ベルサイユのばら(池田理代子)12巻発売。アニメのリメイクを期待。行ってみたくなった宝塚歌劇「ベルサイユのばら—フェルゼンとマリー・アントワネット編—」!

433884750_5c4bb537c4_o

photo by Fabio Dal Grande

コミック、宝塚でブレイクしたベルサイユのばら。
アニメも好きでした。

スポンサーリンク

池田理代子さんのベルサイユのばら11巻を見つけました。

既に昨年の8月出版されていたようです。
先日たまたま書店の本棚で見つけました。

ベルサイユのばら 11 (マーガレットコミックス)

主人公がみなさんお亡くなりになった作品ですので、完全に完結作品のはず。
どんなストーリーなのか気になって、思わず買ってしまいました。

サブストーリー集でしたが、懐かしく読ませて頂きました。
池田理代子さんの後書きによると「もう1冊ぐらい出そう」とのことで…

出ましたベルサイユのばら12巻

12巻もでました。
11巻に続いてエピソード集です。

ベルサイユのばら 12 (マーガレットコミックス)

以下のページもご参照下さい。

今月の積ん読(2015.7):バケモノの子、ベルサイユのばら⑫、一人だけの軍隊、幻覚の鯱、新幻魔大戦、魔界水滸伝…
7月の積ん読です。 今月も記事に関連する書籍を買いました。 その他に、なつかしい西村寿行さんの書籍を購入しています。 バケモノの子:細田守 今月は映画も公開になりましたので、小説も買ってみました。 現実の「渋谷」と「渋天街...

ベルサイユのばら、私の場合はアニメがよかった。

宝塚も大ブームになりましたが、私が覚えているのはアニメですね。1979年版です。出崎統作品と思っていましたが、Wikipediaによると途中まで長浜忠夫さんが総監督を担当したようです。

テレビアニメ『巨人の星』の監督であり、『ベルサイユのばら』テレビアニメの12話まで総監督を担当した長浜忠夫は、『巨人の星』でも用いられた独特の「長浜調」の演出を行なった。長浜の後任となった出崎統は対照的に、「詩的で繊細な「出崎調」の演出を心がけたため、『ベルばら』はアニメファンのあいだで熱烈な支持を得るようになった」と山本はコメントしている

ベルサイユのばら」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2015年5月8日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

アンドレがかっこよかったですね。

セーラームーンもリメイクされてますし、こちらもリメイク期待してます。

ベルサイユのばら Blu-ray BOX

宝塚歌劇団のベルサイユのばら

宝塚の「ベルサイユのばら」が大人気とは知っていましたが、いままで行ったことがありません。
すぐ近くまで行ったのですが、私が行ったのは「手塚治虫記念館」の方でした。
その時「いつか行ってみたいね」って、家族と話したのですが、実現していません。

「ベルサイユのばら」の短編集が本になったので、宝塚のこと思い出しました。

とにかく、ベルばらはコミック、アニメ、宝塚の3本の矢をもって語るべし。(と思っております)

 

© bluelady.jp


オススメ

Amazon.co.jp: 池田 理代子:作品一覧、著者略歴

ベルサイユのばら Blu-ray BOX

『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』 [DVD]

※Amazonにリンクします。



コメント

タイトルとURLをコピーしました