今さらですが「Aston Martin Valkyrie」という名のハイパーカー


image by Nick Carphotography

2020年までにレッドブル・ホンダが成功しなければ、レッドブルはF1を撤退し、WECに転向するかもしれないというニュースが出てきました。

参照 ホンダとの提携が失敗に終わった場合、F1を撤退してWECへ転向する可能性もあるとレッドブル(FORMULA1-DATA)

そこで、気になったのが「アストンマーティン・ヴァルキリー」というハイパーカーです。

以前からレッドブルとアストンマーティンが共同開発していることは知っていました。
しかし、ハイパーカーに興味が無かったのでスルーしていたのですが。

こんな車、見たことないです。

スポンサーリンク
AdSence

開いた口が塞がらないAston Martin Valkyrieのボディーワーク

「アストンマーティン・ヴァルキリー」はアストンマーティンのマレク・レイヒマンと
レッドブルのエイドリアン・ニューウェイが中心になって開発されたハイパーカーです。

2016年、ニューウェイはF1マシンより、ヴァルキリーの開発に注力していました。

空力の魔術師がどのような車を仕上げるのか興味はあったものの、3億円から4億円超とも言われるハイパーカー自体には関心が無く、今まで写真をじっくり見たことがありませんでした。

2021年にレッドブルがWECにヴァルキリーで参戦するかもしれないというので、遅まきながらヴァルキリーの情報をみることに…

参照 コードネームAM-RB 001で知られていたRed Bull RacingとAston Martinの共同開発ハイパーカーに正式車名が授けられた。(RedBull)

驚きました。この車のボディワークはいったいどうなっているのでしょうか?

フロアにはかなり大きなスペースが空いていて、地面が見えるくらいになっています。

おそらくアンダーフロアに多くの気流を取り込み、ダウンフォースを発生させるためでしょう。

考え方はF1と同じですね。

このような車は今まで見たことありません。

未来的なスタイルと性能を兼ね備えた車を想像できます(乗ってみたいです)。

サーキットでメルセデスAMGの「プロジェクト・ワン」やマクラーレンの「スピードテール」と競ったらどうなるのでしょうか?

そんなカテゴリーのレースを見たい気がします。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン