バーニー・エクレストン「歴代最高のF1ドライバーはプロスト」 根拠となったアラン・プロストのチームメイト(ライバル)を検証する。

alain-prost
image photo by PSParrot 

F1で最高のドライバーをあげるとしたら、私ならアイルトン・セナをあげます。

ポール・ポジションの多さからいって、アイルトン・セナの方が速いドライバーだということは確実でしょう。

ところがF1最高権威のバーニー・エクレストンがあげたのはアラン・プロストでした。

参照 バーニー・エクレストンが考える歴代最高F1ドライバーは?(TOPNEWS)

スポンサーリンク
AdSence

アラン・プロスト:チーム内のライバルたち

バーニー・エクレストンがプロストをあげたのは「チームメイトからの恩恵を得たことがなかった」ということがひとつの理由です。

確かにプロストは常にチームメイトとも戦っていました。
それは確執といわれるまでにレベルアップし、常に孤独な戦いを強いられたのでした。

エクレストンのいうことを検証するためにも、このページではアラン・プロストの1980年代のチームメイトを見ていきます。

ジョン・ワトソン:マクラーレン(1980年)

プロストは1980年にマクラーレンからF1デビューしました。
チームメイトはジョン・ワトソンです。

この年、デビューイヤーでありながら予選ではジョン・ワトソンに大きく勝ち越しています。

マクラーレンとは複数年契約があったのですが、契約を破棄。翌年からフランス母国チームのルノーへの移籍を決断しています。

ルネ・アルヌー:ルノー(1981年〜1983年)

ルノー時代のプロストのチームメイトはルネ・アルヌーでした。

ルネ・アルヌーはプロストを先行させるチーム・オーダーを聞き入れなかった時もあり、プロストとの確執が噂されました。

プロストがルノー時代に最もチャンピオンに近づいたのは1983年です。
この年もアルヌーはポイントでプロストに続く3位に入っています。

もし、アルヌーがプロストを助けることがあったなら、プロストはこの年チャンピオンになっていたかもしれません。

ニキ・ラウダ:マクラーレン(1984年〜1985年)

1984年マクラーレンに復帰するとチームメイトはニキ・ラウダになります。
ラウダは1975年、1977年のワールドチャンピオンです。

そのような相手がプロストに協力するわけがありません。
しかし、プロストは予選のスピードではラウダに勝っていました。

1984年は0.5ポイント差でチャンピオンを逃した歴史に残るシーズンです。
その年の雨のモナコでセナに優勝をさらわれたとしてもレース中断を要求しなければ、プロストはチャンピオンになっていたことでしょう。

1985年はラウダのマシンにトラブルが多く、チャンピオン争いはフェラーリのミケーレ・アルボレートが相手になっています。
この年アラン・プロストは5勝を上げ、初のチャンピオンに輝いたのでした。

ケケ・ロズベルグ:マクラーレン(1986年)

1986年のチームメイトは「フライング・フィン」ケケ・ロズベルグとなりました。
ロズベルグもまた1982年のチャンピオンでした。

しかし、ロズベルグはこの年引退しており、チャンピオンながらプロストのチャンピオン獲得を助けたレースもあったようです。

プロストは1986年、2年連続のワールドチャンピオンを獲得しています。

ステファン・ヨハンソン:マクラーレン(1987年)

1987年のチームメイトはステファン・ヨハンソンで、この年のマクラーレンはプロストのNo.1体制となっています。
ステファン・ヨハンソンはドライバーとして明らかにプロストの格下でした。

しかし、強力なホンダエンジンを擁するウイリアムズに対抗することはできず、ロータスのアイルトン・セナにもポイントで遅れをとっています。

アイルトン・セナ:マクラーレン(1988年〜1989年)

1988年からセナ・プロ時代が到来します。

プロストはF1人生で最も強力なライバルをチームメイトとし、それでも1989年のドライバーズチャンピオンとなっています。

アラン・プロスト vs アイルトン・セナについては以下の記事をご参照下さい。

image photo by Stuart Seeger  アイルトン・セナの10年のF1レース人生において、ライバルをあげるなら...

終わりに

ここまで、見ていくと確かにアラン・プロストを推すエクレストンの気持ちも分かります。

アラン・プロストの計算されつくしたようなレース運びは1984年のニキ・ラウダに学んだことが大きかったのかもしれません。

アラン・プロストが歴史に残る偉大なドライバーであることは間違いなく、セナとの確執もその偉大さを損なうものではないのでした。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン