Pen+「ダークヒーローの時代。」は「ヴェノム」だけじゃない。


image by JD Hancock 

「ダークヒーロー」という言葉にはとてつもない魅力があります。

私が好きなヒーロー達はその言葉がピッタリです。

バットマン、デビルマン、ルルーシュ、バンパイヤハンターD…

Pen+にも特集されていました。

スポンサーリンク
AdSence

Pen+「ダークヒーローの時代。」

Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 ダークヒーローの時代。 (メディアハウスムック)
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 ダークヒーローの時代。 (メディアハウスムック) image by Amazon

Pen+「ダークヒーローの時代。」が到着しました。

この雑誌はタイトルを見た瞬間に注文していました。(8月2日のこと)
注文からずいぶん経っての到着です。

この雑誌のメインは映画「ヴェノム」の特集です。

しかし、それだけではありません。

アメコミ、映画、漫画、ゲーム、ラップ、テレビドラマ、アニメ、小説、古典芸能、日本史の各ジャンルでダークヒーローをピックアップしています。

……

「ヴェノム」は今年に入って映画情報が漏れ聞こえていました。

私はアメコミに詳しくないので、「ヴェノム」というキャラクターを知りませんでした。

もともとスパイダーマンの敵役として登場する有名なキャラクターだそうです。
そして次第にヒーローへの道をたどるらしいのです。

マーベル史上最悪のキャラクターとも言われています。
良いのか悪いのかは映画をみてのお楽しみです。

……

この雑誌の表紙は女性型ですが、中川翔子さんの特殊メイクを元にしたもの。
誰だか分からないのにちょっとカッコよかった。

……

「ダークヒーローの時代。」というタイトルには違和感があります。

なにも現代が特別にダークヒーローの魅力を高めているということではないでしょう。

以前からダークヒーローはもてはやされてきたのです。

屈折した心情をもったヒーローというのはリアルです。

人間的とも言えます。

そうしたヒーローは時代を超えた存在です。

……

私が「ダークヒーロー」という言葉でまっ先に連想するのは、平井和正の小説「狼男だよ」の犬神明なのですが、この本にはピックアップされていません。

それが残念でした。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – recommendation

Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 ダークヒーローの時代。 (メディアハウスムック)

※Amazonにリンクします。

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン