ダニー・マッキャスリン「ブロウ!」到着!


Photo by Urko Dorronsoro

 

ダニー・マッキャスリンの新作「ブロウ!」が到着しました。

マッキャスリンはデヴィッド・ボウイの「★」に参加したことで知りました。

私はジャズ系の音楽はあまり聴かなかったので、それまで知らなかったのです。

「★」以後、マッキャスリンは「Beyond Now」をリリースし、この「ブロウ!」が2作目になりました。

スポンサーリンク

ブロウ!

ブロウ
ブロウ image by Amazon

 

前作の「Beyond Now」ではデヴィッド・ボウイの「A Small Plot of Land」「Warszawa」をカバーし、ボウイとの関連を強く印象づけました。

そして今作はゲイル・アン・ドーシーがボーカルで参加しています。

収録曲は以下。
私が購入したのは日本盤です。
最後の「TOKYO」というインストルメンタルは日本盤のボーナストラックです。

Blow.

  1. What About the Body
  2. Club Kidd
  3. Break the Bond
  4. New Kindness
  5. Exactlyfourminutesofimprovisedmusic
  6. Tiny Kingdom
  7. Great Destroyer
  8. The Opener (feat. Sun Kil Moon)
  9. Beast
  10. Tempest
  11. Eye of the Beholder (Gail Ann Dorsey:vocal)
  12. TOKYO

この「ブロウ!」はボーカル曲が多く収録されています。
ボーカル曲は「1. 2. 4. 6. 7. 8. 10. 11.」の8曲です。

今作はボーカルアルバムを目指した新作ということです。

11曲目は書いてなければゲイル・アン・ドーシーとは分らないかも。

インスト曲では3.の「Break the Bond」が変わってます。
最後に収録された「TOKYO」も渋いです。

ジャンルはジャズというのは難しいでしょう。
ロックでもないし…はっきり区別できません。

ボウイとの出会いでダニー・マッキャスリンの方向性は変わってしまったのかもしれません。

しかし、ロック好きの私が「Beyond Now」より、はるかにいいと思うアルバムになりました。

 

以下、オープニング曲「What About the Body」です。

© bluelady.jp

www.bluelady.jp – Recommended

ブロウ

※Amazonにリンクします。



コメント

タイトルとURLをコピーしました