デヴィッド・ボウイ 名曲集「アブソリュート・ビギナーズ(Absolute Beginners)」

デヴィッド・ボウイの80年代は低迷期といわれます。

アルバム「レッツ・ダンス」をリリースした後、「トゥナイト」「ネバー・レット・ミー・ダウン」と、立て続けに決して褒められないアルバムをリリースしています。

しかし、この時期、デヴィッド・ボウイは単発で映画に曲を提供しており、その音楽だけはさすがと思わせてくれます。

デヴィッド・ボウイが自分のアルバム制作より、映画へ重点を置いていたということがよく分かります。

今回のデヴィッド・ボウイ 名曲集は「トゥナイト」の時期の映画音楽「アブソリュート・ビギナーズ(Absolute Beginners)」です。


YouTubeemimusic

スポンサーリンク
AdSence

アブソリュート・ビギナーズ(Absolute Beginners)

この曲は1986年の同名映画の主題歌です。

サウンドトラックには8分を超えるロング・バージョンが収録されています。

Absolute Beginners
Absolute Beginners image by Amazon

ボウイのベストアルバムには必ず収録される曲です。

ライブでも2002年のヒーザン・ツアーまでセットリストに入っていました。

デヴィッド・ボウイの公式アルバムでは「トゥナイト」のボーナス・トラックになっています。

Tonight
Tonight image by Amazon

この曲には「Space Oddity」で競演しているリック・ウエイクマンがピアノで参加しています。

「アブソリュート・ビギナーズ(Absolute Beginners)」の美しいサウンドにはリック・ウエイクマンが大きく貢献しているといえるでしょう。

また、サックスのソロも面白いです。

私は最近まで、サックスはデヴィッド・ボウイによるものと思っていましたが、違っていました。

ドン・ウェラーというひとがサックスを担当しています。

ピアノとサックスだけでも美しいのにデヴィッド・ボウイのボーカルがひときは美しい名曲です。

この曲が出来るまで「トゥナイト」のリリースを待っていれば、ボウイの歴史は変わっていたでしょう。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Tonight

※Amazonにリンクします。