平井和正

スポンサーリンク
2018.11.19

初期の平井和正の作品(サイボーグ・ブルース、アンドロイドお雪 …etc.)はサイバーパンクの分類でいいのかな? BLUEシリーズもこの系譜?

photo by ▓▒░ TORLEY ░▒▓ 平井和正の初期作品としてこのページで扱おうとしているのは、「アンドロイドお雪」「エスパーお蘭」「サイボーグ・ブルース」等です。 あらかじめお断りしておきますが、私は平井和正のファン...
2015.11.12

符合する平井和正と永井豪:ウルフガイとデビルマン、幻魔大戦と凄ノ王

photo by Kentaro Ohno 夜にかかる虹<下巻>:リム出版に永井豪のデビルマンについて言及されているページを見つけました。 私は平井和正と永井豪の両方が好きで、どちらの作品もほぼ全てをカバーしています。 そ...
2019.01.21

平井和正ストーリーの変遷:「死を蒔く女」から生まれたスパイダーマン・魔女の標的・悪徳学園・悪霊の女王・狼の紋章・アダルトウルフガイ「凶霊の罠」

photo by Guru Sno Studios 平井和正の短編集や漫画原作ほどおもしろいものはありません。 なぜなら、それらの作品は後に形を変え、長編として結実する萌芽が含まれているからです。 なかでも「悪夢のかたち」収録...
2018.11.28

平井和正 vs 富野由悠季対談「SFアドベンチャー増刊・平井和正の幻魔宇宙」から

photo by Domenico 富野由悠季さんは久々のテレビアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」の原作・総監督で話題になりました。 実は私もDVDで見てます。 以前、平井和正と対談をやっていたことを思い出し、読み返して...
2018.11.29

平井和正から大藪春彦へ – 狼は暁を駆ける(ハイウェイ・ハンター・シリーズ)解説より

photo by zeitfaenger.at 光文社文庫からハイウェイ・ハンター・シリーズが立て続けに刊行されています。 私は平井和正のアダルト・ウルフガイ・シリーズのファンになった時期を同じくして、大藪春彦の小説も読みあ...
2019.01.18

平井和正のスペシャル・ウルフガイ劇場「8マン “魔人コズマ篇” 最終回より」(エイトマンもうひとつの最終回ー狼の世界:ウルフランド掲載)

このブログで8マンの最終回について触れるのは3回目になると思います。 実は平井和正の8マンの最終回には小説版があったのを思い出しました。ウルフガイの番外編の「ウルフランド」に掲載されています。 完全に失念しておりました。(歳には...
2016.12.10

八犬伝といえば辻村ジュサブローの新八犬伝。新八犬伝は子供の頃夢中になった作品だが…

photo by Ashley Van Haeften 昨年、私は八犬伝にはまり、さまざまな作家の八犬伝を知りました。 当然、その中で思い出されたのはNHKの人形劇「新八犬伝」です。 もう一度見たいと思ったのですが… 辻...
2020.02.21

平井和正作品(悪徳学園・エスパーお蘭、8マン)に登場する兵器:フォノン・メーザーについて調べてみた。

photo by Yuichiro Haga 桑田次郎さんの描いた8マンの最終回で、使用された最終兵器がフォノン・メーザーでした。 しかし、8マンにこのような超兵器が搭載されているということには違和感がありました。 なぜなら、...
2019.01.19

平井和正原作「8マン(エイトマン)」2つの最終回:マンガショップシリーズの完全版8マン

平井和正の後書きやテレビアニメでは「エイトマン」、マンガでは「8マン」なのですが、元々8番目の刑事なので、「8マン」が正しいのかな? …と思いつつ、いまさらおそいという誹りを免れないですが、8マンネタです。 マンガショップシ...
2019.01.19

DVDレンタルショップで「幻魔大戦」を見つけてしまったら…(ぼくは平井和正作品と出会った_③)

ぼくは暇をもてあましていた。 DVDレンタルショップでアニメ映画でも借りようと久しぶりにレンタルショップへ足を運んだ。 最近のアニメはあまり見てないのだが、以前はアニメ映画をたくさん見ていたものだから、懐かしい作品ばかりまとめて...
2019.01.18

友達の家で「きまぐれオレンジ・ロード」を見つけてしまったら…(ぼくは平井和正作品と出会った_②):オマージュ作品、ボヘミアンガラス・ストリート

春休み中なので、友達の家に遊びに行った。 そいつは無類のコミック好きで、かなり古い作品もコレクションしている。 机の上につんである10冊ほどの文庫本が目に付いた。 「これ。おもしろいのか?」 「ずいぶん前の作品だけど、け...
2020.07.25

父の書斎で、平井和正の「サイボーグ・ブルース」を見つけてしまったら…(ぼくは平井和正作品と出会った_①)

今日、ぼくは出張中の父の書斎を掃除した。お母さんに押しつけられた手伝いだったが、事前に父に許可されていた仕事でもあり、たまには親孝行もいいと思い行動に移した。 ぼくはこの春から中学になる。小学生最後の春休みは割と暇だったのだ。 ...
2019.01.18

HP「平井和正の世界」からピックアップナンバー

当ブログを再始動してから月が変わりましたので、すこしまとめをしておきたいと思います。 このブログがスタートする以前はHPサイトがありました。今では全ページこちらにリダイレクトされるようになっています。 以前のHPからの記事にはメ...
2019.01.19

Sony Readerで平井和正の「BLUE LADY」を読む

ウルフガイ・ドットコム併設のe文庫から平井作品は購入可能だ。また、pdabook.jpからも平井作品は手に入れられる。 e文庫のデータはpdfと.book、pdabook.jpからはpdf、.book、xdmfデータだ。 それぞ...
2019.09.19

平井和正最後の作品「幻魔大戦deepトルテック」

平井和正の最後の作品となったのが幻魔大戦deepトルテックである。 豪華ボックス入りの本、先着特典で電子書籍CDがついていた。2008年の出版である。 2008年、平井和正最後の作品に浸る 幻魔大戦deep トルテック i...
2019.01.18

喪失感

平井和正さんの死を知ったのは昨日(2015.1.18)の朝のことでした。 最近は新作の発表もなく、このままこのようなことになってしまうのではという予感はあった。 けど、喪失感は大きいです。 大藪春彦さん 山田風太郎さん ...
2019.01.18

ウルフガイ(ヤングチャンピオン・コミックス)

購入可能な平井和正原作のコミックス:ウルフガイ(ヤングチャンピオン・コミックス)です。 作画は泉谷あゆみさんです。 全12巻です...
2019.01.18

∞BLUE No.2 マルコ

「∞BLUE」やっと第2集に手をかけた。オフィシャルサイトの掲示板を見るとかなりの方が読み終えてしまっている。なんて早いんだろうか? 私は本を読む速度がだんだん遅くなっているように思えてならない。しかしゆっくり読むのもいい。楽しみ...
2019.01.16

平井和正の新作「∞BLUE No.1 犬鷲の子ら」(21世紀8マンとはいったい何だったのか?)

「∞BLUE」を置いておくことができず「幻魔大戦DNA」をさしおいて読んでしまっている。 第1集を読み終えようとしている。「21世紀8マン」を期待して読み進めたが完全にはぐらかされた。 21世紀8マンとはいったい何だったのか? ...
2019.01.18

「∞BLUE」豪華ハードカバー本到着

8/31、∞BLUEが到着した。 4冊の箱入りの豪華本である。 イラストは全てカラーだ。 泉谷さんのイラストはまた一段とうまくなっている。 おそろしいクォリティーに達している。 多忙故、本編を読むことがかなわないと覚っ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました