デヴィッド・ボウイ 名曲集「ユーブ・ビーン・アラウンド(You’ve Been Around)」

「ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ」に収録された「ユーブ・ビーン・アラウンド(You’ve Been Around)」はリーブス・ガブレルスとの共作曲です。

この時期のボウイのボーカルは、私生活の充実を表しているのか(イマンと結婚)、とても張りがあって好感が持てます。

このアルバムでは、レスター・ボウイのトランペットが独特のサウンドを作り上げています。

スポンサーリンク
AdSence

ユーブ・ビーン・アラウンド(You’ve Been Around)

前述したレスター・ボウイのトランペットと少々小さめのリーブス・ガブレルスのギターがノリのいい曲を作り上げました。

この曲には「チェ・チェ・チェ・チェンジド」というフレーズがあったりして、ボウイの思い入れも強いのではないでしょうか。

……

「ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ」には2003年に発売された3枚組のエクストラ・バージョンがあります。

Black Tie White Noise
Black Tie White Noise image by Amazon

そこには「ユーブ・ビーン・アラウンド(You’ve Been Around)」のDangers 12″ Remix(7分41秒)のロング・バージョンが収められています。

通常4分44秒なのでかなり長いです。

サウンド自体が違いますし、独特の間奏が入っています。

……

この曲はティン・マシーン時代からライブで演奏されていました。

リーブス・ガブレルスとの共作なので、ボウイとガブレルスのデュエットが聴けます。

「ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ」のバージョンとはかなり違ったアレンジになっていて、ガブレルスがノリノリなのが面白いです。

ティン・マシーンのアルバムではリリースされていませんが、YouTubeなどでは聴けるはずです。

……

後にリーブス・ガブレルスのアルバム「The Sacred Squall Of Now(1995年)」にも、「ユーブ・ビーン・アラウンド(You’ve Been Around)」が収録されました。

Sacred Squall of Now
Sacred Squall of Now image by Amazon

このバージョンがティン・マシーンのものに近い感じがします。
デヴィッド・ボウイも参加しています。

ここではボウイのボーカルよりもリーブス・ガブレルスのギターの方が目立ってます。

……

3つのバージョンを聞き比べましたが、やっぱり「ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ」通常版のバージョンが最高です。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Black Tie White Noise

Sacred Squall of Now

ブラック・タイ・ホワイト・ノイズの3枚組(1枚はDVD):エクストラ・バージョンは手に入れるのが難しそうです。

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン