デヴィッド・ボウイ 名曲集「ラヴィング・ジ・エイリアン(Loving The Alien)」

Alien

さまざまに酷評されたアルバム「Tonight」にあって、ボウイの代表曲だと言えるのは「ラヴィング・ジ・エイリアン(Loving The Alien)」です。

「Tonight」の2曲しかないデヴィッド・ボウイの新曲の一つです。(もう一つは「Blue Jean」)

スポンサーリンク
AdSence

ラヴィング・ジ・エイリアン(Loving The Alien)

私は、デヴィッド・ボウイの曲を思い出そうとすると、必ずと言っていいほど「ラヴィング・ジ・エイリアン(Loving The Alien)」を思い出してしまいます。

アルバム「Tonight」はイギー・ポップとの共作曲やその他のカバー曲が多く退屈なアルバムなので、「ラヴィング・ジ・エイリアン」だけが引き立ってしまったのでしょうか?

そんなことはありません。
タイトルがボウイらしいし、曲も悪くないと思います。

シングル「Scumfrog Vs David Bowie」では8分を超える大作となっていました。

Loving the Alien
Loving the Alien image by Amazon

リアリティ・ツアーでもセットリストに入っています。

このツアーではアレンジの異なるバージョンで演奏されていました。

ジェリー・レナードのギターが雰囲気を盛り上げて、とてもいい曲になっていました。

A REALITY TOUR
A REALITY TOUR image by Amazon

このアコースティック・バージョンの方がアルバム・バージョンよりずっといいと思うのですが、いかがでしょうか?

これを聴くと「ラヴィング・ジ・エイリアン(Loving The Alien)」はボウイを代表する名曲だと分かります。

この曲は「Toy」みたいなセルフカバー・アルバムに入れてくれるともっといい感じだったのではないでしょうか?

ライブだけでなくスタジオ・レコーディングで別バージョンを聴いてみたくなる曲です。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

A REALITY TOUR

※Amazonにリンクします。

コメント

  1. koic より:

    Loving The Alien は確かに名曲ですよね。
    ビデオで正座しながら水面を滑っているボウイを思い出します(^^;;