デヴィッド・ボウイ 名曲集「サム・アー(Some Are)」

デヴィッド・ボウイの「サム・アー(Some Are)」は不思議な曲です。

聴いていると絶望感が伝わってきます。

この曲には短い歌詞が入っています。

それがアルバムに収録されなかった理由なのでしょうか?

スポンサーリンク
AdSence

サム・アー(Some Are)

「サム・アー(Some Are)」はロウ・セッションにおいてレコーディングされたものですが、アルバム「ロウ」に収録されませんでした。

後に1991年のライコ盤のボーナストラックとして発表されています。

この曲の特徴は明確な歌詞が入っているのに、アンビエントに近いものということです。

アルバム「ロウ」のB面は全曲アンビエントで、「サム・アー(Some Are)」を入れるならA面唯一のアンビエント「Speed Of LIfe」の代わりになるのが自然でしょう。

しかし、曲の雰囲気はどちらかというとB面に親和性があるような気がします。

そんなことで、「サム・アー(Some Are)」は行き場を失ってしまったのかもしれません。

……

この曲は1993年に発表されたフィリップ・グラスのよって交響曲として蘇ります。

Glass;Low Symphony
Glass;Low Symphony image by Amazon

フィリップ・グラスの「サム・アー(Some Are)」はデヴィッド・ボウイのインストルメンタルを集めたコンピレーションアルバム「All Saints」に収録されたほどの名曲です。

All Saints: Collected Instrumentals 1977-1999
All Saints: Collected Instrumentals 1977-1999 image by Amazon

私はデヴィッド・ボウイの「サム・アー(Some Are)」より、フィリップ・グラスの方をよく聴いているかもしれません。

というのもデヴィッド・ボウイの「サム・アー(Some Are)」が収録された公式盤は2枚しかありません。

前述の「ロウ」ライコ盤ともう一つはデヴィッド・ボウイ自ら選曲したベスト盤「iSelect」です。

iSelect
iSelect image by Amazon

このベスト盤の選曲は非常に渋い(一般ウケする曲は除外したような選曲な)のでお気に入りです。

ここに「サム・アー(Some Are)」が収録されたのは、日の目を見なかったかもしれませんが、名曲ということをあらわしていると言えるでしょう。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

iSelect

※Amazonにリンクします。