デヴィッド・ボウイ周辺のアーティストたち⑨(エイフェックス・ツイン)

Aphex Twin
image photo by Ville Hyvönen 

「デヴィッド・ボウイの周辺のアーティストたち」というテーマで何ページも起こしてしまいましたが、本当は、デヴィッド・ボウイに影響を受けていないアーティストなど、この世の中にいないんじゃないかと思っています。

今回はエイフェックス・ツインのアルバムからの話題になります。

スポンサーリンク
AdSence

26 Mixes For Cash(Aphex Twin):2003年発表

26 Mixes for Cash
26 Mixes for Cash image by Amazon

私はエレクトロニカはちょっと苦手なんですが、この2枚組のCDは買っていました。
エイフェックス・ツインで持っているCDは、これのみになります。

購買動機はデヴィッド・ボウイの「”Heroes”」が収録されていたからです。

買ったのはいいのですが、実はあんまり聴いていません。
エレクトロニカは本当に体に悪そうな感じがします。

このアルバムに収録されている、デヴィッド・ボウイ以外のアーティストで知っているのは「ナイン・インチ・ネイルズ」くらいです。

ナイン・インチは以下の2曲が収録されています。

  • The Beauty Of Being Numb Section B
  • At The Heart Of It All

原曲が分からないくらいリミックスされています。
ナイン・インチの迫力は皆無でした。

「”Heroes”」のこと

エイフェックス・ツインがリミックスした「”Heroes”」にはデヴィッド・ボウイのボーカルがちゃんと入っています。

しかし、かなりスローになっています。
ここまで、リズムが違ってしまうことに感動するレベルです。

この「”Heroes”」は前に聴いたことがありました。

確か、フィリップ・グラスの「ヒーローズ・シンフォニー」にシングルCDで付いていました。
初回付録なのかもしれません。
当時はまだ、シングルCDがたくさん出ていましたけど、最近はあまり見かけなくなりましたね。

Heroes Symphony
Heroes Symphony image by Amazon

最初に聴いた時も「これはボーイじゃない」という印象が強く、1度聴いただけかもしれません。

しかし、デヴィッド・ボウイのファンとしては「26 Mixes For Cash」を買わないではいられなかったのでした。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

26 Mixes for Cash
エレクトロニカが好きな方におすすめします。

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアボタン

フォローボタン

コメント

  1. aladdindogs より:

    やまりんさん、こんばんは。
    私は、根っからの「ZIGGY」の信者ですし、それ以外の過去の偉大なボウイの名作も堪らなく好きです。
    しかし、何度も聞き直す度、やはり近作の「THENEXTDAY」と「BLACKSTAR」が如何に力のある傑作であるかがわかります。
    過去44年間、BOWIEを聴いて来た私がそう思うのです。

    「TND」が出た時に、過去が偉大過ぎたとか、過去には及ばないと言った意見も多く見受けられました。

    近作も良〜く聞いて欲しいものです、最後までBOWIEは傑作を作り続けました。生きていれば、これからも沢山傑作を作り続けた事でしょう。

    • Lin より:

      aladdindogsさん、ありがとうございます。
      「THENEXTDAY」はEXTRAバージョンもいいですね。

      ところで、ボウイ記事もちょっと違う企画ページを出すつもりです。
      それで「Shadow Man」あたりに触れるので、フォローをお願いします。
      …あ、記事が出てからでお願いしますね。

      基本的に私は自分の持っているもので、ブログを書いているので、古いものがよく分かりません。
      ボウイの「Shadow Man」は何か曰く付きだったように思うのですが、忘れてしまいました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)