ささやくような細いボーカルが魅力のレネ・マーリン(Lene Marlin)。可憐です。

lene-marlin
image photo by Parlophone Music Norway 

「私の好きな女性ミュージシャン」の第7弾です。
今回取り上げるレネ・マーリンのアルバムには1999年にはじめて出会っています。

1999年はデヴィッド・ボウイの「Hours」がリリースされた年です。
そのころ私は最も多くのアーティストのアルバムを聴いていたんじゃないでしょうか?

レネ・マーリンは声に特徴があります。
サウンドそのものはありきたりな感じがしますが、とってもキュートで可憐な感じのボーカルがのると何か違ったサウンドにきこえる気がします。

YouTubeWarner Music Norway

スポンサーリンク
AdSence

Playing My Game:1999年

Playing My Game
Playing My Game image by Amazon

レネ・マーリンのデビューアルバムです。
このアルバムは長い間ドライブの友でした。

モノトーンのジャケットもボーカルの透明感をイメージさせます。

3曲目の「Unforgivable Sinner」がデビュー曲で、このアルバムの中でも最もインパクトがあります。

Another Day:2003年

Another Day
Another Day image by Amazon

セカンド・アルバムのジャケットを見て、レネ・マーリンの顔ってこんなんだったの?…と驚いてしまいました。

ファーストのイメージと全然違いますし、歌声ともギャップを感じてしまいます。

ボーカルは相変わらずのクリアボイスで、可憐です。

サウンド自体はファーストアルバムより重くなった気がします。大人びたというべきでしょうか。

Lost In A Moment:2005年

Lost in a Moment
Lost in a Moment image by Amazon

ジャケットはますますファーストアルバムの印象と乖離してきました。

このアルバムは3枚のアルバムの中では最もアコースティックな気がします。

私は、このアルバムはあんまり聴かなかったんじゃないかと思います。
3枚とも同じようなアルバムで、ひょっとしたら飽きちゃったのかも。

おわりに

レネ・マーリンは4枚のアルバムをリリースしているのですが、私はサードアルバムでフォローするのをやめてしまいました。

ちょっと惜しい気もします。

Twist the Truth
Twist the Truth image by Amazon

4thアルバム「Twist The Truth」が発表されたのが2009年ですが、以降は活動してないのでしょうか?

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアボタン

フォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)