ナイン・インチ・ネイルズのEP「アッド・ヴァイオレンス(Add Violence)」やっと到着。


image photo by Elizabeth 

ナイン・インチ・ネイルズのEP「アッド・ヴァイオレンス(Add Violence)」がやっと到着しました。

デジタル配信のみかと思っていたらCDが発売されていたのでした。

だんだんナイン・インチ・ネイルズも聴きやすくなってきた?

スポンサーリンク
AdSence

アッド・ヴァイオレンス(Add Violence)

ADD VIOLENCE [CD]
ADD VIOLENCE [CD] image by Amazon

アッド・ヴァイオレンスは5曲入りでコンパクトなEP…と思っていたら、大間違いでした。

最後の曲は11分以上もあります。

聴きやすくなったのはトレント・レズナーのボーカルだけでした。

収録曲は以下。

Add Violence [EP]

  1. Less Than
  2. The Lovers
  3. This Isn’t The Place
  4. Not Anymore
  5. The Background World

このEPで初めてトレント・レズナーのボーカルがいい…と思ってしまいました。

それに何となくレディオ・ヘッドの曲みたいな楽曲が並んでいます。

ナイン・インチ・ネイルズはよくなったな〜と感動してしまいました。(もともと好きだったんですけど、さらに好きになった。)

しかし、それも最後の曲を聴くまででしたが…

最後の曲「The Background World」はオカルトっぽい

最後の曲「The Background World」も前半4分ほどはボーカル曲です。

それ以降はだんだん壊れていくんです。

ボーカルが終わると音飛びもあるし、単調な繰り返しの特別な曲です。

この音飛びは事故品?
…と疑ってしまいました。

※この曲を聴いた方に書き込み欲しいです。私だけじゃないですよね。

「The Background World」を聴くと、松嶋菜々子が出演した最初の「貞子」を見た感じになります。

背中がざわざわします。

これ本当です。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

ADD VIOLENCE [CD]

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン