindogs より:

    現在ブルックリンで開催中のDAVID BOWIE Is限定販売のミニLP「 Live In Berlin (1978) 」も本当欲しいんですけど(これは入手困難)、今年も4月21日のレコードストアデイで限定販売される3枚組LP「1978年ロンドンライブ」と「レッツ・ダンス・デモ」12インチシングルも欲しい!
    3枚組LPは去年みたいに後でCD化されるかも知れないけど、とりあえずゲットしたい。
    今年は休めそうなので、朝一で行きます。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      レコード・ストア・デイのアルバムは予約出来ないんでしょうか?
      私も「1978年ロンドンライブ」と「レッツ・ダンス・デモ」が欲しいです。