イギー・ポップのアリスタ時代3部作「ニュー・バリューズ」「ソルジャー」「パーティー」

イギー・ポップはデヴィッド・ボウイのプロデュースによって「イデオット」「ラスト・フォー・ライフ」という2つの素晴らしいアルバムでソロ・デビューしました。

その後、ジェームズ・ウィリアムソンとの「キル・シティ」を経てアリスタから3枚のアルバムをリリースしています。

このアリスタ3部作を私は今まで聴いたことがありませんでした。

最近、イギー・ポップがマイブームとなって、この頃のアルバムも聴いてみることに…

スポンサーリンク
AdSence

ニュー・バリューズ

ニュー・バリューズ(紙ジャケ・生産数限定)
ニュー・バリューズ(紙ジャケ・生産数限定) image by Amazon

アリスタ3部作の中で最もジャケットがカッコイイアルバム。

しかし、「ラスト・フォー・ライフ」の後がなぜこのサウンドになるのか、さっぱり分かりません。

「キル・シティ」を聴けば、その変遷が分かるのでしょうか?

嫌に明るくなった印象です。

このアルバムにはデヴィッド・ボウイがカバーした「Don’t Look Down」が収録されています。

ボウイの「Don’t Look Down」とは、全くの別物で驚きました。

ソルジャー

ソルジャー(紙ジャケ・生産数限定)
ソルジャー(紙ジャケ・生産数限定) image by Amazon

もう、これはイギーではないようです。軽すぎます。

「Ambition」「Play It Safe」は好きですが…

「Play It Safe」はデヴィッド・ボウイとの共作曲です。

パーティー

パーティー(紙ジャケ・生産数限定)
パーティー(紙ジャケ・生産数限定) image by Amazon

このアルバムにはイギーらしさが少し戻ってきているように思います。

もう少しサウンドに重さをプラスしてくれたら、「インスティンクト」と同じくらい聴けるようになると思うのですが…

このアルバムにはボウイがカバーした「Bang Bang」が収められています。
私はイギーの曲のほうが好きです。もう少しパンチが欲しいですけどね。

……

アリスタ時代の3部作を何故私が今まで買わなかったのかは分かりません。
この時期の評判があまりよくないので、敬遠したのかもしれません。

それが正解だったのかは、もう少し聴きこんでみないと分かりません。

ただ、この3枚はボウイのプロデュースしたものとは違うし、「Beat Em Up」以降のハードさも感じられません。

中途半端な感じがします。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

ニュー・バリューズ(紙ジャケ・生産数限定)

ソルジャー(紙ジャケ・生産数限定)

パーティー(紙ジャケ・生産数限定)

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン