原点に立ち返ったギターアルバムであり、コンセプトアルバムでもある…ミューズ – MUSE – 「ドローンズ – DRONES – 」がキターーー!

11143034283_c1b703f6a0_h

photo by enjosmith

ミューズは僕の大好きなアーティストに育った。
「Origin Of Symmetry」では荒々しさの目立つバンドであったし、レディオヘッドの亜種という評論も見たことがある。
しかし、アルバム「Absolution」を発表した彼らはついに独自性を発揮。
クラシックのテイストも導入し、ドラマティックでアーティスティックな新しい分野へ飛翔した。
ミューズはミューズであったのだ。

圧巻なのはライブパフォーマンスである。
何枚かDVD付きのスペシャル・エディションのアルバムを発表しているが、ミューズは映像が様になる。
ライブアルバムはぜひ手に入れて欲しい。(僕はミューズのライブに行ったことがない。いつか行きたいぞ!!!)

スポンサーリンク
AdSence

外れがないアーティスト。それがミューズだ。今回のドローンズもいいぞ!!

今回のアルバムは現在の時事ニュースで話題を賑わす「ドローン」というキーワードがついている。
何者かに操られる象徴、もっと進めれば人間性の放棄だ(ライナーノーツには「人間の不在」となっているのだが…)。
その危険性に警鐘をならすコンセプトアルバムとして、ミューズは「ドローンズ」を作り上げた。
ミューズには珍しく後半にスローないい曲(10曲目「Aftermath」以降)が入っている。
それもコンセプトアルバムのゆえんである。
必聴のアルバム。是非聞いて欲しい。

ドローンズ(CD+DVDスペシャル・エディション)

収録曲は以下

  1. Dead Inside
  2. [Drill Sergeant]
  3. Psycho
  4. Mercy
  5. Reapers
  6. The Handler
  7. [JFK]
  8. Defector
  9. Revolt
  10. Aftermath
  11. The Globalist
  12. Drones

※ [ ] 付きは台詞のみ

スペシャル・エディションにはグラスゴーで行われたライブDVDもついている。
モノクロの映像がカッコイイ。

  1. Psycho
  2. Dead Inside
  3. The Handler
  4. Reapers

4曲のライブパフォーマンスが観られるぞ。(スペシャル・エディションが買い!)

ミューズとの出会いはセカンドアルバム「オリジン・オブ・シンメトリー – Origin Of Symmetry -(2001)」

このアルバムはかなり荒々しいギターアルバムで、すこし曇ったようなサウンドが特徴(最初はミキシングに失敗しているのかと疑った)。
しかし、その荒削りな感じが気に入りました。

オリジン・オブ・シンメトリー

立て続けにファースト・アルバム「ショウビズ – Showbiz -(1999)」も購入。
こちらの方がクリアーな感じ。(レディオ・ヘッドに影響を受けていると言えなくもないかも)

ショウビズ

サードアルバム「アブソルーション – Absolution -(2003)」

このアルバムはかなりドラマチックなサウンドとなっていて、美しさはこのアルバムに極まる。
ライブでも最高の曲「Hysteria」はこのアルバムに入っている。

アブソルーション

4thアルバム「ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ – Black Holes and Revelations -(2006)」

このアルバムにも最高のライブ曲が複数入っている。
「Take A Bow」「Supermassive Black Hole」「Map Of The Problematique」「City Of Delusion」「Knights Of Cydonia」
今回、聞き返すとこのアルバムが最高かも。
2010年公開の映画「ツーリスト」のテーマ曲「Starlight」も、このアルバム。

ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ[最強盤](DVD付)

さらに「ザ・レジスタンス – The Resistance -」「ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則 – The 2nd Law -」

5th、6thアルバム共にセルフ・プロデュース作品で、サウンド的にはエレクトロ・ビートが活きている。
「ザ・レジスタンス」はグラミー賞の最優秀ロックアルバム賞受賞。
このアルバムでは「MK Ultra」が最高。

ザ・レジスタンス

6thアルバムの「ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則 – The 2nd Law -」で、サードアルバムから続いている全英1位獲得の記録を4作連続に伸ばした。
ミューズは英国では既に最高のロックバンドといえる存在だ。

ザ・セカンド・ロウ~熱力学第二法則

是非聞いて欲しいライブ・アルバム、おすすめは映像

ミューズは2枚のライブアルバムを制作しているが、どちらも最高の出来。

ハープ – HAARP -(2008)

改修されたニュー・ウェンブリー・スタジアムで行われたライブ。
このパフォーマンスは最高だ。その映像をみれば、誰もがライブに行きたいと思うに違いない。
大きな会場が一体となってすごい興奮が味わえるぞ。

Haarp

ライヴ・アット・ローマ・オリンピック・スタジアム – Live At Rome Olympic Stadium -(2013)

2013年7月6日にローマのスタディオ・オリンピコ・ディ・ローマで行われたライブ。
しゃれたスクリーンで、前回より洗練された印象のライブだが、ライブパフォーマンスは衰えてはいない。
CD+BDアルバムもある。

ライヴ・アット・ローマ・オリンピック・スタジアム(CD+BD)

他にも「Hullabaloo SoundTrack(2002)」があるのだが、このアルバムの制作意図分かりません。
2枚組で2枚目がLive。

Hullabaloo: Live

ミューズを聴いたことがない人はとにかく聴いてみて。

Museオフィシャルチャンネル:YouTube

ドローンズ(CD+DVDスペシャル・エディション):Amazon

ミューズ・ストア:Amazon