デヴィッド・ボウイ 名曲集「シャドウマン(Shadow Man)」

1月10日はデヴィッド・ボウイの命日です。
今年もデヴィッド・ボウイの楽曲に感謝します。

……

今回ピックアップする「シャドウマン(Shadow Man)」は2度驚いた曲です。

なんて素晴らしい曲なんでしょう!

スポンサーリンク
AdSence

シャドウマン(Shadow Man)

最初に聴いた「シャドウマン(Shadow Man)」は1971年にジギー・スターダストのセッションで録音された音源です。(録音された日付は諸説があり不明です。)

シンプルなロックバージョンでしたが、若く力強いボウイのボーカルが印象的でした。

この素晴らしい曲がなぜアルバム「The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars」に収録されていないのか不思議に思ったものです。

おそらくジギー・スターダストのコンセプトにそぐわないと判断されたのでしょう。

……

次にこの曲に出会うのはアルバム「heathen」からのシングル、2002年の「Slow Burn」においてです。(録音されたのは2000年のToyセッション)

スロー・バーン
スロー・バーン image by Amazon

円熟したボウイの歌唱と美しいピアノサウンドが心を打ちました。

この2度の驚きによって「シャドウマン(Shadow Man)」は私にとっては忘れられない曲になったのでした。

……

この曲の歌詞で「the shadow man is really you」と歌われているあたりは、「世界を売った男」の名曲「円軌道の幅(The Width Of A Circle)」の「And I looked and frowned and the monster was me」と繫がっているように思えます。

ひょっとすると同じテーマ(人格 or 精神の分裂)を歌った曲なのかもしれません。

これほど重要な曲が、なぜフルアルバムとしてリリースされていないのかと惜しい気持ちでいっぱいになります。

1971年のデモバージョンのリリースは無理かもしれませんが、2002年のバージョンは未発表アルバム「Toy」の収録曲です。

「Toy」の公式リリースが待たれます。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

スロー・バーン

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン