ブラーは5thアルバム「Blur」が最高!! やっぱりオルタナティブ・ロックが好きなんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
image photo by Aurelien Guichard 

私はブラーといえば5thアルバム「Blur」(バンド名と同じなのでアルバム名は英字)が好きです。

ブラーはブリットポップを代表するグループと言われていたのですが、5thアルバムからはオルタナティブ・ロックに接近しています。

私がブラーを知ったのは5thアルバム「Blur」からでしたので、タイミングとしては私の嗜好にピッタリでした。

「Blur」にハマった私は「ザ・グレイト・エスケープ」「モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ」と遡ったのですが、しっくりきませんでした。

さらに「13」はノイジーな曲が馴染めず、やっぱりブラーのアルバムは「Blur」につきると再認識したのでした。

スポンサーリンク
AdSence

モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ(Modern Life Is Rubbish):1993年

モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ(紙ジャケット仕様)
モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ(紙ジャケット仕様) image by Amazon

アルバム「Blur」を聞いた後では同じバンドとは思えませんでした。

「Blur」では感じなかったのですが、デーモン・アルバーンのボーカルが何故かカッコわるくきこえたのです。

ザ・グレイト・エスケープ(The Great Escape):1995年

Great Escape
Great Escape image by Amazon

このアルバムも「モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ」同様、デーモン・アルバーンの声が好きになれず。

ブラー(Blur):1997年

Blur
Blur image by Amazon

「Beetlebum」「Song 2」「Theme From Retro」等の曲が最高です。

今でもよく聴くアルバムです。
2枚組のBOXを買い直しました。

13:1999年

13(紙ジャケット仕様)
13(紙ジャケット仕様) image by Amazon

「Tender」の美しさに惹かれますが、ノイジーな「Bugman」にびっくりします。

シンク・タンク(Think Tank):2003年

Think Tank
Think Tank image by Amazon

「Blur」以降はデーモン・アルバーンのボーカルが優しく心地よいと感じるようになりました。

私はブックジャケットのバージョンを買っていました。

パークライヴ(Parklive):2012年

パークライヴ(ライヴ・イン・ハイド・パーク2012)(完全生産限定デラックス盤)(DVD付)
パークライヴ(ライヴ・イン・ハイド・パーク2012)(完全生産限定デラックス盤)(DVD付) image by Amazon

ライブを聴くとブラーの人気がすごいことが分かります。

ザ・マジック・ウィップ(The Magic Whip):2015年

ザ・マジック・ウィップ
ザ・マジック・ウィップ image by Amazon

「モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ」の頃のブラーが戻ってきたような感じです。

しかし、サウンドは深化していますね。

「My Terracotta Heart」「There Are Too Many Of Us」「Pyongyang」等、好きな曲が入っています。

問題はまたデーモン・アルバーンのボーカルが気になり始めたことかな。

デーモンにハイテンションの曲は似合わないような気がします。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン