なぜ?Kobo Glo HDは拡張メモリ(microSDメモリカードスロット)を無くしたのか?

8753937604_c412fdb965_k
imagephoto by G =]

ついにkoboの新ラインナップが登場しました。(2015.7.23)
kindleを買った私ですが、koboも捨てがたい。H2oユーザーだし。
Kobo Glo HDも買おうとしたのですが…

※上のイメージは新製品ではありません。

スポンサーリンク
AdSence

New Kindle Paperwhite(2015ニューモデル)とのスペック比較

まず、先日購入したKindle Paperwhiteとのスペックを比較してみます。
優れている方が赤字です。

  • ディスプレイ:Cartaの6インチ(同等)
  • 重量Kobo Glo HD(約180g)、Kindle Paperwhite(205g)
  • 解像度:Kobo Glo HD(1448×1072:300ppi)、Kindle Paperwhite(1448×1072:300ppi)
  • 容量:Kobo Glo HD(約4GB)、Kindle Paperwhite(約4GB)
  • サイズKobo Glo HD(115×157(?)×9.2mm)、Kindle Paperwhite(117×169×9.1mm)※koboのスペック表間違い?
  • ライト:フロントライト内蔵(同等)
  • バッテリーKobo Glo HD(約2ヶ月)、Kindle Paperwhite(数週間)
  • その他Kobo Glo HDはpocketと連携可能

以上、見ていくとKobo Glo HDの方が優れているようです。しかし、何かが足りないような…

pocketとの連携ってSonyReaderのEvernoteとの連携と似ていますね…

参照kobo glo HD 楽天

参照Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき Amazon

Koboの優位性はどこに行った?

Kobo Glo HDには拡張メモリがありません。

Kindle Paperwhiteにも拡張メモリはありませんが、これは、最初から無いのでしようがありません。
しかし、今までのKoboシリーズはmicroSDHCによる最大32GBの拡張が可能でした。

これでは改悪ではないでしょうか?

拡張メモリがないのであればKoboは買わない

Kobo Glo HDの発売を知って買うつもりでスペック確認をしました。
300ppiであれば、New Kindle Paperwhiteで良さは分かっていますので、ポチっとしかけました。Koboには32GBの拡張メモリがあると思い込んでいたからです。

ところが、よくよく見ると拡張メモリの蘭に「×」が入っています。

参照:kobo glo HD 楽天

New Kindle Paperwhiteを買ってしまったので、思いとどまりました。

ショップから電子書籍を購入するのみ、であれば拡張メモリは必要無い

確かに、購入した電子書籍を読むだけであれば、拡張メモリは必要ありません。
電子書籍専用端末は本来購入した書籍を読むものなので、拡張メモリがなくなっても文句は言えません。
商業的には正しい方向だと分かります。

しかし、自炊ユーザーからすると残念でなりません。

私のようにkoboとKindleの両方のユーザーからしてみると、どうでしょうか?

私の場合はKoboはもう買わないという選択になります。

Koboを買う理由は自炊派だから

私の場合、Koboを購入するのは以下のような自炊派だからこその利用です。

  1. SonyReaderの新スペックの発売がなくなった。
  2. 拡張メモリが必要
  3. 大画面が欲しい

そのため、Kobo aura H2oは買いましたが、New Kindle Paperwhiteを買ってしまった今となってはKobo Glo HDは不必要になってしまいました。

ページ反転がなければ選択肢になり得る?

自炊データやコミックデータに関してはページ送りの際、一定間隔で画面の反転(一瞬黒くなる)が発生しますが、これを無くしていればKobo Glo HDも選択肢になり得るかもしれません。

しかし、決定的なものではないと思います。

この点については情報がないので、なんとも言えません。

ちょっと残念な仕様の「Kobo Glo HD」でした。

www.bluelady.jp

【送料無料】 KOBO 電子書籍リーダー Kobo Glo HD ブラック N437-KJ-BK-S-EP

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン