デヴィッド・ボウイの「グラストンベリー2000」公式ライブアルバム発売決定!


image by Peter Burgess 

デヴィッド・ボウイのライブで公式アルバムとして未発表だった「グラストンベリー2000」が発売されるというニュースが届きました。

このライブパフォーマンスの噂は、ファンなら絶対に聞こえてきたでしょう。

ブート盤を手に入れた方も多いのではないでしょうか?

グラストンベリー・フェスティバルは2016年12月の記事で取り上げていました。

デヴィッド・ボウイのライブとしては伝説となっているグラストンベリー・フェスティバルの音源がボウイの死後、BBCのサイトで公開されてい...
スポンサーリンク
AdSence

グラストンベリー2000

2000年、私はまだデヴィッド・ボウイのファンになったばかりで、デヴィッド・ボウイの公式アルバムを夢中で聴いていた頃だと思います。

2000年には「1968-72-Bowie at the Beeb」が発売されて、限定盤の「BBC Radio Theatre」が愛聴盤になったことは先のページに記されているとおりです。

グラストンベリー・フェスティバルのライブもラジオで放送されているので、ライブアルバムが出てもおかしくなかったのですが、今思えば、この「1968-72-Bowie at the Beeb」が発売されたので見送られてしまったのかもしれません。

……

Glastonbury 2000

  1. Introduction (Greensleeves)
  2. Wild Is The Wind
  3. China Girl
  4. Changes
  5. Stay
  6. Life on Mars ?
  7. Absolute Beginners
  8. Ashes to Ashes
  9. Rebel Rebel
  10. Little Wonder
  11. Golden Years
  12. Fame
  13. All The Young Dudes
  14. The Man Who Sold The World
  15. Station To Station
  16. Starman
  17. Hallo Spaceboy
  18. Under Pressure
  19. Ziggy Stardust
  20. Heroes
  21. Let’s Dance
  22. I’m Afraid Of Americans

グラストンベリー・フェスティバルのリストを見ると選曲が素晴らしいです。
まさにボウイのベストです。

面白いのは1999年に発売された「hours」から1曲も選曲されていないことです。
あえて外したのだと思います。

なんとなくボウイらしさを感じてしまいます。

……

今回の公式盤の発売ではDVDが附属します。

私はグラストンベリー・フェスティバルの映像を今まで観たことがありません。

やっと観ることができることを本当にうれしく思います。

なんとなくベートーベンみたいな髪型のデヴィッド・ボウイがどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか?
楽しみでしようがないです。

© bluelady.jp

コメント

  1. aladdindogs より:

    タワレコ、HMVで予約開始。私はタワレコで注文しました。
    ついでに最新7インチピクチャーも。

  2. Lin より:

    aladdindogs さん、おしらせ、ありがとうございます。
    私は日本盤の情報待ちしてます。

  3. aladdindogs より:

    Linさん、「ラヴィング・ジ・エイリアン 」の日本発売が、いつの間にか10月24日から11月14日に変わっていますね。
    前回の二の舞いじゃないでしょうね。嫌な感じです。理由を言って欲しいです。

    • Lin より:

      aladdindogs さん、そうなんです。
      Amazonから発売日延期のメールが来ました。
      私は1ヵ月ぐらいなら待てる状況ですが…
      ちょっと残念ですね。