荻原規子の歴史ファンタジー「あまねく神竜住まう国」読了。草十郎と糸世にやっと会えた。

荻原規子の歴史ファンタジーは全部読んでます。

中でも「風神秘抄」が一番のひいきです。
草十郎の笛と糸世の舞のファンになりました。

しかし、「風神秘抄」を読んだのは2009年のこと。
細部をほとんど思い出せなくなりました。

他にも勾玉三部作の「白鳥異伝」が好きです。

スポンサーリンク
AdSence

あまねく神竜住まう国

あまねく神竜住まう国 (児童書)
あまねく神竜住まう国 (児童書) image by Amazon

この本を読み始めたのは2015年です。しかし、なかなか読み通すことが出来ませんでした。

「風神秘抄」の続きが読めると思って、期待していたのですが、ストーリーのオープニングは源頼朝の置かれた状況説明が多く、なかなかストーリーにのめり込むことが出来ません。

読み始めて中断を繰り返し、3年経ってやっと読めました。

糸世が登場してからは一気でした。

……

この物語は15歳の源頼朝が主人公です。

姉の万寿姫との因縁を描いて、とても神秘的なストーリーになっています。

その万寿姫をキーに草十郎と糸世の運命とも関わっていくことになるのですが…

実は10年ちかく前に読んだ「風神秘抄」の記憶が全くありません。
万寿姫と草十郎、糸世の関わりが思い出せませんでした。

それでも「風神秘抄」のキャラクター達は依然として魅力をはなっていて、「あまねく神竜住まう国」の面白さもハンパではありませんでした。

この本で糸世が舞をまったのは2度。ドキドキしました。

草十郎の力は失われていましたが、終盤に草十郎の笛に合わせて糸世が舞うシーンがあります。

……

源頼朝のキャラクターは義経との確執を想像もできないもので、私の思っていた頼朝像とはかけ離れていました。

それだけに「あまねく神竜住まう国」はとても新鮮な物語でした。

荻原規子が物語る歴史ファンタジーはどうしてこんなに面白いのでしょう。

また、「風神秘抄」を読みたくなってしまいました。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

あまねく神竜住まう国 (児童書)
児童書と思って読んではいけませんよ。

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン